徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所

研究業績 年間アーカイブPublications Archive

date_publications

年間アーカイブArchive 2020

Newsイベント一覧はこちら
  1. 長谷 栄治, 安井 武史 : SHG顕微鏡の皮膚計測応用, レーザー研究, Vol.48, No.12, 665-670, 2020年12月.
    • 総説・解説

    長谷 栄治, 安井 武史 : SHG顕微鏡の皮膚計測応用, レーザー研究, Vol.48, No.12, 665-670, 2020年12月.

  2. 南川丈夫,『深紫外LEDによるウイルス不活化への取り組みについて』,日本フォトニクス協議会(JPC)フォーラム12月定例会,2020/12/15(2020/12/15,オンライン).
    • 招待講演

    南川丈夫,『深紫外LEDによるウイルス不活化への取り組みについて』,日本フォトニクス協議会(JPC)フォーラム12月定例会,2020/12/15(2020/12/15,オンライン).

  3. 南川丈夫,『ラマン散乱分光法で実現する生体機能診断』,さきがけ(光極限)公開シンポジウム,2020/12/10(2020/12/10,オンライン).
    • 招待講演

    南川丈夫,『ラマン散乱分光法で実現する生体機能診断』,さきがけ(光極限)公開シンポジウム,2020/12/10(2020/12/10,オンライン).

  4. 南川 丈夫, 『Withコロナ時代に向けた深紫外LEDの活用法〜深紫外LEDによるウイルス不活化の試み〜』, All about Photonics,  (2020/12/10, 東京).
    • 招待講演

    南川 丈夫, 『Withコロナ時代に向けた深紫外LEDの活用法〜深紫外LEDによるウイルス不活化の試み〜』, All about Photonics, (2020/12/10, 東京).

  5. Masanobu Haraguchi, Shun Kamada, Salah El-Zohary, Hiroyuki Okamoto, Toshinobu Okamoto,”Silicon-plasmonic-integrated sensors for Lab-on-Chip application”,30th International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory (ISOM’20) ,We-A-01, Dec.2 ,2020(December 9-11, 2020, Online).
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Masanobu Haraguchi, Shun Kamada, Salah El-Zohary, Hiroyuki Okamoto, Toshinobu Okamoto,”Silicon-plasmonic-integrated sensors for Lab-on-Chip application”,30th International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory (ISOM’20) ,We-A-01, Dec.2 ,2020(December 9-11, 2020, Online).

  6. Takeo Minamikawa, “Optical-frequency-comb microscopy for multivariate spectroscopic imaging utilizing amplitude and phase information”, in International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory (ISOM’20), Mo-D-01,  Nov.30, 2020 (Nov.29- Dec.2, 2020/Takamatsu, Kagawa).
    • 招待講演

    Takeo Minamikawa, “Optical-frequency-comb microscopy for multivariate spectroscopic imaging utilizing amplitude and phase information”, in International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory (ISOM’20), Mo-D-01, Nov.30, 2020 (Nov.29- Dec.2, 2020/Takamatsu, Kagawa).

  7. Yuto Ando, Kentaro Nagamatsu, Manato Deki, Noriyuki Taoka, Atsushi Tanaka, Shugo Nitta, Yoshio Honda, Tohru Nakamura, Hiroshi Amano, “Electrical properties of GaN metal-insulator-semiconductor field-effect transistors with Al2O3/GaN interfaces formed on vicinal Ga-polar and nonpolar surfaces”, Applied Physics Letters, Volume 117, Issue 24, 242104 (2020).
    • 原著論文

    Yuto Ando, Kentaro Nagamatsu, Manato Deki, Noriyuki Taoka, Atsushi Tanaka, Shugo Nitta, Yoshio Honda, Tohru Nakamura, Hiroshi Amano, “Electrical properties of GaN metal-insulator-semiconductor field-effect transistors with Al2O3/GaN interfaces formed on vicinal Ga-polar and nonpolar surfaces”, Applied Physics Letters, Volume 117, Issue 24, 242104 (2020).

  8. 江本 顕雄, 福田 隆史,  『フォトポリマーの重合時交差拡散を利用したオンデマンドのマイクロ流路デバイス作製技術』, 第29回ポリマー材料フォーラム, 1PD25, 2020/11/26  (2020/11/26-27, オンライン)
    • 国内学会

    江本 顕雄, 福田 隆史,  『フォトポリマーの重合時交差拡散を利用したオンデマンドのマイクロ流路デバイス作製技術』, 第29回ポリマー材料フォーラム, 1PD25, 2020/11/26  (2020/11/26-27, オンライン)

  9. 江本 顕雄, 福田 隆史,  『異種高分子の膨潤度の差を利用した微細構造形成技術』, 第29回ポリマー材料フォーラム, 1PD24, 2020/11/26  (2020/11/26-27, オンライン)
    • 国内学会

    江本 顕雄, 福田 隆史,  『異種高分子の膨潤度の差を利用した微細構造形成技術』, 第29回ポリマー材料フォーラム, 1PD24, 2020/11/26  (2020/11/26-27, オンライン)

  10. 長谷 栄治, 時実 悠, 南川 丈夫, 安井 武史,”光コムシンセサイザーを用いたカスケードリンク型マルチ合成波長デジタルホログラフィ,” 第18回医用分光学研究会 , (2020/11/26, オンライン).
    • 国内学会

    長谷 栄治, 時実 悠, 南川 丈夫, 安井 武史,”光コムシンセサイザーを用いたカスケードリンク型マルチ合成波長デジタルホログラフィ,” 第18回医用分光学研究会 , (2020/11/26, オンライン).

  11. 大塚 邦紘 : Achaete-Scute Homologue 2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren Syndrome., 第十四回日本シェーグレン症候群学会奨励賞, 日本シェーグレン症候群学会, 2020年11月.
    • 受賞

    大塚 邦紘 : Achaete-Scute Homologue 2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren Syndrome., 第十四回日本シェーグレン症候群学会奨励賞, 日本シェーグレン症候群学会, 2020年11月.

  12. 安井 武史,長谷 栄治,水野 孝彦,麻植 凌,南川 丈夫 : 光周波数コム(光コム)の新奇特徴に基づいた知的光計測, 電気情報通信学会誌, Vol.103 No.11,1126-1131,2020年11月.
    • 総説・解説

    安井 武史,長谷 栄治,水野 孝彦,麻植 凌,南川 丈夫 : 光周波数コム(光コム)の新奇特徴に基づいた知的光計測, 電気情報通信学会誌, Vol.103 No.11,1126-1131,2020年11月.

  13. 時実 悠, 『マイクロ光コムを用いたテラヘルツ波発生とその研究動向』, テラヘルツ科学の最先端VII, Inv5, 2020/11/19(2020/11/19-20, オンライン)
    • 招待講演

    時実 悠, 『マイクロ光コムを用いたテラヘルツ波発生とその研究動向』, テラヘルツ科学の最先端VII, Inv5, 2020/11/19(2020/11/19-20, オンライン)

  14. Murakami Naruse, Sugiyama Yoshiki, Yasuhide Ohno, Masao Nagase , “BLACKBODY-LIKE INFRARED RADIATION IN STACKED GRAPHENE PN JUNCTION DIODE,”33rd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2020),P21-14(2020).
    • 国際会議論文

    Murakami Naruse, Sugiyama Yoshiki, Yasuhide Ohno, Masao Nagase , “BLACKBODY-LIKE INFRARED RADIATION IN STACKED GRAPHENE PN JUNCTION DIODE,”33rd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2020),P21-14(2020).

  15. 廣中 厚祐, 岡本 敏弘, 山口 堅三, 原口 雅宣,『1分割スプリットリング共振器における電気磁気効果の形状依存性』, Optics & Photonics Japan 2020, 17aC1, 2020/11/17  (2020/11/14-17, オンライン)
    • 招待講演

    廣中 厚祐, 岡本 敏弘, 山口 堅三, 原口 雅宣,『1分割スプリットリング共振器における電気磁気効果の形状依存性』, Optics & Photonics Japan 2020, 17aC1, 2020/11/17  (2020/11/14-17, オンライン)

  16. 髙島 祐介, 永松 謙太郎, 原口 雅宣, 直井 美貴,『構造高さを変調したTiO2メタ表面による集光紫外発光ダイオードの提案』, Optics & Photonics Japan 2020, 17pC4, 2020/11/17  (2020/11/14-17, オンライン)
    • 招待講演

    髙島 祐介, 永松 謙太郎, 原口 雅宣, 直井 美貴,『構造高さを変調したTiO2メタ表面による集光紫外発光ダイオードの提案』, Optics & Photonics Japan 2020, 17pC4, 2020/11/17  (2020/11/14-17, オンライン)

  17. 仲原 拓弥,麻植 凌,南川 丈夫,田上 周路,加治佐 平,安井 武史,『屈折率センシング光コムの共振器ファイバー表面修飾を用いたバイオセンシング』, Optics & Photonics Japan 2020, 17aD11, 2020/11/17  (2020/11/14-17, オンライン)
    • 国内学会

    仲原 拓弥,麻植 凌,南川 丈夫,田上 周路,加治佐 平,安井 武史,『屈折率センシング光コムの共振器ファイバー表面修飾を用いたバイオセンシング』, Optics & Photonics Japan 2020, 17aD11, 2020/11/17  (2020/11/14-17, オンライン)

  18. Kenji Nishimoto, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui, and Naoya Kuse, ”Generation of a microresonator soliton comb via current modulation of a DFB laser”, OSA Continuum, Vol. 3, Issue 11, pp. 3218-3224 (2020).
    • 原著論文

    Kenji Nishimoto, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui, and Naoya Kuse, ”Generation of a microresonator soliton comb via current modulation of a DFB laser”, OSA Continuum, Vol. 3, Issue 11, pp. 3218-3224 (2020).

  19. 長谷 栄治,安井 武史,『第2高調波発生光顕微鏡を用いたコラーゲン計測』, Optics & Photonics Japan 2020, 15aDS2, 2020/11/15  (2020/11/14-17, オンライン)
    • 招待講演

    長谷 栄治,安井 武史,『第2高調波発生光顕微鏡を用いたコラーゲン計測』, Optics & Photonics Japan 2020, 15aDS2, 2020/11/15 (2020/11/14-17, オンライン)

  20. 安井 武史, 『目に見えない光で切り拓く「光の世紀」』, 徳島大学公開シンポジウム 「SDGsの達成に向けて」 (2020/11/14, 徳島大学)
    • 招待講演

    安井 武史, 『目に見えない光で切り拓く「光の世紀」』, 徳島大学公開シンポジウム 「SDGsの達成に向けて」 (2020/11/14, 徳島大学)

  21. 鈴木 昭浩, 李 雅希, 長谷 栄治, 佐藤 克也, 峯田 一秀, 橋本 一郎, 安井 武史, 『SHG(第2高調波発生光)顕微鏡を用いたケロイド異常産生コラーゲン線維の観察』, Optics & Photonics Japan 2020, 14pA2, 2020/11/14  (2020/11/14-17, オンライン).
    • 国内学会

    鈴木 昭浩, 李 雅希, 長谷 栄治, 佐藤 克也, 峯田 一秀, 橋本 一郎, 安井 武史, 『SHG(第2高調波発生光)顕微鏡を用いたケロイド異常産生コラーゲン線維の観察』, Optics & Photonics Japan 2020, 14pA2, 2020/11/14  (2020/11/14-17, オンライン).

