徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所

メンバー詳細Member

岡本 敏弘 岡本 敏弘
光メタマテリアルの開発と応用岡本 敏弘[准教授]

メンバー詳細Member

光メタマテリアルの開発と応用

岡本 敏弘[准教授]

光基礎研究部門(専任教員)

1993年徳島大学大学院工学研究科博士前期課程修了、2000年博士(工学)取得。
同工学部助手、同大学院社会産業理工学研究部准教授等を経て、2019年4月より現職。

  • 可視
  • 深紫外
  • 赤外
  • テラヘルツ
  • 医光
  • 通信
  • 医療
  • 検査
  • 光源・計測
  • その他
  • プラズモニクス
  • メタマテリアル
  • メタ表面
  • 呼気ガスセンシング
研究概要

光の波長よりも小さいアンテナの集合体からなる光学材料は、そのアンテナの設計次第で、自然界の材料にはない特異な光学特性(屈折率など)を持たせることが可能になります。このような人工材料をメタマテリアルといいます。 光の屈折、反射、吸収、偏光、光局在などの光学応答を自在に設計できるようになり、光学素子の高性能化、光尾を用いたセンシングデバイスの高感度化が期待できます。

私の研究は以下のとおりです。
・実用的なメタマテリアル実現のための、ナノ加工と量産を両立する作製技術の開発
・メタマテリアルフィルム及び、バルクメタマテリアルの開発
・スプリットリング共振器で構成されたメタマテリアルの、特異的な光磁界応答の解明
・光の屈折、反射、吸収などを制御するメタマテリアル表面(メタ表面)の開発と評価
・高感度ガスセンシングのメタマテリアル応用研究

受験生の方へ 受験生の方へ 受験生の方へ