徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所

unit_a

深紫外LED研究ユニットUnit

ユニット概要

ユニット概要

研究概要

可視光より波長の短い紫外光領域において、300nm以下の最も短い波長領域に対応するのが深紫外光です。波長が短く光子エネルギーが高いことから、有機分子等の化学結合の変化を誘起できるため、表面の洗浄や殺菌およびウイルスの不活化等の有益な効果が得られます。当研究所では、この深紫外光を高効率で発光するLEDの要素技術となる高品質の結品基板の研究や、深紫外LEDを利用した殺菌などの応用研究を推進し、産業のみならずわたしたちの日常生活にも役立つLED技術の実現を目指しています。

ユニットメンバー

特別招聘教授
  • 平山 秀樹

    平山 秀樹 [理化学研究所 主任研究員]

メンバー
学生
  • 青野 零弥
    博士前期過程2年/大学院創成科学研究科理工学専攻電気電子システムコース

  • 津田 翔太
    博士前期過程2年/大学院創成科学研究科理工学専攻電気電子システムコース

  • 宮川 拓己
    博士前期過程1年/大学院創成科学研究科理工学専攻電気電子システムコース

  • 伊藤 雄麻
    学部4年/徳島大学理工学部電気電子システムコース

  • 栗原 智貴
    学部4年/徳島大学理工学部電気電子システムコース

  • 高井 直
    学部4年/徳島大学理工学部電気電子システムコース

  • 富田 敦之
    学部4年/徳島大学理工学部電気電子システムコース