徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所

Newsイベント 年間アーカイブNews & Events Archive

date_news

年間アーカイブArchive 2022

研究業績一覧はこちら
  1. 安井 武史, 『次世代移動通信に向けたオール光型テラヘルツ通信』, 大阪大学 先導的学際研究機構 スピン学際研究部門セミナー (2022/12/23, 阪大基礎工)
    • 招待講演

    安井 武史, 『次世代移動通信に向けたオール光型テラヘルツ通信』, 大阪大学 先導的学際研究機構 スピン学際研究部門セミナー (2022/12/23, 阪大基礎工)

  2. 南川 丈夫,『リモートプラズモニック光増強分光法〜金属との近接が不要なプラズモン-分子相互作用の可能性〜』, 光学会ナノオプティクス研究グループ 第29回研究討論会, (2023/1/30, オンライン).
    • 招待講演

    南川 丈夫,『リモートプラズモニック光増強分光法〜金属との近接が不要なプラズモン-分子相互作用の可能性〜』, 光学会ナノオプティクス研究グループ 第29回研究討論会, (2023/1/30, オンライン).

  3. 加藤特任助教らの論文がAnalytical Sciencesに掲載されました。(題目:High-sensitivity hyperspectral vibrational imaging of heart tissues by mid-infrared photothermal microscopy)
    • 論文発表

    加藤特任助教らの論文がAnalytical Sciencesに掲載されました。(題目:High-sensitivity hyperspectral vibrational imaging of heart tissues by mid-infrared photothermal microscopy)

  4. 南川 丈夫 : ラマン分光法による非侵襲生体分子機能診断, 細胞, Vol.54, No.13, 12-15, 2022年12月.
    • 総説・解説

    南川 丈夫 : ラマン分光法による非侵襲生体分子機能診断, 細胞, Vol.54, No.13, 12-15, 2022年12月.

  5. Ryo Kato, Taka-aki Yano, Takeo Minamikawa and Takuo Tanaka , High-sensitivity hyperspectral vibrational imaging of heart tissues by mid-infrared photothermal microscopy, Analytical Sciences, Vol.38, No.12, 1497-1503, (2022).
    • 原著論文

    Ryo Kato, Taka-aki Yano, Takeo Minamikawa and Takuo Tanaka , High-sensitivity hyperspectral vibrational imaging of heart tissues by mid-infrared photothermal microscopy, Analytical Sciences, Vol.38, No.12, 1497-1503, (2022).

  6. Takaaki Koma, Naoya Doi, Akihiro Suzuki, Kentaro Nagamatsu, Takeshi Yasui, Koji Yasutomo, Akio Adachi, Takeo Minamikawa, and Masako Nomaguchi, “Major target for UV-induced complete loss of HIV-1 infectivity: A model study of single-stranded RNA enveloped viruses”,Frontiers in Virology, 2, 994842 (2022).
    • 原著論文

    Takaaki Koma, Naoya Doi, Akihiro Suzuki, Kentaro Nagamatsu, Takeshi Yasui, Koji Yasutomo, Akio Adachi, Takeo Minamikawa, and Masako Nomaguchi, “Major target for UV-induced complete loss of HIV-1 infectivity: A model study of single-stranded RNA enveloped viruses”,Frontiers in Virology, 2, 994842 (2022).

  7. 細胞(2022年12月号)に、南川丈夫准教授の記事が掲載されました。
    • ニュース

    細胞(2022年12月号)に、南川丈夫准教授の記事が掲載されました。

  8. 南川 丈夫 ,『深紫外LEDを用いた新型コロナウイルス不活化』,光産業技術振興協会 光産業技術マンスリーセミナー 第475回講演会 (2022/12/20, オンライン)
    • 招待講演

    南川 丈夫 ,『深紫外LEDを用いた新型コロナウイルス不活化』,光産業技術振興協会 光産業技術マンスリーセミナー 第475回講演会 (2022/12/20, オンライン)