  22. 吉川 珠希, 長谷 栄治, 鈴木 昭浩, 越智 ありさ, 安部 秀斉, 安井 武史, 『AGE(終末糖化産物)による真皮コラーゲン線維構造変化のSHG(第2高調波発生光)イメージング』, Optics & Photonics Japan 2020, 14pA3, 2020/11/14  (2020/11/14-17, オンライン).
    • 国内学会

    吉川 珠希, 長谷 栄治, 鈴木 昭浩, 越智 ありさ, 安部 秀斉, 安井 武史, 『AGE(終末糖化産物)による真皮コラーゲン線維構造変化のSHG(第2高調波発生光)イメージング』, Optics & Photonics Japan 2020, 14pA3, 2020/11/14  (2020/11/14-17, オンライン).

  23. 宮村 祥吾, 安井 武史, 久世 直也, 『全偏光保持・非線形偏光回転モード同期Erファイバーレーザーによる光周波数コムの開発』, Optics & Photonics Japan 2020, 17aA1, 2020/11/14  (2020/11/14-17, オンライン).
    • 国内学会

    宮村 祥吾, 安井 武史, 久世 直也, 『全偏光保持・非線形偏光回転モード同期Erファイバーレーザーによる光周波数コムの開発』, Optics & Photonics Japan 2020, 17aA1, 2020/11/14  (2020/11/14-17, オンライン).

  24. Y. Tokizane, N. Kuse, K. Nishimoto, K. Minoshima, and T. Yasui, “560 GHz Terahertz Wave Generation Using A Soliton Comb” in 45th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2020), P221, Nov. 11, 2020 (Nov. 8-13, 2020/online).
    • 国際会議論文

    Y. Tokizane, N. Kuse, K. Nishimoto, K. Minoshima, and T. Yasui, “560 GHz Terahertz Wave Generation Using A Soliton Comb” in 45th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2020), P221, Nov. 11, 2020 (Nov. 8-13, 2020/online).

  25. 安井 武史, 『テラヘルツ波の基礎と応用・今後の可能性』,サイエンス&テクノロジーセミナー(2020/11/10, オンライン)
    • 招待講演

    安井 武史, 『テラヘルツ波の基礎と応用・今後の可能性』,サイエンス&テクノロジーセミナー(2020/11/10, オンライン)

  26. Nakai Hiroki, Akiyama Daiu, Taniguchi Yoshiaki, Kishinobu Iori, Ikeda Takuya,  Tabata Atsushi, Nagamune Hideaki,  Ohno Yasuhide, Nagase Masao , “Protein detection by electron donor using epitaxial graphene film on SiC substrate,”33rd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2020),P21-12(2020).
    • 国際会議論文

    Nakai Hiroki, Akiyama Daiu, Taniguchi Yoshiaki, Kishinobu Iori, Ikeda Takuya, Tabata Atsushi, Nagamune Hideaki, Ohno Yasuhide, Nagase Masao , “Protein detection by electron donor using epitaxial graphene film on SiC substrate,”33rd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2020),P21-12(2020).

  27. K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, “Generation of a microresonator soliton comb via current modulation of a DFB laser,” OSA Continuum, Vol. 3, Issue 11, pp. 3218-3224 (2020).
    • 原著論文

    K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, “Generation of a microresonator soliton comb via current modulation of a DFB laser,” OSA Continuum, Vol. 3, Issue 11, pp. 3218-3224 (2020).

  28. 安井 武史, 長谷 栄治, 水野 孝彦, 麻植 凌, 南川 丈夫 : 光周波数コム(光コム)の新奇特徴に基づいた知的光計測  , 電子情報通信学会誌, Vol.103, No.11, 1126-1131, 2020年11月.
    • 総説・解説

    安井 武史, 長谷 栄治, 水野 孝彦, 麻植 凌, 南川 丈夫 : 光周波数コム(光コム)の新奇特徴に基づいた知的光計測 , 電子情報通信学会誌, Vol.103, No.11, 1126-1131, 2020年11月.

  29. Takeo Minamikawa, Mayuko Ichimura-Shimizu, Hiroki Takanari, Yuki Morimoto, Ryosuke Shiomi, Hiroki Tanioka, Eiji Hase, Takeshi Yasui, and Koichi Tsuneyama, “Molecular imaging analysis of microvesicular and macrovesicular lipid droplets in non-alcoholic fatty liver disease by Raman microscopy,” Sci. Rep., Vol. 10, 18548 (2020).
    • 原著論文

    Takeo Minamikawa, Mayuko Ichimura-Shimizu, Hiroki Takanari, Yuki Morimoto, Ryosuke Shiomi, Hiroki Tanioka, Eiji Hase, Takeshi Yasui, and Koichi Tsuneyama, “Molecular imaging analysis of microvesicular and macrovesicular lipid droplets in non-alcoholic fatty liver disease by Raman microscopy,” Sci. Rep., Vol. 10, 18548 (2020).

  30. 富田 敦之, 津田 翔太,宮川 拓己, 髙島 祐介, 直井 美貴, 平山 秀樹, 永松 謙太郎,『気相反応を制御したMOVPEにおけるAlNのV/III比依存性』, 第50回日本結晶成長学会, 27p-A12,2021/10/27(2021/10/27-29,オンライン)
    • 国内学会

    富田 敦之, 津田 翔太,宮川 拓己, 髙島 祐介, 直井 美貴, 平山 秀樹, 永松 謙太郎,『気相反応を制御したMOVPEにおけるAlNのV/III比依存性』, 第50回日本結晶成長学会, 27p-A12,2021/10/27(2021/10/27-29,オンライン)

  31. 安井 武史,『目に見えない光が切り拓く「光の世紀」~次世代のレーザー「光コム」~』,光産業技術振興協会 光産業技術マンスリーセミナー 第449回講演会 (2020/10/27, オンライン)
    • 招待講演

    安井 武史,『目に見えない光が切り拓く「光の世紀」~次世代のレーザー「光コム」~』,光産業技術振興協会 光産業技術マンスリーセミナー 第449回講演会 (2020/10/27, オンライン)

  32. 安井 武史: 「次世代光」を軸とした分野融合で新しいものを生み出す-徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所-, 日本機械学会誌, Vol.123, 2020年10月.
    • 総説・解説

    安井 武史: 「次世代光」を軸とした分野融合で新しいものを生み出す-徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所-, 日本機械学会誌, Vol.123, 2020年10月.

  33. Yuki Sasaki, Kunihiro Otsuka, Hideki Arimochi, Shin-Ichi Tsukumo, Koji Yasutomo,”Distinct Roles of IL-1β and IL-18 in NLRC4-Induced Autoinflammation”,Frontiers in Immunology,Volume 11,591713(2020).
    • 原著論文

    Yuki Sasaki, Kunihiro Otsuka, Hideki Arimochi, Shin-Ichi Tsukumo, Koji Yasutomo,”Distinct Roles of IL-1β and IL-18 in NLRC4-Induced Autoinflammation”,Frontiers in Immunology,Volume 11,591713(2020).

  34. Tetsuya Fujita,Yuki Takeuchi,Kenzo Yamaguchi,Taka-aki Yano,Takuo Tanaka,Nobuyuki Takeyasu,“Comparison of hot carrier generation between self-assembled gold and silver nanoparticle arrays tailored to the same hybrid plasmon resonance”,Journal of Applied Physics,128, 123104 (2020).
    • 原著論文

    Tetsuya Fujita,Yuki Takeuchi,Kenzo Yamaguchi,Taka-aki Yano,Takuo Tanaka,Nobuyuki Takeyasu,“Comparison of hot carrier generation between self-assembled gold and silver nanoparticle arrays tailored to the same hybrid plasmon resonance”,Journal of Applied Physics,128, 123104 (2020).

  35. Keita Hoshi, Yohei Sanagawa, Ryuta Umebayashi, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada, and Fumitoshi Yagishita, “Synthesis and Optical Property of Quadrupolar Pyridinium Salt and Its Application as Bioimaging Agent,” Chem. Lett., Vol.49, No.12, pp. 1487-1489 (2020).
    • 原著論文

    Keita Hoshi, Yohei Sanagawa, Ryuta Umebayashi, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada, and Fumitoshi Yagishita, “Synthesis and Optical Property of Quadrupolar Pyridinium Salt and Its Application as Bioimaging Agent,” Chem. Lett., Vol.49, No.12, pp. 1487-1489 (2020).

  36. Hiroyuki Okamoto, Shun Kamada, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto, “Design of a hybrid plasmonic waveguide device using a trench structure,” Journal of Physics Communications, Vol.4, No.9, pp. 095022-1 095022-7 (2020).
    • 原著論文

    Hiroyuki Okamoto, Shun Kamada, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto, “Design of a hybrid plasmonic waveguide device using a trench structure,” Journal of Physics Communications, Vol.4, No.9, pp. 095022-1 095022-7 (2020).

  37. Atsushi Nakayama, Nakamura Tenta, Zaima Toshihiro, Fujimoto Saho, Sangita Karanjit ,Kosuke Namba, “Concise Total Synthesis of Tronocarpine”, Angewandte Chemie International Edition, Vol.60, No.2, pp.635-639 (2020).
    • 原著論文

    Atsushi Nakayama, Nakamura Tenta, Zaima Toshihiro, Fujimoto Saho, Sangita Karanjit ,Kosuke Namba, “Concise Total Synthesis of Tronocarpine”, Angewandte Chemie International Edition, Vol.60, No.2, pp.635-639 (2020).

  38. 吉井 一倫, 久世 直也, 美濃島 薫 : 次世代光周波数コム―中赤外光周波数コムと集積光周波数コム, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 99-104, 2020年9月.
    • 総説・解説

    吉井 一倫, 久世 直也, 美濃島 薫 : 次世代光周波数コム―中赤外光周波数コムと集積光周波数コム, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 99-104, 2020年9月.

  39. 安井 武史 : 目に見えない次世代の光が切り拓く「光の世紀」, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 84-87, 2020年9月.
    • 総説・解説

    安井 武史 : 目に見えない次世代の光が切り拓く「光の世紀」, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 84-87, 2020年9月.

  40. 時実 悠, 安井 武史 : 社会実装に向けた知的テラヘルツ計測の開発, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 9-98, 2020年9月.
    • 総説・解説

    時実 悠, 安井 武史 : 社会実装に向けた知的テラヘルツ計測の開発, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 9-98, 2020年9月.

  41. 髙成 広起, 加治佐 平 : 医光融合研究の最先端, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 111-116, 2020年9月.
    • 総説・解説

    髙成 広起, 加治佐 平 : 医光融合研究の最先端, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 111-116, 2020年9月.

  42. 矢野 隆章, 山口 堅三, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 田中 拓男 : プラズモニクスとメタマテリアルで拓くポストLEDフォトニクス, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 105-110, 2020年9月.
    • 総説・解説

    矢野 隆章, 山口 堅三, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 田中 拓男 : プラズモニクスとメタマテリアルで拓くポストLEDフォトニクス, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 105-110, 2020年9月.

  43. 永松 謙太郎, 平山 秀樹 : 深紫外LEDの需要と要素技術, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 88-91, 2020年9月.
    • 総説・解説

    永松 謙太郎, 平山 秀樹 : 深紫外LEDの需要と要素技術, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 88-91, 2020年9月.

