2020年10月13日

【10/27(火)15:30-】光産業技術マンスリーセミナーにて安井武史所長が講演します

10月27日(火)に一般財団法人光産業技術振興協会主催「光産業技術マンスリーセミナー」がオンライン開催され、徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所 安井武史所長が講演します。
聴講希望の方は、下記申込みフォームよりお申込み下さい。

  1. 日時:令和2年10月27日(火)15:30~17:30
  2. 講師:徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所  安井 武史 所長
  3. タイトル:「目に見えない光が切り拓く『光の世紀』 〜次世代のレーザー『光コム』〜」
  4. 概要
    21世紀は『光の世紀』と呼ばれ、光を用いない日常生活はもはや考えられない。また、最先端研究でも、光に関連したノーベル賞は、21世紀(この20年間)だけでも、9件にも上る。これは、光という技術が、極めて多様性と汎用性に富んでおり、様々な応用に適用可能であることを示唆しているが、そうすると、もはや光は使い尽くされたのであろうか? 一般に光というと可視光をイメージするが、実は光の波長範囲の大部分は、目に見えない光で占められており、目に見えない光にこそ更なる可能性があると言える。本講演では、「深紫外光」「赤外光」「テラヘルツ波」という『目に見えない光』の特徴と可能性を概略すると共に、波長適用性の広い次世代レーザー「光コム」について紹介する。
  5. 参加申込方法
    聴講希望の場合は、下記申込みフォームよりお申込みください。
    http://www.oitda.or.jp/main/monthly/monthly_postmail_rev.html
    ※先着順にて定員(90名)になり次第締め切りとなります。
  6. 公式WEBサイト
    http://www.oitda.or.jp/main/monthly-j.html