  9. 「薄膜・表面物理分科会 論文賞」を受賞
    • ニュース

    「薄膜・表面物理分科会 論文賞」を受賞

  10. Kaifeng Zhang (張 開鋒)(日立製作所/京都大学),Yi-Fan Bao(Xiamen University),Maofeng Cao(Xiamen University),谷口 伸一(日立製作所),渡辺 正浩(日立製作所),神林 琢也(日立製作所),岡本 敏弘(徳島大学),原口 雅宣(徳島大学),Xiang Wang(Xiamen University),小林 圭(京都大学),山田 啓文(京都大学),Bin Ren(Xiamen University),立崎 武弘(東海大学) : Low-Background Tip-Enhanced Raman Spectroscopy Enabled by a Plasmon Thin-Film Waveguide Probe, 薄膜・表面物理分科会 論文賞, 薄膜・表面物理分科会, 2022年12月.
    • 受賞

    Kaifeng Zhang (張 開鋒)(日立製作所/京都大学),Yi-Fan Bao(Xiamen University),Maofeng Cao(Xiamen University),谷口 伸一(日立製作所),渡辺 正浩(日立製作所),神林 琢也(日立製作所),岡本 敏弘(徳島大学),原口 雅宣(徳島大学),Xiang Wang(Xiamen University),小林 圭(京都大学),山田 啓文(京都大学),Bin Ren(Xiamen University),立崎 武弘(東海大学) : Low-Background Tip-Enhanced Raman Spectroscopy Enabled by a Plasmon Thin-Film Waveguide Probe, 薄膜・表面物理分科会 論文賞, 薄膜・表面物理分科会, 2022年12月.

  11. 古谷 一樹, ⾧谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史, 佐藤 克也,『休止期を含む微振動刺激を受ける骨芽細胞のコラーゲン産生量変化』,日本機械学会第33回バイオフロンティア講演会,2E04,2022/12/18(2022/12/17-18,神戸大学 六甲台第二キャンパス).
    • 国内学会

    古谷 一樹, ⾧谷 栄治, 南川 丈夫, 安井 武史, 佐藤 克也,『休止期を含む微振動刺激を受ける骨芽細胞のコラーゲン産生量変化』,日本機械学会第33回バイオフロンティア講演会,2E04,2022/12/18(2022/12/17-18,神戸大学 六甲台第二キャンパス).

  12. S. Miyamura, R. Oe, T. Nakahara, S. Okada, S. Taue, Y. Tokizane, T. Minamikawa, T. Yano, K. Otsuka, A. Sakane, T. Sasaki, K. Yasutomo, T. Kajisa, and T. Yasui, “Rapid detection of SARS- CoV-2 nucleocapsid protein antigen by dual- comb biosensing,” in SPIE Biomedical Imaging and Sensing Conference 2022, 250308/in person, Dec. 15, 2022(Dec. 15-17, 2022/Taipei)
    • 国際会議論文

    S. Miyamura, R. Oe, T. Nakahara, S. Okada, S. Taue, Y. Tokizane, T. Minamikawa, T. Yano, K. Otsuka, A. Sakane, T. Sasaki, K. Yasutomo, T. Kajisa, and T. Yasui, “Rapid detection of SARS- CoV-2 nucleocapsid protein antigen by dual- comb biosensing,” in SPIE Biomedical Imaging and Sensing Conference 2022, 250308/in person, Dec. 15, 2022(Dec. 15-17, 2022/Taipei)

  13. E. Hase, T. Minamikawa, Y. Tokizane, and T. Yasui, “Analysis of lipid molecular properties in nonalcoholic fatty liver disease by use of Brillouin microspectroscopy” ,”Rapid detection of SARS- CoV-2 nucleocapsid protein antigen by dual- comb biosensing,” in SPIE Biomedical Imaging and Sensing Conference 2022, 250268/in person, Dec. 16, 2022(Dec. 15-17, 2022/Taipei).
    • 国際会議論文

    E. Hase, T. Minamikawa, Y. Tokizane, and T. Yasui, “Analysis of lipid molecular properties in nonalcoholic fatty liver disease by use of Brillouin microspectroscopy” ,”Rapid detection of SARS- CoV-2 nucleocapsid protein antigen by dual- comb biosensing,” in SPIE Biomedical Imaging and Sensing Conference 2022, 250268/in person, Dec. 16, 2022(Dec. 15-17, 2022/Taipei).

  14. 忠政飛太(指導教員:南川丈夫准教授) : ラマン分光法による細胞内脂肪滴中の脂質分子解析, 第33回バイオフロンティア講演会若手講演表彰, 第33回バイオフロンティア講演会, 2022年12月.
    • 受賞

    忠政飛太(指導教員:南川丈夫准教授) : ラマン分光法による細胞内脂肪滴中の脂質分子解析, 第33回バイオフロンティア講演会若手講演表彰, 第33回バイオフロンティア講演会, 2022年12月.