  44. 永松 謙太郎, 安井 武史 : 期待される殺菌用・深紫外LED, 特別WEBコラム 新型コロナウィルス禍に学ぶ応用物理, 2020年10月.
    • 総説・解説

    永松 謙太郎, 安井 武史 : 期待される殺菌用・深紫外LED, 特別WEBコラム 新型コロナウィルス禍に学ぶ応用物理, 2020年10月.

  45. 関 滉太, 『ピコ秒レーザー超音波計測の高速化』, 第27回レーザー夏の学校, 2020/9/19 (2020/9/19-20, オンライン) .
    • 国内学会

    関 滉太, 『ピコ秒レーザー超音波計測の高速化』, 第27回レーザー夏の学校, 2020/9/19 (2020/9/19-20, オンライン) .

  46. 谷岡弘規, 『ラマン顕微鏡による非アルコール性脂肪性肝炎の蓄積脂肪の分子イメージング分析』, 第27回レーザー夏の学校, 2020/9/19 (2020/9/19-20, オンライン) .
    • 国内学会

    谷岡弘規, 『ラマン顕微鏡による非アルコール性脂肪性肝炎の蓄積脂肪の分子イメージング分析』, 第27回レーザー夏の学校, 2020/9/19 (2020/9/19-20, オンライン) .

  47. 李 雅希, 鈴木 昭浩, 長谷 栄治, 佐藤 克也, 峯田 一秀, 橋本 一郎, 安井 武史, 『ケロイド真皮コラーゲン線維の可視化』, 生体医工学シンポジウム2020, 2A-19, 2020/9/19 (2020/9/18-19, オンライン) .
    • 国内学会

    李 雅希, 鈴木 昭浩, 長谷 栄治, 佐藤 克也, 峯田 一秀, 橋本 一郎, 安井 武史, 『ケロイド真皮コラーゲン線維の可視化』, 生体医工学シンポジウム2020, 2A-19, 2020/9/19 (2020/9/18-19, オンライン) .

  48. 納谷 友希, 髙成 広起, 『Narrow Band Imaging (NBI) を用いた炎症部位の特定』, 生体医工学シンポジウム2020, 1A-18, 2020/9/18 (2020/9/18-19, オンライン) .
    • 国内学会

    納谷 友希, 髙成 広起, 『Narrow Band Imaging (NBI) を用いた炎症部位の特定』, 生体医工学シンポジウム2020, 1A-18, 2020/9/18 (2020/9/18-19, オンライン) .

  49. 楠本 一真, 佐名川 洋平, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏,『多光子励起を目指したA-D-A型N-ヘテロアレーン類のデザインと応用』,2020年web光化学討論会, 3P065,2020/9/11 (2020/9/9-11, オンライン)
    • 国内学会

    楠本 一真, 佐名川 洋平, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏,『多光子励起を目指したA-D-A型N-ヘテロアレーン類のデザインと応用』,2020年web光化学討論会, 3P065,2020/9/11 (2020/9/9-11, オンライン)

  50. 梅林 隆太, 岡本 将輝, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏, 『多光子励起可能な水溶性イミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージング』,2020年web光化学討論会, 3P064,2020/9/11 (2020/9/9-11, オンライン)
    • 国内学会

    梅林 隆太, 岡本 将輝, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏, 『多光子励起可能な水溶性イミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージング』,2020年web光化学討論会, 3P064,2020/9/11 (2020/9/9-11, オンライン)

  51. 納谷 友希, 髙成 広起, 加治佐 平, 『毛細血管の可視化を目指したNarrow Band Imaging(NBI)の光源特性の検証』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 10p-Z28-10,2020/9/10(2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    納谷 友希, 髙成 広起, 加治佐 平, 『毛細血管の可視化を目指したNarrow Band Imaging(NBI)の光源特性の検証』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 10p-Z28-10,2020/9/10(2020/9/8-11, オンライン).

  52. 西本 健司,美濃島 薫,安井 武史,久世 直也, 『マイクロ・ソリトンコムの位相雑音測定』,第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 10p-Z19-1,2020/9/10 (2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    西本 健司,美濃島 薫,安井 武史,久世 直也, 『マイクロ・ソリトンコムの位相雑音測定』,第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 10p-Z19-1,2020/9/10 (2020/9/8-11, オンライン).

  53. 南 朋貴, 越智 柊太, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫,『SiC上グラフェンの 水脱離によるシート抵抗変化』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 9p-Z29-8, 2020/9/9(2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    南 朋貴, 越智 柊太, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫,『SiC上グラフェンの 水脱離によるシート抵抗変化』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 9p-Z29-8, 2020/9/9(2020/9/8-11, オンライン).

  54. 麻植 凌, 南川 丈夫, 田上 周路, 楠美 友悟, 中嶋 善晶, 美濃島 薫, 安井 武史,『デュアル屈折率センシング光コム』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 8p-Z19-13, 2020/9/8(2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    麻植 凌, 南川 丈夫, 田上 周路, 楠美 友悟, 中嶋 善晶, 美濃島 薫, 安井 武史,『デュアル屈折率センシング光コム』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 8p-Z19-13, 2020/9/8(2020/9/8-11, オンライン).

  55. 時実 悠, 西本 健司, 久世 直也, 美濃島 薫, 安井 武史,『マイクロソリトンコムを用いたテラヘルツ波発生(2)』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 11p-Z24-6, 2020/9/8(2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    時実 悠, 西本 健司, 久世 直也, 美濃島 薫, 安井 武史,『マイクロソリトンコムを用いたテラヘルツ波発生(2)』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 11p-Z24-6, 2020/9/8(2020/9/8-11, オンライン).

  56. 西本 健司, 美濃島 薫, 安井 武史, 久世 直也,『マイクロ・ソリトンコムの位相雑音測定』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 10p-Z19-1, 2020/9/8(2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    西本 健司, 美濃島 薫, 安井 武史, 久世 直也,『マイクロ・ソリトンコムの位相雑音測定』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 10p-Z19-1, 2020/9/8(2020/9/8-11, オンライン).

  57. 向島 直哉, 八杉 公基, 水谷 康弘, 安井 武史, 山本 裕紹,『シングルピクセルイメージング再構成データの形式で見た復元画像の構造類似性』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 8a-Z20-5, 2020/9/8(2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    向島 直哉, 八杉 公基, 水谷 康弘, 安井 武史, 山本 裕紹,『シングルピクセルイメージング再構成データの形式で見た復元画像の構造類似性』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 8a-Z20-5, 2020/9/8(2020/9/8-11, オンライン).

  58. 麻植 凌, 南川 丈夫, 田上 周路, 楠美 友悟, 中嶋 善晶, 美濃島 薫, 安井 武史, 『デュアル屈折率センシング光コム』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 8p-Z19-13, 2020/9/8 (2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    麻植 凌, 南川 丈夫, 田上 周路, 楠美 友悟, 中嶋 善晶, 美濃島 薫, 安井 武史, 『デュアル屈折率センシング光コム』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 8p-Z19-13, 2020/9/8 (2020/9/8-11, オンライン).

  59. 向島 直哉, 八杉 公基, 水谷 康弘, 安井 武史, 山本 裕紹, 『シングルピクセルイメージング再構成データの形式で見た復元画像の構造類似性』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会, 8a-Z20-5,2020/9/8 (2020/9/8-11, オンライン).
    • 国内学会

    向島 直哉, 八杉 公基, 水谷 康弘, 安井 武史, 山本 裕紹, 『シングルピクセルイメージング再構成データの形式で見た復元画像の構造類似性』, 第81回応用物理学会秋季学術講演会, 8a-Z20-5,2020/9/8 (2020/9/8-11, オンライン).

  60. Eiji Hase, Hiroki Takanari, Keita Hoshi, Masaki Okamoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune,Takeo Minamikawa,Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa,Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada and Fumitoshi Yagishita, “Two- and three-photon excitable quaternized imidazo[1,2-a]pyridines for mitochondrial imaging and potent cancer therapy agent”, Organic & Biomolecular Chemistry,Issue 38(2020).
    • 原著論文

    Eiji Hase, Hiroki Takanari, Keita Hoshi, Masaki Okamoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune,Takeo Minamikawa,Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa,Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada and Fumitoshi Yagishita, “Two- and three-photon excitable quaternized imidazo[1,2-a]pyridines for mitochondrial imaging and potent cancer therapy agent”, Organic & Biomolecular Chemistry,Issue 38(2020).

  61. Takeo Minamikawa, “Optical-frequency-comb microscopy for imaging with amplitude and phase of light wave”, in 25th Congress of the International Commission for Optics (ICO-25) and 16th International Conference on Optics Within Life Sciences (OWLS-16), (Aug. 31-Sep.4, 2020/Dresden, Germany).
    • 招待講演

    Takeo Minamikawa, “Optical-frequency-comb microscopy for imaging with amplitude and phase of light wave”, in 25th Congress of the International Commission for Optics (ICO-25) and 16th International Conference on Optics Within Life Sciences (OWLS-16), (Aug. 31-Sep.4, 2020/Dresden, Germany).

  62. Taka-aki Yano, Takuo Tanaka,Multimodal tip-enhanced spectroscopy for nanoscale analysis and imaging,SPIE Nanoscience + Engineering,114680R, (24-28 Aug. 2020/Online).
    • 国際会議論文

    Taka-aki Yano, Takuo Tanaka,Multimodal tip-enhanced spectroscopy for nanoscale analysis and imaging,SPIE Nanoscience + Engineering,114680R, (24-28 Aug. 2020/Online).

  63. T. Yasui, “Dual-Comb Microscopy”, OSA Frontiers in Optics/Laser Science APS/DLS (FiO+LS2020) (2020/9/14-17, Online)
    • 招待講演

    T. Yasui, “Dual-Comb Microscopy”, OSA Frontiers in Optics/Laser Science APS/DLS (FiO+LS2020) (2020/9/14-17, Online)

  64. T. Yasui, “Dual-comb microscopy”, International Symposium on Precision Engineering and Sustainable Manufacturing 2020 (Nov. 15-18, 2020, Seoul)
    • 招待講演

    T. Yasui, “Dual-comb microscopy”, International Symposium on Precision Engineering and Sustainable Manufacturing 2020 (Nov. 15-18, 2020, Seoul)

  65. 安井 武史, 『次世代の光を用いた医学応用の可能性』, 光産業技術振興協会フォトニクスデバイス・応用技術研究会2020年度第1回研究会「新しい光技術(バイオ・医療):打倒コロナ」(2020/8/26, オンライン)
    • 招待講演

    安井 武史, 『次世代の光を用いた医学応用の可能性』, 光産業技術振興協会フォトニクスデバイス・応用技術研究会2020年度第1回研究会「新しい光技術(バイオ・医療):打倒コロナ」(2020/8/26, オンライン)

  66. Yuto Ando, Kentaro Nagamatsu, Manato Deki, Noriyuki Taoka, Atsushi Tanaka, Shugo Nitta, Yoshio Honda, Tohru Nakamura, Hiroshi Amano, “Low interface state densities at Al2O3/GaN interfaces formed on vicinal polar and non-polar surfaces”, Applied Physics Letters, Volume 117, Issue 10, 102102 (2019).
    • 原著論文

    Yuto Ando, Kentaro Nagamatsu, Manato Deki, Noriyuki Taoka, Atsushi Tanaka, Shugo Nitta, Yoshio Honda, Tohru Nakamura, Hiroshi Amano, “Low interface state densities at Al2O3/GaN interfaces formed on vicinal polar and non-polar surfaces”, Applied Physics Letters, Volume 117, Issue 10, 102102 (2019).

