2020年5月27日

【プレスリリース】安井武史所長、南川丈夫准教授らがテラヘルツ・コムを用いた高精度ガス分析装置を開発

徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所 安井武史所長、南川丈夫准教授、陈杰元特別研究生、新田一樹元博士前期課程学生らと、北京航空航天大学の郑铮教授、リトラル・コート・ド・パール大学(フランス)のフランシス・ヒンデル教授の国際共同研究グループは、櫛の歯状スペクトルを有するテラヘルツ波(テラヘルツ・コム)を用いたガス分光で高精度性と汎用性を両立する技術の開発に成功しました。
これにより、大気汚染の要因となる揮発性有機化合物(VOC)ガスの高精度分析を簡単に、低価格なレーザーで測定することが可能になります。

報道発表内容の詳細は、以下をご覧ください。