徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所

次世代光コム研究ユニットUnit

unit_b

次世代光コム研究ユニットUnit

ユニット概要

ユニット概要

研究概要

光コムとは、櫛の歯のように線幅の細いスペクトルが等間隔に並んで発振している特殊な光です。その櫛状のスペクトルの間隔が非常に高精度に揃っていることから、人類が利用できる最も正確な定規に例えられており、光原子時計を筆頭に高精度光計測技術に応用されています。当研究所では、この新しい特殊な光を様々な分野に応用展開して社会に役立てることを目標に、次世代のコム光源となる、赤外広帯域光コムやリング共振器によるマイクロ光コムの開発に取り組んでいます。

ユニットメンバー

特別招聘教授
  • 美濃島 薫

    美濃島 薫 [電気通信大学 教授]

学生
  • 西本 健司
    博士前期過程2年/大学院創成科学研究科理工学専攻機械科学コース

  • 桝永 大亮
    博士前期過程2年/大学院創成科学研究科理工学専攻機械科学コース

  • 木虎 宏輝
    博士前期過程1年/大学院創成科学研究科理工学専攻機械科学コース

  • Jonathan Cuevas
    博士前期過程1年/大学院創成科学研究科理工学専攻光システムコース

  • 光本 涼
    学部4年/理工学部機械科学コース

  • 中島 將太
    学部4年/理工学部機械科学コース