徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所

メンバー詳細Member

加藤 遼 加藤 遼
可視・⾚外光で拓く先端光計測とバイオセンシング応⽤加藤 遼[特任研究員]

メンバー詳細Member

可視・⾚外光で拓く先端光計測とバイオセンシング応⽤

加藤 遼[特任研究員]

ポストLEDフォトニクス研究部門(特任教員)

2016年 大阪大学 工学部 応用自然科学科卒業
2018年 大阪大学大学院工学研究科 精密科学・応用物理学専攻 博士前期課程 修了
2021年 大阪大学大学院工学研究科 精密科学・応用物理学専攻 博士後期課程 修了 博士 (工学)
2018-2021年 日本学術振興会 特別研究員DC1
2019年 ETH Zurich 客員研究員
2021年4月より現職

  • 可視
  • 深紫外
  • 赤外
  • テラヘルツ
  • 医光
  • 通信
  • 医療
  • 検査
  • 光源・計測
  • その他
  • 医光融合
  • プラズモニクス
  • メタマテリアル
  • 振動分光
  • バイオセンシング
研究概要

光と物質の相互作用により、試料の化学特性や物理的性質などの様々な物性を観察することができます。可視光を利用したラマン分光法や赤外光を利用した赤外吸収分光法といった振動分光計測を軸に、様々な光計測を駆使したバイオセンシング、バイオイメージングを行い、病気の早期発見・早期治療への貢献を目指します。

また、光と金属の相互作用により光をナノサイズに局在化する技術(プラズモニクス、メタマテリアル)を応用した革新的光ナノ計測法を開発し、高感度バイオセンシングや超解像バイオイメージングに応用することで、生命機能や生理現象に直結する生体1分子の新たな知見を得ることも目指します。

受験生の方へ 受験生の方へ 受験生の方へ