徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所

news

NewsイベントNews & Events

  • イベント
  • 報告

【12/15開催】脇町高校にてサイエンスカフェを開催しました

12月15日(水)にポストLEDフォトニクス研究所・田中拓男特別招聘教授(理化学研究所主任研究員)が徳島県立脇町高等学校を訪問し、同校1・2年生17名に対して、同校の図書室を使ってサイエンスカフェを開催しました。

当日は、“光の正体”を紹介したほか、最先端光科学技術の例として、3次元構造を応用した小さなキューブ型の大容量光メモリ、エネルギーを使わずに物を冷却できるスカイラジエーターや凹凸を作り光だけで色を付けた絵などを紹介し、生徒たちも田中特別招聘教授の話に耳を傾けていました。また本学・玉有朋子ファシリテーターが参加者の議論に基づくグラフィックレコーディングを同時進行で行いました。

その後、田中特別招聘教授と生徒の間では、非常に活発な質疑応答が行われ、光科学を含む科学技術への生徒の興味関心の高さがうかがえました。また参加した生徒からは、今回のサイエンスカフェを通じて、光科学を身近に感じることができた、興味を持ったとのコメントをいただきました。

次世代ひかりトクシマ事業では、今後も、県内高校生へサイエンスカフェ等を開催し、地域の強みである光科学の魅力を発信する取組を進めてまいります。

 

グラフィックレコーディング:

グラフィックレコーディングとは、議論、セミナー、インタビューなどの内容を、 グラフィックや文字を用いて、リアルタイムで記録する手法です。情報を可視化することで参加者の情報が共有され、議論をより活性化することに役立ちます。

 

サイエンスカフェ:

サイエンスカフェとは、科学技術の分野で従来から行われている講演会、シンポジウムとは異なり、科学の専門家と一般の人々が、カフェなどの比較的小規模な場所でコーヒーを飲みながら、科学について気軽に語り合う場をつくろうという試みです。

このサイエンスカフェの活動は、一般市民と科学者、研究者を繁ぎ、科学の社会的な理解を深める新しいコミュニケーションの手法として、世界で注目されている活動です。(引用:日本学術会議HP
 
◆関連リンク
メンバー紹介

高校生・中学生の方へ

サイエンスカフェの依頼はこちら

関連記事

受験生の方へ 受験生の方へ 受験生の方へ