  67. Taka-aki Yano and Takuo Tanaka, “Non-plasmonic nanoantenna and metasurface for field-enhanced spectroscopy beyond the plasmonic limit,” in SPIE Optics + Photonics 2020,Aug 24 (23-25 Aug.2020/San Diego,USA).
    • 招待講演

    Taka-aki Yano and Takuo Tanaka, “Non-plasmonic nanoantenna and metasurface for field-enhanced spectroscopy beyond the plasmonic limit,” in SPIE Optics + Photonics 2020,Aug 24 (23-25 Aug.2020/San Diego,USA).

  68. 麻植 凌,南川 丈夫,安井 武史 : 光コムを用いた新たなファイバーセンサー, 光技術コンタクト, 2020年8月.
    • 総説・解説

    麻植 凌,南川 丈夫,安井 武史 : 光コムを用いた新たなファイバーセンサー, 光技術コンタクト, 2020年8月.

  69. 永瀬雅夫, 『SiC 基板上単結晶グラフェンの作製とそのデバイス応用』、グラフェンコンソーシアム第22回研究講演会 (2020/8/5, オンライン)
    • 招待講演

    永瀬雅夫, 『SiC 基板上単結晶グラフェンの作製とそのデバイス応用』、グラフェンコンソーシアム第22回研究講演会 (2020/8/5, オンライン)

  70. T. Nakahara, R. Oe, T. Minamikawa, S. Taue, T. Kajisa, T. Yasui, “Intra-cavity biosensing in refractive- index-sensing optical comb” in 14th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO PR 2020), C2D_4, Aug. 3, 2020 (Aug. 3-5, 2020/online).
    • 国際会議論文

    T. Nakahara, R. Oe, T. Minamikawa, S. Taue, T. Kajisa, T. Yasui, “Intra-cavity biosensing in refractive- index-sensing optical comb” in 14th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO PR 2020), C2D_4, Aug. 3, 2020 (Aug. 3-5, 2020/online).

  71. Hidenori Koresawa, Marc Gouryeb, Kyuki Shibuya, Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Yu Tokizane, Ryo Oe, Takeo Minamikawa, and Takeshi Yasui, “Dynamic characterization of polarization property in liquid-crystal-on-silicon spatial light modulator using dual-comb spectroscopic polarimetry,” Opt. Express 28(16), 23584-23593 (2020).
    • 原著論文

    Hidenori Koresawa, Marc Gouryeb, Kyuki Shibuya, Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Yu Tokizane, Ryo Oe, Takeo Minamikawa, and Takeshi Yasui, “Dynamic characterization of polarization property in liquid-crystal-on-silicon spatial light modulator using dual-comb spectroscopic polarimetry,” Opt. Express 28(16), 23584-23593 (2020).

  72. 真名野 皓介, 高島 祐介,原口 雅宣,直井 美貴, 『Niナノ粒子/サファイア基板系における紫外・可視光散乱のNi粒径依存性』,2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Bp-3,2020/8/2 (2020/8/2, オンライン).
    • 国内学会

    真名野 皓介, 高島 祐介,原口 雅宣,直井 美貴, 『Niナノ粒子/サファイア基板系における紫外・可視光散乱のNi粒径依存性』,2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Bp-3,2020/8/2 (2020/8/2, オンライン).

  73. 齊藤 修作, 柳谷 伸一郎, 『光誘起対流発生装置の開発とキャピラリー内での流れ観察』,2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Ba-3,2020/8/2 (2020/8/2, オンライン).
    • 国内学会

    齊藤 修作, 柳谷 伸一郎, 『光誘起対流発生装置の開発とキャピラリー内での流れ観察』,2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Ba-3,2020/8/2 (2020/8/2, オンライン).

  74. 泉 匠人, 川上 烈生, 粟飯原 睦美, 白井 昭博, 宮脇 克行,向井 孝志, 『植物養液への非平衡大気圧空気プラズマジェット照射効果』,2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Aa-10,2020/8/2 (2020/8/2, オンライン).
    • 国内学会

    泉 匠人, 川上 烈生, 粟飯原 睦美, 白井 昭博, 宮脇 克行,向井 孝志, 『植物養液への非平衡大気圧空気プラズマジェット照射効果』,2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Aa-10,2020/8/2 (2020/8/2, オンライン).

  75. 大塚 邦紘, 安友 康二 : 特発性肺線維症の病態におけるネクロプトーシス, 臨床免疫・アレルギー科, Vol.74, No.2, 2020年8月.
    • 総説・解説

    大塚 邦紘, 安友 康二 : 特発性肺線維症の病態におけるネクロプトーシス, 臨床免疫・アレルギー科, Vol.74, No.2, 2020年8月.

  76. Eiji Hase, Hiroki Takanari, Keita Hoshi, Masaki Okamoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada, and Fumitoshi Yagishita, “Two- and three-photon excitable quaternized imidazo[1,2-a]pyridines for mitochondrial imaging and potent cancer therapy agent,” Org. Biomol. Chem., Vol. 18, No. 38, pp. 7571-7576 (2020).
    • 原著論文

    Eiji Hase, Hiroki Takanari, Keita Hoshi, Masaki Okamoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada, and Fumitoshi Yagishita, “Two- and three-photon excitable quaternized imidazo[1,2-a]pyridines for mitochondrial imaging and potent cancer therapy agent,” Org. Biomol. Chem., Vol. 18, No. 38, pp. 7571-7576 (2020).

  77. 髙原 淳一, 岩長 祐伸, 長崎 裕介, 田中 拓男, 佐野 栄一, 松井 龍之介, 岡本 敏弘, 納谷 昌之, 金森 義明, 岩見 健太郎, 玉山 泰宏, 堀 俊和, 宮崎 英樹, 久保 若奈 : メタマテリアル,メタサーフェスの設計・作製と応用技術, (株)R&D支援センター, 東京, 2020年7月.
    • 著書

    髙原 淳一, 岩長 祐伸, 長崎 裕介, 田中 拓男, 佐野 栄一, 松井 龍之介, 岡本 敏弘, 納谷 昌之, 金森 義明, 岩見 健太郎, 玉山 泰宏, 堀 俊和, 宮崎 英樹, 久保 若奈 : メタマテリアル,メタサーフェスの設計・作製と応用技術, (株)R&D支援センター, 東京, 2020年7月.

  78. 永松 謙太郎 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽), ジェットエンジン型超高温MOVPEによる低転位AlN成長, 2020年7月~2023年3月.
    • 予算

    永松 謙太郎 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽), ジェットエンジン型超高温MOVPEによる低転位AlN成長, 2020年7月~2023年3月.

  79. 安井 武史, 久世 直也, 時実 悠, 岡村 康弘, 岸川 博紀, 吉田 浩子 : 徳島県, 令和2年度徳島県地方大学・地域産業創生事業補助金, Beyond 5Gに向けたオール光型テラヘルツ通信技術の開発と応用, 2020年7月~2023年3月.
    • 予算

    安井 武史, 久世 直也, 時実 悠, 岡村 康弘, 岸川 博紀, 吉田 浩子 : 徳島県, 令和2年度徳島県地方大学・地域産業創生事業補助金, Beyond 5Gに向けたオール光型テラヘルツ通信技術の開発と応用, 2020年7月~2023年3月.

  80. 安井 武史, 久世 直也, 時実 悠, 岡村 康弘, 岸川 博紀 : 徳島大学, 研究クラスター・重点クラスター, Beyond5Gに向けたオール光型テラヘルツ無線通信技術の開発, 2020年7月~2023年3月.
    • 予算

    安井 武史, 久世 直也, 時実 悠, 岡村 康弘, 岸川 博紀 : 徳島大学, 研究クラスター・重点クラスター, Beyond5Gに向けたオール光型テラヘルツ無線通信技術の開発, 2020年7月~2023年3月.

  81. Takumi Kimoto, Kou Suzuki, Takashi Fukuda, Akira Emoto “An on-demand bench-top fabrication process for fluidic chips based on cross-diffusion through photopolymerization,” Biomicrofluidics, 044104-1 044104-9(2021).
    • 原著論文

    Takumi Kimoto, Kou Suzuki, Takashi Fukuda, Akira Emoto “An on-demand bench-top fabrication process for fluidic chips based on cross-diffusion through photopolymerization,” Biomicrofluidics, 044104-1 044104-9(2021).

  82. T. Nakahara, R. Oe, T. Kajisa, S. Taue, T. Minamikawa, and T. Yasui, “Refractive-index-sensing optical comb using intra-cavity multi-mode-interference fiber sensor and its application for bio-sensing” in OSA Optical Sensors and Sensing, Technical Digest (online), JTu2A.23, June 23, 2020 (June 22-26, 2020/online).
    • 国際会議論文

    T. Nakahara, R. Oe, T. Kajisa, S. Taue, T. Minamikawa, and T. Yasui, “Refractive-index-sensing optical comb using intra-cavity multi-mode-interference fiber sensor and its application for bio-sensing” in OSA Optical Sensors and Sensing, Technical Digest (online), JTu2A.23, June 23, 2020 (June 22-26, 2020/online).

  83. Kenji Nishimoto, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui, and Naoya Kuse, “Investigation of the phase noise of a microresonator soliton comb,” Opt. Express, Vol. 28, Issue 13, pp. 19295-19303 (2020).
    • 原著論文

    Kenji Nishimoto, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui, and Naoya Kuse, “Investigation of the phase noise of a microresonator soliton comb,” Opt. Express, Vol. 28, Issue 13, pp. 19295-19303 (2020).

  84. Jie Chen, Kazuki Nitta, Xin Zhao, Takahiko Mizuno, Takeo Minamikawa, Francis Hindle, Zheng Zheng, and Takeshi Yasui,”Adaptive-sampling near-Doppler-limited terahertz dual-comb spectroscopy with a free-running single-cavity fiber laser,” Adv. Photon. Vol. 2, Issue 3, art. 036004 (2020).
    • 原著論文

    Jie Chen, Kazuki Nitta, Xin Zhao, Takahiko Mizuno, Takeo Minamikawa, Francis Hindle, Zheng Zheng, and Takeshi Yasui,”Adaptive-sampling near-Doppler-limited terahertz dual-comb spectroscopy with a free-running single-cavity fiber laser,” Adv. Photon. Vol. 2, Issue 3, art. 036004 (2020).

  85. 矢野 隆章 : 公益財団法人村田学術振興財団, 2020年度研究助成, ナノスケール光エレクトロニクスの創成と局所電子物性制御への応用, 2020年6月~2021年6月.
    • 予算

    矢野 隆章 : 公益財団法人村田学術振興財団, 2020年度研究助成, ナノスケール光エレクトロニクスの創成と局所電子物性制御への応用, 2020年6月~2021年6月.