  15. 徳島大学大学院創成科学研究科理工学専攻機械科学コース2年・忠政飛太さんが「第33回バイオフロンティア講演会」にて「第33回バイオフロンティア講演会若手講演表彰」を受賞
    • ニュース

    徳島大学大学院創成科学研究科理工学専攻機械科学コース2年・忠政飛太さんが「第33回バイオフロンティア講演会」にて「第33回バイオフロンティア講演会若手講演表彰」を受賞

  16. 忠政 飛太, 南川 丈夫, 鈴木 昭弘, 安井 武史,『ラマン分光法による細胞内脂肪滴中の脂質分子解析』,日本機械学会第33回バイオフロンティア講演会,1E06,2022/12/17(2022/12/17-18,神戸大学 六甲台第二キャンパス).
    • 国内学会

    忠政 飛太, 南川 丈夫, 鈴木 昭弘, 安井 武史,『ラマン分光法による細胞内脂肪滴中の脂質分子解析』,日本機械学会第33回バイオフロンティア講演会,1E06,2022/12/17(2022/12/17-18,神戸大学 六甲台第二キャンパス).

  17. 【12/15-1/13】第20回 社会産業理工学研究交流会にポストLEDフォトニクス研究所が出展します
    • イベント

    【12/15-1/13】第20回 社会産業理工学研究交流会にポストLEDフォトニクス研究所が出展します

  18. 【3/4-5開催】pLED International symposium 2023: Exploring Invisible Light Technologyを開催します
    • イベント

    【3/4-5開催】pLED International symposium 2023: Exploring Invisible Light Technologyを開催します

  19. 【12/13開催】富岡西高校で出前授業を開催しました
    • 報告
    • イベント

    【12/13開催】富岡西高校で出前授業を開催しました

  20. 安井武史, 『テラヘルツ波の基礎と技術開発およびシステム開発への応用』, 日本テクノセンター オンラインセミナー (2022/12/7, オンライン)
    • 招待講演

    安井武史, 『テラヘルツ波の基礎と技術開発およびシステム開発への応用』, 日本テクノセンター オンラインセミナー (2022/12/7, オンライン)

  21. 南川 丈夫, 『ラマン散乱分光法の医学への展開~医学に新しい価値観を創造する~』, 第55回光学四学会関西支部連合講演会,  (2022/12/7, オンライン).
    • 招待講演

    南川 丈夫, 『ラマン散乱分光法の医学への展開~医学に新しい価値観を創造する~』, 第55回光学四学会関西支部連合講演会, (2022/12/7, オンライン).

  22. Naoya Kuse, Kenji Nishimoto, Yu Tokizane, Shota Okada, Gabriele Navickaite, Michael Geiselmann, Kaoru Minoshima, and Takeshi Yasui, “Low phase noise THz generation from a fiber-referenced Kerr microresonator soliton comb,” Communications Physics, Vol. 5, Art. 312 (2022).
    • 原著論文

    Naoya Kuse, Kenji Nishimoto, Yu Tokizane, Shota Okada, Gabriele Navickaite, Michael Geiselmann, Kaoru Minoshima, and Takeshi Yasui, “Low phase noise THz generation from a fiber-referenced Kerr microresonator soliton comb,” Communications Physics, Vol. 5, Art. 312 (2022).

  23. Naoya Kuse, Kenji Nishimoto, Yu Tokizane, Shota Okada, Gabriele Navickaite, Michael Geiselmann, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui, “Low phase noise THz generation from a Kerr microresonator soliton comb,”,The 12th International Symposium on Photonics and Electronics Convergence -Advanced Nanophotonics and Silicon Device Systems- (ISPEC2022), Dec. 1st. 2022.
    • 国際会議論文

    Naoya Kuse, Kenji Nishimoto, Yu Tokizane, Shota Okada, Gabriele Navickaite, Michael Geiselmann, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui, “Low phase noise THz generation from a Kerr microresonator soliton comb,”,The 12th International Symposium on Photonics and Electronics Convergence -Advanced Nanophotonics and Silicon Device Systems- (ISPEC2022), Dec. 1st. 2022.