  86. 津田 卓哉, 水野 孝彦, 長谷 栄治, 新田 一樹, 是澤 秀紀, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : スキャンレス・デュアル光コム顕微鏡を用いた動体サンプルのイメージング, 光アライアンス, Vol.30, No.6, 11-14, 2020年6月.
    • 総説・解説

    津田 卓哉, 水野 孝彦, 長谷 栄治, 新田 一樹, 是澤 秀紀, 南川 丈夫, 山本 裕紹, 安井 武史 : スキャンレス・デュアル光コム顕微鏡を用いた動体サンプルのイメージング, 光アライアンス, Vol.30, No.6, 11-14, 2020年6月.

  87. 吉井 一倫 : 公益財団法人村田学術振興財団, 2020年度研究助成, 物質深部へのアト秒光電場伝搬を可能にする光ファンクションジェネレーターの開発, 2020年6月~2021年6月.
    • 予算

    吉井 一倫 : 公益財団法人村田学術振興財団, 2020年度研究助成, 物質深部へのアト秒光電場伝搬を可能にする光ファンクションジェネレーターの開発, 2020年6月~2021年6月.

  88. Rehana Afrin, Taka-Aki Yano, Tony Z Jia, H James Cleaves, Masahiko Hara,“Unbinding events of amino acids and peptides from waterpyrite interfaces: A case study of lifes origin on mineral surfaces”,Biophysical Chemistry,260,PMID: 32213381 (2020)
    • 原著論文

    Rehana Afrin, Taka-Aki Yano, Tony Z Jia, H James Cleaves, Masahiko Hara,“Unbinding events of amino acids and peptides from waterpyrite interfaces: A case study of lifes origin on mineral surfaces”,Biophysical Chemistry,260,PMID: 32213381 (2020)

  89. 佐藤 克也, 亀山 結太, 細川 裕史, 南川 丈夫, 安井 武史, 『培養骨芽細胞が産生する基質マトリクスの非線形光学顕微鏡による観察』,日本骨形態計測学会雑誌, Vol.30, No.1, S102 (2020/5/29)
    • 原著論文
    • 国内学会

    佐藤 克也, 亀山 結太, 細川 裕史, 南川 丈夫, 安井 武史, 『培養骨芽細胞が産生する基質マトリクスの非線形光学顕微鏡による観察』,日本骨形態計測学会雑誌, Vol.30, No.1, S102 (2020/5/29)

  90. 佐藤 克也, 亀山 結太, 細川 裕史, 南川 丈夫, 安井 武史, 『培養骨芽細胞が産生する基質マトリクスの非線形光学顕微鏡による観察』, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol. 30, No.1, S102 (2020/5/29).
    • 国内学会

    佐藤 克也, 亀山 結太, 細川 裕史, 南川 丈夫, 安井 武史, 『培養骨芽細胞が産生する基質マトリクスの非線形光学顕微鏡による観察』, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol. 30, No.1, S102 (2020/5/29).

  91. Takahiko Mizuno, Takuya Tsuda, Eiji Hase, Yu Tokizane, Ryo Oe, Hidenori Koresawa, Hirotsugu Yamamoto, Takeo Minamikawa, and Takeshi Yasui,”Optical image amplification in dual-comb microscopy,” Scientific Reports, 10, art. 8338 (2020)
    • 原著論文

    Takahiko Mizuno, Takuya Tsuda, Eiji Hase, Yu Tokizane, Ryo Oe, Hidenori Koresawa, Hirotsugu Yamamoto, Takeo Minamikawa, and Takeshi Yasui,”Optical image amplification in dual-comb microscopy,” Scientific Reports, 10, art. 8338 (2020)

  92. Kazumichi Yoshii, Feng-Lei Hong, Takeshi Yasui, Kaoru Minoshima, and Naoya Kuse, “Ultra-Broadband Single-Branch Optical Frequency Comb Using a Periodically Poled Lithium Niobate Waveguide,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, SF2G.6, May 15, 2020 (May 10–15, 2020/online).
    • 国際会議論文

    Kazumichi Yoshii, Feng-Lei Hong, Takeshi Yasui, Kaoru Minoshima, and Naoya Kuse, “Ultra-Broadband Single-Branch Optical Frequency Comb Using a Periodically Poled Lithium Niobate Waveguide,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, SF2G.6, May 15, 2020 (May 10–15, 2020/online).

  93. Naoya Kuse and Martin E. Fermann, “Frequency-modulated comb LIDAR”, in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, Technical Digest (online), SF2G.6, May 11, 2020 (May 10-15, 2020/online).
    • 国際会議論文

    Naoya Kuse and Martin E. Fermann, “Frequency-modulated comb LIDAR”, in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, Technical Digest (online), SF2G.6, May 11, 2020 (May 10-15, 2020/online).

  94. K. Yoshii, F.-L. Hong, T. Yasui, K. Minoshima, and N. Kuse, “Ultra-broadband single-branch optical frequency comb using a periodically poled lithium niobate waveguide”, in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, Technical Digest (online), SF2G.6, May 15, 2020 (May 10-15, 2020/online).
    • 国際会議論文

    K. Yoshii, F.-L. Hong, T. Yasui, K. Minoshima, and N. Kuse, “Ultra-broadband single-branch optical frequency comb using a periodically poled lithium niobate waveguide”, in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, Technical Digest (online), SF2G.6, May 15, 2020 (May 10-15, 2020/online).

  95. K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, “Generation of a dissipative Kerr-microresonator soliton comb pumped by a MHz linewidth DFB laser,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, SW3J.3, May 13, 2020 (May 10–15, 2020/online).
    • 国際会議論文

    K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, “Generation of a dissipative Kerr-microresonator soliton comb pumped by a MHz linewidth DFB laser,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, SW3J.3, May 13, 2020 (May 10–15, 2020/online).

  96. K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, “Generation of a dissipative Kerr-microresonator soliton comb pumped by a MHz linewidth DFB laser”, in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, Technical Digest (online), SW3J.3, May 13, 2020 (May 10-15, 2020/online).
    • 国際会議論文

    K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, “Generation of a dissipative Kerr-microresonator soliton comb pumped by a MHz linewidth DFB laser”, in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, Technical Digest (online), SW3J.3, May 13, 2020 (May 10-15, 2020/online).

  97. Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui, “Scan-less full-field fluorescence lifetime imaging by 2D spectral encoding and dual-comb heterodyne-beating,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, STu4N.5, May 12, 2020 (May 10–15, 2020/online).
    • 原著論文

    Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui, “Scan-less full-field fluorescence lifetime imaging by 2D spectral encoding and dual-comb heterodyne-beating,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, STu4N.5, May 12, 2020 (May 10–15, 2020/online).

  98. T. Mizuno, E. Hase, T. Minamikawa, H. Yamamoto, and T. Yasui, “Scan-less full-field fluorescence lifetime imaging by 2D spectral encoding and dual-comb heterodyne-beating”, in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, Technical Digest (online), STu4N.5, May 12, 2020 (May 10-15, 2020/online).
    • 国際会議論文

    T. Mizuno, E. Hase, T. Minamikawa, H. Yamamoto, and T. Yasui, “Scan-less full-field fluorescence lifetime imaging by 2D spectral encoding and dual-comb heterodyne-beating”, in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2020, Technical Digest (online), STu4N.5, May 12, 2020 (May 10-15, 2020/online).

  99. 安井 武史 : 国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 令和2年度 「ウイルス等感染症対策技術開発事業」・実証・改良研究支援, 新型コロナウイルスの RNA/抗原を標的とした新規診断機器の開発, 2020年5月~2021年3月.
    • 予算

    安井 武史 : 国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 令和2年度 「ウイルス等感染症対策技術開発事業」・実証・改良研究支援, 新型コロナウイルスの RNA/抗原を標的とした新規診断機器の開発, 2020年5月~2021年3月.

  100. 髙成 広起 : 独立行政法人 科学技術振興機構, 令和2年度研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)トライアウト, 光計測情報をリアルタイムに分析・評価する品質管理IoTシステムの構築, 2020年5月~2021年3月.
    • 予算

    髙成 広起 : 独立行政法人 科学技術振興機構, 令和2年度研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)トライアウト, 光計測情報をリアルタイムに分析・評価する品質管理IoTシステムの構築, 2020年5月~2021年3月.

  101. 山口 堅三 : (公財)高橋産業経済研究財団, 令和2年度研究助成, プラズモニック構造を用いた構造および人ヘルスモニタリングセンサの開発, 2020年4月~2022年3月.
    • 予算

    山口 堅三 : (公財)高橋産業経済研究財団, 令和2年度研究助成, プラズモニック構造を用いた構造および人ヘルスモニタリングセンサの開発, 2020年4月~2022年3月.

  102. 江本 顕雄,古賀 智之,八木下 史敏 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 空間展開された分光円偏光による逐次測定可能な高速円二色性スペクトルメータの開発, 2020年4月~2023年3月.
    • 予算

    江本 顕雄,古賀 智之,八木下 史敏 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 空間展開された分光円偏光による逐次測定可能な高速円二色性スペクトルメータの開発, 2020年4月~2023年3月.

  103. 大塚 邦紘 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・若手研究, シングルセルRNAシークエンス解析を基盤としたシェーグレン症候群の病態解明, 2020年4月~2023年3月.
    • 予算

    大塚 邦紘 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・若手研究, シングルセルRNAシークエンス解析を基盤としたシェーグレン症候群の病態解明, 2020年4月~2023年3月.

  104. 鈴木 昭浩 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・若手研究, 高活性水蒸気爆砕とLED照射型増殖促進木材腐朽菌処理を用いたバイオエタノール生産, 2020年4月~2023年3月.
    • 予算

    鈴木 昭浩 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・若手研究, 高活性水蒸気爆砕とLED照射型増殖促進木材腐朽菌処理を用いたバイオエタノール生産, 2020年4月~2023年3月.

  105. Takeo Minamikawa, “Optical-frequency-comb microscopy for spatio-temporal imaging with comprehensive optical information”, in The 9th Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS2020), (Apr. 20-22, 2020/ online).
    • 招待講演

    Takeo Minamikawa, “Optical-frequency-comb microscopy for spatio-temporal imaging with comprehensive optical information”, in The 9th Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS2020), (Apr. 20-22, 2020/ online).

  106. Yuki Harada, Daisuke Koyama, Marina Fukui, Akira Emoto, Kentaro Nakamura & Mami Matsukawa, “Molecular Orientation in a Variable- Focus Liquid Crystal Lens Induced by Ultrasound Vibration,” Scientific Reports volume 10, Article number: 6168 (2020).
    • 原著論文

    Yuki Harada, Daisuke Koyama, Marina Fukui, Akira Emoto, Kentaro Nakamura & Mami Matsukawa, “Molecular Orientation in a Variable- Focus Liquid Crystal Lens Induced by Ultrasound Vibration,” Scientific Reports volume 10, Article number: 6168 (2020).

  107. Hiroki Takanari, Y. Hayashi, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, “Quantification of liver fibrosis by SHG microscopy,”Focus on Microscopy 2020 (Osaka, Apr. 7, 2020).
    • 国際会議論文

    Hiroki Takanari, Y. Hayashi, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, “Quantification of liver fibrosis by SHG microscopy,”Focus on Microscopy 2020 (Osaka, Apr. 7, 2020).

  108. Takeo Minamikawa, Mayuko Ichimura-Shimizu, Hiroki Takanari, Ryosuke Shiomi, Hiroki Kusaka, Hiroki Tanioka, Eiji Hase, Takeshi Yasui, and Koichi Tsuneyama, “Morphological and molecular analysis of non-alcoholic steatohepatitis by Raman microscopy”, in Focus on Microscopy 2020 (FOM 2020), Apr. 7, 2020, (April 5 – 8, 2020/ Osaka, Japan).
    • 国際会議論文

    Takeo Minamikawa, Mayuko Ichimura-Shimizu, Hiroki Takanari, Ryosuke Shiomi, Hiroki Kusaka, Hiroki Tanioka, Eiji Hase, Takeshi Yasui, and Koichi Tsuneyama, “Morphological and molecular analysis of non-alcoholic steatohepatitis by Raman microscopy”, in Focus on Microscopy 2020 (FOM 2020), Apr. 7, 2020, (April 5 – 8, 2020/ Osaka, Japan).

  109. 吉井 一倫 : (公財)野口研究所, 2020年度(令和2年度)野口遵研究助成金, 光トランジスターの実現―アト秒光ファンクションジェネレーターの新奇応用を拓く―, 2020年4月~2021年3月.
    • 予算

    吉井 一倫 : (公財)野口研究所, 2020年度(令和2年度)野口遵研究助成金, 光トランジスターの実現―アト秒光ファンクションジェネレーターの新奇応用を拓く―, 2020年4月~2021年3月.

  110. 三木 浩,南川 丈夫,高成 広起 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C), ラマン分光法を用いたALアミロイドーシスに対する迅速診断法の新規開発, 2020年4月~2023年3月.
    • 予算

    三木 浩,南川 丈夫,高成 広起 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C), ラマン分光法を用いたALアミロイドーシスに対する迅速診断法の新規開発, 2020年4月~2023年3月.

  111. 吉井 一倫 : キヤノン財団, 第11回研究助成・研究助成プログラム「新産業を生む科学技術」, 光電場利用社会実現のための光ファンクションジェネレーター開発, 2020年4月~2023年3月.
    • 予算

    吉井 一倫 : キヤノン財団, 第11回研究助成・研究助成プログラム「新産業を生む科学技術」, 光電場利用社会実現のための光ファンクションジェネレーター開発, 2020年4月~2023年3月.

  112. 久世 直也 : 公益財団法人 KDDI財団, 調査研究助成, マイクロ光コムによる次世代無線・光通信, 2020年4月~2022年3月.
    • 予算

    久世 直也 : 公益財団法人 KDDI財団, 調査研究助成, マイクロ光コムによる次世代無線・光通信, 2020年4月~2022年3月.

  113. 矢野 隆章 : 公益財団法人中谷医工計測技術振興財団, 令和元年度技術開発研究助成・開発研究, 一分子協奏ダイナミクス光計測による単一生体高分子の機能解析, 2020年4月~2021年3月.
    • 予算

    矢野 隆章 : 公益財団法人中谷医工計測技術振興財団, 令和元年度技術開発研究助成・開発研究, 一分子協奏ダイナミクス光計測による単一生体高分子の機能解析, 2020年4月~2021年3月.

  114. 矢野 隆章,三友 秀之 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), ナノスケール光サーモメトリーの開発と表面熱物性計測の新展開, 2020年4月~2023年3月.
    • 予算

    矢野 隆章,三友 秀之 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), ナノスケール光サーモメトリーの開発と表面熱物性計測の新展開, 2020年4月~2023年3月.

  115. 長谷 栄治 : 公益財団法人中谷医工計測技術振興財団, 令和元年度技術開発研究助成・奨励研究助成, 細胞の硬さ計測からがん診断を可能とする光コム・ブリルアン散乱顕微鏡の開発, 2020年4月~2021年3月.
    • 予算

    長谷 栄治 : 公益財団法人中谷医工計測技術振興財団, 令和元年度技術開発研究助成・奨励研究助成, 細胞の硬さ計測からがん診断を可能とする光コム・ブリルアン散乱顕微鏡の開発, 2020年4月~2021年3月.

  116. 堀切 智之, 洪 鋒雷 , 中村 一平 , 吉井 一倫 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 量子デバイス間遠隔ファイバーリンクシステムの構築(分担), 2020年4月~2023年3月.
    • 予算

    堀切 智之, 洪 鋒雷 , 中村 一平 , 吉井 一倫 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 量子デバイス間遠隔ファイバーリンクシステムの構築(分担), 2020年4月~2023年3月.

  117. Haruki Sakagami, Kazumichi Yoshii, Takumi Kobayashi, and Feng-Lei Hong, “Absolute frequency and hyperfine structure of 127I2 transitions at 531.5 nm by precision spectroscopy using a narrow-linewidth diode laser,” Journal of the Optical Society of America B Vol. 37, Issue 4, pp. 1027-1034 (2020).
    • 原著論文

    Haruki Sakagami, Kazumichi Yoshii, Takumi Kobayashi, and Feng-Lei Hong, “Absolute frequency and hyperfine structure of 127I2 transitions at 531.5 nm by precision spectroscopy using a narrow-linewidth diode laser,” Journal of the Optical Society of America B Vol. 37, Issue 4, pp. 1027-1034 (2020).

  118. 久世 直也 : 電気通信普及財団, 2020年度研究調査助成 技術分野, マイクロ光周波数コムを用いた超低位相雑音THz発生に関する研究, 2020年4月~2021年3月.
    • 予算

    久世 直也 : 電気通信普及財団, 2020年度研究調査助成 技術分野, マイクロ光周波数コムを用いた超低位相雑音THz発生に関する研究, 2020年4月~2021年3月.

  119. Takeo Minamikawa, Shota Nakano, Eiji Hase, Akifumi Asahara, Hidenori Koresawa, Takahiko Mizuno, Hirotsugu Yamamoto, Kaoru Minoshima, and Takeshima Yasui, “Laser scanning optical-frequency-comb microscopy for multivariate measurement related to amplitude and phase”, in SPIE Photonics Europe 2020, Mar. 29, 2020, (March 29 – April 2, 2020,/Strasbourg, France).
    • 国際会議論文

    Takeo Minamikawa, Shota Nakano, Eiji Hase, Akifumi Asahara, Hidenori Koresawa, Takahiko Mizuno, Hirotsugu Yamamoto, Kaoru Minoshima, and Takeshima Yasui, “Laser scanning optical-frequency-comb microscopy for multivariate measurement related to amplitude and phase”, in SPIE Photonics Europe 2020, Mar. 29, 2020, (March 29 – April 2, 2020,/Strasbourg, France).

  120. Shotaro Sakakibara, Kiyohito Mizutani, Ayumu Sugiura, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Shigenobu Yonemura and Yoshimi Takai, “Afadin regulates actomyosin organization through αE-catenin at adherens junctions”, Journal of Cell Biology, Vol. 219 No. 5 e201907079 (2020).
    • 原著論文

    Shotaro Sakakibara, Kiyohito Mizutani, Ayumu Sugiura, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Shigenobu Yonemura and Yoshimi Takai, “Afadin regulates actomyosin organization through αE-catenin at adherens junctions”, Journal of Cell Biology, Vol. 219 No. 5 e201907079 (2020).

  121. 八木下 史敏, 谷川 純一, 岡本 将輝, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 南川 丈夫, 安井 武史, 今田 泰嗣, 河村 保彦, 『Synthesis of Imidazopyridinium Salts Having Potential Application as Image-guided Photodynamic Therapy Agents』, The 100th CSJ Annual Meeting (2020/3/24).
    • 国内学会

    八木下 史敏, 谷川 純一, 岡本 将輝, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 南川 丈夫, 安井 武史, 今田 泰嗣, 河村 保彦, 『Synthesis of Imidazopyridinium Salts Having Potential Application as Image-guided Photodynamic Therapy Agents』, The 100th CSJ Annual Meeting (2020/3/24).

  122. 寺尾 圭貴,南川 丈夫,塩見 涼介,水野 孝彦,安井 武史,『多変量解析を駆使したラマン散乱分光法による末梢神経判別法の開発』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 15p-B309-5, 2020/3/15 (2020/3/12-15, 上智大). 
    • 国内学会

    寺尾 圭貴,南川 丈夫,塩見 涼介,水野 孝彦,安井 武史,『多変量解析を駆使したラマン散乱分光法による末梢神経判別法の開発』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 15p-B309-5, 2020/3/15 (2020/3/12-15, 上智大). 

  123. 河合 勇輝,柳谷 伸一郎,矢野 隆章,片山 哲郎,古部 昭広,『レーザー照射した表皮角層細胞の顕微ラマン測定』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 14a-PB2-14 , 2020/3/14(2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    河合 勇輝,柳谷 伸一郎,矢野 隆章,片山 哲郎,古部 昭広,『レーザー照射した表皮角層細胞の顕微ラマン測定』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 14a-PB2-14 , 2020/3/14(2020/3/12-15, 上智大).

  124. 津田 卓哉,水野 孝彦,長谷 栄治,南川 丈夫,山本 裕紹,安井 武史,『次元変換光コムを用いたスキャンレス・フルフィールド共焦点顕微鏡の開発(8) ~共焦点/位相接続による深さダナミックレンジの拡大~』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 14a-B409-9,2020/3/14 (2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    津田 卓哉,水野 孝彦,長谷 栄治,南川 丈夫,山本 裕紹,安井 武史,『次元変換光コムを用いたスキャンレス・フルフィールド共焦点顕微鏡の開発(8) ~共焦点/位相接続による深さダナミックレンジの拡大~』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 14a-B409-9,2020/3/14 (2020/3/12-15, 上智大).

  125. 仲原 拓弥,麻植 凌,南川 丈夫,田上 周路,加治佐 平,安井 武史,『屈折率センシング光コムを用いたバイオセンシングに関する検討(2) ~共振器内バイオセンサーによる繰り返し周波数シフト特性~』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 14p-B409-10,2020/3/14(2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    仲原 拓弥,麻植 凌,南川 丈夫,田上 周路,加治佐 平,安井 武史,『屈折率センシング光コムを用いたバイオセンシングに関する検討(2) ~共振器内バイオセンサーによる繰り返し周波数シフト特性~』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 14p-B409-10,2020/3/14(2020/3/12-15, 上智大).

  126. 水野 孝彦,秦 祐也,津田 拓哉,中嶋 善晶,安井 武史,美濃島 薫,『デュアルコムファイバーレーザーを光源としたスキャンレス共焦点デュアルコム顕微鏡』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 14a-B409-10 , 2020/3/14(2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    水野 孝彦,秦 祐也,津田 拓哉,中嶋 善晶,安井 武史,美濃島 薫,『デュアルコムファイバーレーザーを光源としたスキャンレス共焦点デュアルコム顕微鏡』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 14a-B409-10 , 2020/3/14(2020/3/12-15, 上智大).

  127. 関 滉太,水野 孝彦,長谷 栄治,南川 丈夫,荻 博次,安井 武史,『ピコ秒レーザー超音波を用いたバイオイメージング ~非同期光サンプリング式ピコ秒レーザー超音波計測~』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 14p-B409-3,2020/3/14 (2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    関 滉太,水野 孝彦,長谷 栄治,南川 丈夫,荻 博次,安井 武史,『ピコ秒レーザー超音波を用いたバイオイメージング ~非同期光サンプリング式ピコ秒レーザー超音波計測~』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 14p-B409-3,2020/3/14 (2020/3/12-15, 上智大).

  128. 江本 顕雄,安藤 潤,福田 隆史,『フジツボ状多孔性膜の作製条件における孔構造サイズの影響』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 13p-A404-12,2020/3/13 (2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    江本 顕雄,安藤 潤,福田 隆史,『フジツボ状多孔性膜の作製条件における孔構造サイズの影響』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 13p-A404-12,2020/3/13 (2020/3/12-15, 上智大).

  129. 時実 悠,西本 健司,久世 直也,美濃島 薫,安井 武史、『マイクロソリトンコムを用いたテラヘルツ波発生』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 13p-B508-10,2020/3/13 (2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    時実 悠,西本 健司,久世 直也,美濃島 薫,安井 武史、『マイクロソリトンコムを用いたテラヘルツ波発生』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 13p-B508-10,2020/3/13 (2020/3/12-15, 上智大).

  130. 大野 誠吾,時実 悠,四方 潤一,南出 泰亜,『ブルズアイ結合導波路構造におけるテラヘルツ波の位相制御』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 12p-PA1-12 ,2020/3/12(2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    大野 誠吾,時実 悠,四方 潤一,南出 泰亜,『ブルズアイ結合導波路構造におけるテラヘルツ波の位相制御』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 12p-PA1-12 ,2020/3/12(2020/3/12-15, 上智大).

  131. 西本 健司, 美濃島 薫, 安井 武史, 久世 直也, 『DFBレーザーによるマイクロ・ソリトンコム発生』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 12p-B415-13, 2020/3/ (2020/3/12-15, 上智大). 
    • 国内学会

    西本 健司, 美濃島 薫, 安井 武史, 久世 直也, 『DFBレーザーによるマイクロ・ソリトンコム発生』, 第67回応用物理学会春季学術講演会, 12p-B415-13, 2020/3/ (2020/3/12-15, 上智大). 

  132. 青野 零弥,高島 祐介,直井 美貴,安井 武史,永松 謙太郎,『深紫外LEDの大気中における光減衰に関する研究』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 12p-B409-8 ,2020/3/12(2020/3/12-15, 上智大).
    • 国内学会

    青野 零弥,高島 祐介,直井 美貴,安井 武史,永松 謙太郎,『深紫外LEDの大気中における光減衰に関する研究』,第67回応用物理学会春季学術講演会, 12p-B409-8 ,2020/3/12(2020/3/12-15, 上智大).

  133. Eiji Hase, Hiroki Takanari, Mayuko Shimizu, Hayashi Yuri, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, and Koichi Tsuneyama, “Characterization of fibrosis in non-alcoholic steatohepatitis by use of second-harmonic-generation microscopy”, in Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020), Mar.5, 2020 (Mar.4-8, 2020/Bali, Indonesia).
    • 国際会議論文

    Eiji Hase, Hiroki Takanari, Mayuko Shimizu, Hayashi Yuri, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, and Koichi Tsuneyama, “Characterization of fibrosis in non-alcoholic steatohepatitis by use of second-harmonic-generation microscopy”, in Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020), Mar.5, 2020 (Mar.4-8, 2020/Bali, Indonesia).

  134. Takeo Minamikawa, Mayuko Shimizu, Hiroki Takanari, Shiomi Ryosuke, Kusaka Hiroki, Tanioka Hiroki, Eiji Hase, Takeshi Yasui, Koichi Tsuneyama,”Molecular imaging analysis of accumulated fats in non-alcoholic steatohepatitis by Raman microscopy”,Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020),Mar.5,2020(Mar.4-8,2020/Bali, Indonesia).
    • 国際会議論文

    Takeo Minamikawa, Mayuko Shimizu, Hiroki Takanari, Shiomi Ryosuke, Kusaka Hiroki, Tanioka Hiroki, Eiji Hase, Takeshi Yasui, Koichi Tsuneyama,”Molecular imaging analysis of accumulated fats in non-alcoholic steatohepatitis by Raman microscopy”,Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020),Mar.5,2020(Mar.4-8,2020/Bali, Indonesia).

  135. 大塚 邦紘, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における濾胞ヘルパーT細胞の役割 (特集 濾胞ヘルパーT細胞と疾患), 臨床免疫·アレルギー科, Vol.73, No.3, 241-248, 2020年3月.
    • 総説・解説

    大塚 邦紘, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における濾胞ヘルパーT細胞の役割 (特集 濾胞ヘルパーT細胞と疾患), 臨床免疫·アレルギー科, Vol.73, No.3, 241-248, 2020年3月.

  136. Satoru Hashimoto, Hiroki Takanari, Emmanuel Compe, Jean-Marc Egly, ”Dysregulation of LXR responsive genes contribute to ichthyosis in Trichonthiodystrophy”, Journal of Dermatological Science, Volume 97, Issue 3,  pp. 201-207 (2020).
    • 原著論文

    Satoru Hashimoto, Hiroki Takanari, Emmanuel Compe, Jean-Marc Egly, ”Dysregulation of LXR responsive genes contribute to ichthyosis in Trichonthiodystrophy”, Journal of Dermatological Science, Volume 97, Issue 3, pp. 201-207 (2020).

  137. 安井 武史 : 目に見えない次世代の光「ポストLEDフォトニクス」 による元気な地方産業創出を目指して, 光学, Vol.49, No.3, 124-126, 2020年3月.
    • 総説・解説

    安井 武史 : 目に見えない次世代の光「ポストLEDフォトニクス」 による元気な地方産業創出を目指して, 光学, Vol.49, No.3, 124-126, 2020年3月.

  138. 鈴木 昭浩, 大塚 邦紘, 髙成 広起, 永松 謙太郎, 白井 昭博, 『次世代光による細胞光応答の解明』,  LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-17 (2021/2/6, 徳島).
    • 国内学会

    鈴木 昭浩, 大塚 邦紘, 髙成 広起, 永松 謙太郎, 白井 昭博, 『次世代光による細胞光応答の解明』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-17 (2021/2/6, 徳島).

  139. 永瀬 雅夫,大野 恭秀, 『SiC上グラフェンを用いた黒体輻射エミッタ』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-15 (2020/2/29, 徳島).
    • 国内学会

    永瀬 雅夫,大野 恭秀, 『SiC上グラフェンを用いた黒体輻射エミッタ』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-15 (2020/2/29, 徳島).

  140. 仲原 拓弥,麻植 凌,南川 丈夫,田上 周路,山口 堅三,加治佐 平,安井 武史,『バイオセンシング光コムのためのバイオセンサーの開発』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-12 (2020/2/29, 徳島).
    • 国内学会

    仲原 拓弥,麻植 凌,南川 丈夫,田上 周路,山口 堅三,加治佐 平,安井 武史,『バイオセンシング光コムのためのバイオセンサーの開発』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-12 (2020/2/29, 徳島).

  141. 前田 耕佑, 長谷 栄治, 水野 孝彦, 南川 丈夫, 安井 武史, 『In vivoヒト皮膚コラーゲン線維配向計測のための高速連続偏光分解SHG(第2高調波発生光)顕微鏡の開発』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-13 (2020/2/29, 徳島).
    • 国内学会

    前田 耕佑, 長谷 栄治, 水野 孝彦, 南川 丈夫, 安井 武史, 『In vivoヒト皮膚コラーゲン線維配向計測のための高速連続偏光分解SHG(第2高調波発生光)顕微鏡の開発』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-13 (2020/2/29, 徳島).

  142. 寺尾 圭貴, 南川 丈夫, 塩見 涼介, 水野 孝彦, 安井 武史, 『多変量解析を駆使したラマン散乱分光法による神経組織判別』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-14 (2020/2/29, 徳島).
    • 国内学会

    寺尾 圭貴, 南川 丈夫, 塩見 涼介, 水野 孝彦, 安井 武史, 『多変量解析を駆使したラマン散乱分光法による神経組織判別』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-14 (2020/2/29, 徳島).

  143. 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也, 『2019年度におけるLEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業の取り組み』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-2 (2020/2/29, 徳島).
    • 国内学会

    原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也, 『2019年度におけるLEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業の取り組み』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-2 (2020/2/29, 徳島).

  144. 前田 耕佑, 長谷 栄治, 水野 孝彦, 南川 丈夫, 安井 武史, 『In vivoヒト皮膚コラーゲン線維配向計測のための高速連続偏光分解SHG(第2高調波発生光)顕微鏡の開発』,  LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-13(2020/2/29, 徳島).
    • 国内学会

    前田 耕佑, 長谷 栄治, 水野 孝彦, 南川 丈夫, 安井 武史, 『In vivoヒト皮膚コラーゲン線維配向計測のための高速連続偏光分解SHG(第2高調波発生光)顕微鏡の開発』,  LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-13(2020/2/29, 徳島).

  145. 仲原 拓弥, 麻植 凌, 南川 丈夫, 田上 周路, 山口 堅三, 加治佐 平, 安井 武史, 『バイオセンシング光コムのためのバイオセンサーの開発』,  LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-12(2020/2/29, 徳島グランヴィリオ).
    • 国内学会

    仲原 拓弥, 麻植 凌, 南川 丈夫, 田上 周路, 山口 堅三, 加治佐 平, 安井 武史, 『バイオセンシング光コムのためのバイオセンサーの開発』,  LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-12(2020/2/29, 徳島グランヴィリオ).

  146. 白井 昭博, 市村 優一朗, 安友 優子, 菅野 由佳, 池田 博行, 榎本 康, 岡田 宏, 『紫外線および青色LEDによる釜揚げしらすの細菌の不活化』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-5(2020/2/29, 徳島).
    • 国内学会

    白井 昭博, 市村 優一朗, 安友 優子, 菅野 由佳, 池田 博行, 榎本 康, 岡田 宏, 『紫外線および青色LEDによる釜揚げしらすの細菌の不活化』, LED総合フォーラム2020 in 徳島, P-5(2020/2/29, 徳島).

  147. 安井 武史, 『新しい光の創成と応用』, 徳島大学工業会 徳島支部総会 (2020/2/15, 阿波観光ホテル)
    • 招待講演

    安井 武史, 『新しい光の創成と応用』, 徳島大学工業会 徳島支部総会 (2020/2/15, 阿波観光ホテル)

  148. Naoya Kuse, Tomohiro Tetsumoto, Gabriele Navickaite, Michael Geiselmann, and Martin E. Fermann, ” Continuous scanning of a dissipative Kerr-microresonator soliton comb for broadband, high-resolution spectroscopy”, Optics Letters, Vol. 45, Issue 4, pp. 927-930 (2020).
    • 原著論文

    Naoya Kuse, Tomohiro Tetsumoto, Gabriele Navickaite, Michael Geiselmann, and Martin E. Fermann, ” Continuous scanning of a dissipative Kerr-microresonator soliton comb for broadband, high-resolution spectroscopy”, Optics Letters, Vol. 45, Issue 4, pp. 927-930 (2020).

  149. Jun Ando, Aki Kato, Takashi Fukuda, Akira Emoto, “Decimating Spatial Frequency Components in Periodically Modulated Nanoscale Surface Structures for Sensing of Ambient Refractive Index Changes,”ACS Omega, Vol. 5, Issue 7, 3513–3521 (2020).
    • 原著論文

    Jun Ando, Aki Kato, Takashi Fukuda, Akira Emoto, “Decimating Spatial Frequency Components in Periodically Modulated Nanoscale Surface Structures for Sensing of Ambient Refractive Index Changes,”ACS Omega, Vol. 5, Issue 7, 3513–3521 (2020).

  150. Takeo Minamikawa, Nakano shota, Eiji Hase, Asahara Akifumi, Hidenori koresawa, Takahiko Mizuno, Hirotsugu Yamamoto, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui, “Optical-frequency-comb microscopy with laser-scanning configuration for simultaneous and spectroscopic amplitude, quantitative phase, and polarization imaging”, in Photonics West 2020: OPTO2020, 11287-30, Feb.6, 2020 (Feb.4-6, 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Takeo Minamikawa, Nakano shota, Eiji Hase, Asahara Akifumi, Hidenori koresawa, Takahiko Mizuno, Hirotsugu Yamamoto, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui, “Optical-frequency-comb microscopy with laser-scanning configuration for simultaneous and spectroscopic amplitude, quantitative phase, and polarization imaging”, in Photonics West 2020: OPTO2020, 11287-30, Feb.6, 2020 (Feb.4-6, 2020/San Francisco, USA).

  151. Naoya Kuse, M. E. Fermann,”Frequency-modulated comb LIDAR”,Photonics West 2020: OPTO2020,11287-33,Feb.6,2020(Feb.4-6,2020/San Francisco,United States).
    • 国際会議論文

    Naoya Kuse, M. E. Fermann,”Frequency-modulated comb LIDAR”,Photonics West 2020: OPTO2020,11287-33,Feb.6,2020(Feb.4-6,2020/San Francisco,United States).

  152. Kenzo Yamaguchi, Tomohiro Mori,”Low-loss optical sensing devices utilizing a single-crystalline silver and gold films”,Photonics West 2020: OPTO2020,11292-48,Feb.5,2020(Feb.4-6,2020/San Francisco,United States).
    • 国際会議論文

    Kenzo Yamaguchi, Tomohiro Mori,”Low-loss optical sensing devices utilizing a single-crystalline silver and gold films”,Photonics West 2020: OPTO2020,11292-48,Feb.5,2020(Feb.4-6,2020/San Francisco,United States).

  153. Eiji Hase, Takeshi Yasui, Hirayama Hideki and Kentaro Nagamatsu, “The improving resolution for dislocation analysis in GaN by three-photon microscopy”, in Photonics West 2020: OPTO2020, Feb.5, 2020 (Feb.4-6, 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Eiji Hase, Takeshi Yasui, Hirayama Hideki and Kentaro Nagamatsu, “The improving resolution for dislocation analysis in GaN by three-photon microscopy”, in Photonics West 2020: OPTO2020, Feb.5, 2020 (Feb.4-6, 2020/San Francisco, USA).

  154. Naoya Kuse, T. Tetsumoto, G. Navickaite, M. Geiselmann, M. E. Fermann,Continuous scanning of a dissipative Kerr micro-resonator soliton comb,SPIE Photonics West, LASE 2020,11266-15,Feb.4,2020(1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Naoya Kuse, T. Tetsumoto, G. Navickaite, M. Geiselmann, M. E. Fermann,Continuous scanning of a dissipative Kerr micro-resonator soliton comb,SPIE Photonics West, LASE 2020,11266-15,Feb.4,2020(1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).

  155. Takahiko Mizuno, Tsuda takuya, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui, “Application of post optical amplification for scan-less confocal amplitude and phase imaging with dual-comb microscopy”, SPIE Photonics West 2020: BiOS2020, 11250-41, Feb.3, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Takahiko Mizuno, Tsuda takuya, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui, “Application of post optical amplification for scan-less confocal amplitude and phase imaging with dual-comb microscopy”, SPIE Photonics West 2020: BiOS2020, 11250-41, Feb.3, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).

  156. Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui, “Full-field dual-comb fluorescence lifetime microscopy”, SPIE Photonics West: BiOS 2020, 11250-42, Feb.3, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Takahiko Mizuno, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto, and Takeshi Yasui, “Full-field dual-comb fluorescence lifetime microscopy”, SPIE Photonics West: BiOS 2020, 11250-42, Feb.3, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).

  157. Eiji Hase, Tanaka Ryosuke, Fukushima Shuichiro, and Takeshi Yasui, “In vivo time-series quantitative evaluation of skin burn healing using second-harmonic-generation microscopy”, SPIE Photonics West: BiOS 2020, 112544-74, 112544-75, Feb.2, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Eiji Hase, Tanaka Ryosuke, Fukushima Shuichiro, and Takeshi Yasui, “In vivo time-series quantitative evaluation of skin burn healing using second-harmonic-generation microscopy”, SPIE Photonics West: BiOS 2020, 112544-74, 112544-75, Feb.2, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).

  158. Eiji Hase, Maeda kosuke, Takahiko Mizuno, Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui, “Effect of wavelength on polarization-resolved second-harmonic- generation microscopy in thick tissues”, SPIE Photonics West: BiOS 2020, 112544-75, Feb.2, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Eiji Hase, Maeda kosuke, Takahiko Mizuno, Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui, “Effect of wavelength on polarization-resolved second-harmonic- generation microscopy in thick tissues”, SPIE Photonics West: BiOS 2020, 112544-75, Feb.2, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).

  159. Kenzo Yamaguchi, Eiji Hase, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Takeshi Yasui, “Gold nanoparticles as enhanced SHG contrast agents for biological imaging”, in Photonics West 2020: BiOS2020, 11257-39, Feb.2, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Kenzo Yamaguchi, Eiji Hase, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Takeshi Yasui, “Gold nanoparticles as enhanced SHG contrast agents for biological imaging”, in Photonics West 2020: BiOS2020, 11257-39, Feb.2, 2020 (1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).

  160. Taka-aki Yano, Takuo Tanaka,”Plasmon-enhanced Raman sensing of single biomolecular recognition”,SPIE Photonics West: BiOS 2020,11257-10,Feb.1,2020(1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).
    • 国際会議論文

    Taka-aki Yano, Takuo Tanaka,”Plasmon-enhanced Raman sensing of single biomolecular recognition”,SPIE Photonics West: BiOS 2020,11257-10,Feb.1,2020(1-6 Feb. 2020/San Francisco, USA).

  161. 長谷 栄治, 安井 武史,『SHG顕微鏡の皮膚計測応用』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, S04-22a-II-06, 2020/1/22 (2020/1/20-22, 仙台).
    • 国内学会

    長谷 栄治, 安井 武史,『SHG顕微鏡の皮膚計測応用』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, S04-22a-II-06, 2020/1/22 (2020/1/20-22, 仙台).

  162. 長谷 栄治, 南川 丈夫, 宮本 周治, 山本 裕紹, 安井 武史,『ワンショット・フルフィールド共焦点顕微鏡を用いた植物モニタリング』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, X03-22p-XI-03, 2020/1/22 (2020/1/20-22, 仙台).
    • 国内学会

    長谷 栄治, 南川 丈夫, 宮本 周治, 山本 裕紹, 安井 武史,『ワンショット・フルフィールド共焦点顕微鏡を用いた植物モニタリング』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, X03-22p-XI-03, 2020/1/22 (2020/1/20-22, 仙台).

  163. 江本 顕雄, 福田 隆史,『高機能バイオセンサーチップの開発 -微細構造形成からチップ製作および検出システムの開発まで-』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, S13-21p-IX-05, 2020/1/21 (2020/1/20-22, 仙台).
    • 国内学会

    江本 顕雄, 福田 隆史,『高機能バイオセンサーチップの開発 -微細構造形成からチップ製作および検出システムの開発まで-』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, S13-21p-IX-05, 2020/1/21 (2020/1/20-22, 仙台).

  164. 中嶋 善晶, 秦 祐也, 楠美 友悟, 吉井 一倫, 美濃島 薫,『デュアルコムファイバレーザーの高コヒーレントな非線形波長変換』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, B06-21p-III-02, 2020/1/21 (2020/1/20-22, 仙台).
    • 国内学会

    中嶋 善晶, 秦 祐也, 楠美 友悟, 吉井 一倫, 美濃島 薫,『デュアルコムファイバレーザーの高コヒーレントな非線形波長変換』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, B06-21p-III-02, 2020/1/21 (2020/1/20-22, 仙台).

  165. Kohei Ikeda, Sho Okubo, Masato Wada, Ken Kashiwagi, Kazumichi Yoshii, Hajime Inaba, and Feng-Lei Hong, “Iodine-stabilized laser at telecom wavelength using dual-pitch periodically poled lithium niobate waveguide,” Optics Express,Vol. 28, Issue 2, pp. 2166-2178 (2020).
    • 原著論文

    Kohei Ikeda, Sho Okubo, Masato Wada, Ken Kashiwagi, Kazumichi Yoshii, Hajime Inaba, and Feng-Lei Hong, “Iodine-stabilized laser at telecom wavelength using dual-pitch periodically poled lithium niobate waveguide,” Optics Express,Vol. 28, Issue 2, pp. 2166-2178 (2020).

  166. 長谷栄治, 安井武史,『SHG顕微鏡の皮膚計測応用』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, S04-22a-II-06, 2020/1/22 (2020/1/20-22, 仙台).
    • 招待講演

    長谷栄治, 安井武史,『SHG顕微鏡の皮膚計測応用』, レーザー学会 学術講演会 第40回年次大会, S04-22a-II-06, 2020/1/22 (2020/1/20-22, 仙台).

  167. Takeo Minamikawa, Terao Yoshiki, Shiomi Ryosuke and Takeshi Yasui, “Multivariate spectral analysis for identification of spectral features of peripheral nerves using Raman microspectroscopy”, in Quantitative BioImaging Conference (QBI 2020), #294, Jan.8, 2020 (Jan. 6-9, 2020./Oxford, UK).
    • 国際会議論文

    Takeo Minamikawa, Terao Yoshiki, Shiomi Ryosuke and Takeshi Yasui, “Multivariate spectral analysis for identification of spectral features of peripheral nerves using Raman microspectroscopy”, in Quantitative BioImaging Conference (QBI 2020), #294, Jan.8, 2020 (Jan. 6-9, 2020./Oxford, UK).

  168. Kazumichi Yoshii, Haruki Sakagami, Hiroki Yamamoto, Sho Okubo, Hajime Inaba, and Feng-Lei Hong, ”High-resolution spectroscopy and laser frequency stabilization using a narrow-linewidth planar-waveguide external cavity diode laser at 1063 nm”, Optics Letters, Vol. 45, Issue 1, pp. 129-132 (2020).
    • 原著論文

    Kazumichi Yoshii, Haruki Sakagami, Hiroki Yamamoto, Sho Okubo, Hajime Inaba, and Feng-Lei Hong, ”High-resolution spectroscopy and laser frequency stabilization using a narrow-linewidth planar-waveguide external cavity diode laser at 1063 nm”, Optics Letters, Vol. 45, Issue 1, pp. 129-132 (2020).

  169. 久世 直也 :  公益財団法人 光科学技術研究振興技術財団, 令和元年度 研究助成, マイクロ光周波数コムを用いた高速,広帯域,高精度分光法の開発, 2020年1月~2021年12月.
    • 予算

    久世 直也 : 公益財団法人 光科学技術研究振興技術財団, 令和元年度 研究助成, マイクロ光周波数コムを用いた高速,広帯域,高精度分光法の開発, 2020年1月~2021年12月.

受験生の方へ 受験生の方へ