  24. 【12月17日(土)9:00-】令和4年度第7回オンラインびざん会にて片山哲郎助教が研究発表をします
    • イベント

    【12月17日(土)9:00-】令和4年度第7回オンラインびざん会にて片山哲郎助教が研究発表をします

  25. 長谷 栄治 : (公財)コーセーコスメトロジー研究財団, 2022年度研究助成・生体作用、安全性に関する分野, 全光学的手法を用いた老化皮膚における力学特性変化の解析, 2022年12月~2023年12月.
    • 予算

    長谷 栄治 : (公財)コーセーコスメトロジー研究財団, 2022年度研究助成・生体作用、安全性に関する分野, 全光学的手法を用いた老化皮膚における力学特性変化の解析, 2022年12月~2023年12月.

  26. 【10/4-10/31開催】イノベーション・ジャパン2022~大学見本市 Onlineの開催報告概要が掲載されました
    • 報告
    • イベント

    【10/4-10/31開催】イノベーション・ジャパン2022~大学見本市 Onlineの開催報告概要が掲載されました

  27. Hiroki Kitora, Mayu Funakoshi, Kenji Nishimoto, Takeshi Yasui, Kaoru Minoshima, and Naoya Kuse*,”Fabrication of high-Q Ta2O5 microresonator,”The 12th International Symposium on Photonics and Electronics Convergence -Advanced Nanophotonics and Silicon Device Systems- (ISPEC2022), Dec. 1st. 2022.
    • 国際会議論文

    Hiroki Kitora, Mayu Funakoshi, Kenji Nishimoto, Takeshi Yasui, Kaoru Minoshima, and Naoya Kuse*,”Fabrication of high-Q Ta2O5 microresonator,”The 12th International Symposium on Photonics and Electronics Convergence -Advanced Nanophotonics and Silicon Device Systems- (ISPEC2022), Dec. 1st. 2022.

  28. 永松 謙太郎,『有機金属気相成長法による高温AlN成長』,第14回ナノ構造エピタキシャル成長講演会,2022/11/25(2022/11/24-26, 宇部市文化会館).
    • 招待講演

    永松 謙太郎,『有機金属気相成長法による高温AlN成長』,第14回ナノ構造エピタキシャル成長講演会,2022/11/25(2022/11/24-26, 宇部市文化会館).

  29. 児玉 裕哉, 是澤 秀紀, 長谷 栄治, 時実 悠, 南川 丈夫, 安井 武史 , 『角度変換光コムSPRを用いた屈折率センシング』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P‐3, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    児玉 裕哉, 是澤 秀紀, 長谷 栄治, 時実 悠, 南川 丈夫, 安井 武史 , 『角度変換光コムSPRを用いた屈折率センシング』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P‐3, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  30. 忠政 飛太, 南川 丈夫, 鈴木 昭浩, 安井 武史, 『ラマン分光法を用いた細胞における脂質の取り込み評価』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-10, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    忠政 飛太, 南川 丈夫, 鈴木 昭浩, 安井 武史, 『ラマン分光法を用いた細胞における脂質の取り込み評価』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-10, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  31. 玉木 智大,南川 丈夫,長谷 栄治,清水 真祐子,森本 友樹,鈴木 昭浩,安井 武史,中村 聡子,筒井 朱美,高口 浩一,常山 幸一, 『SHG顕微鏡によるヒト非アルコール性脂肪性肝疾患の超早期肝線維化の評価』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-12, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    玉木 智大,南川 丈夫,長谷 栄治,清水 真祐子,森本 友樹,鈴木 昭浩,安井 武史,中村 聡子,筒井 朱美,高口 浩一,常山 幸一, 『SHG顕微鏡によるヒト非アルコール性脂肪性肝疾患の超早期肝線維化の評価』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-12, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  32. 鎌田 一輝, 是澤 秀紀, 矢野 隆章, 加治佐 平, 安井 武史, 『分子認識ポリマーの修飾基板を用いた慢性腎臓病マーカーのSPR検出』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-14, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    鎌田 一輝, 是澤 秀紀, 矢野 隆章, 加治佐 平, 安井 武史, 『分子認識ポリマーの修飾基板を用いた慢性腎臓病マーカーのSPR検出』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-14, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  33. 岡田 昇太,西本 健司,時実 悠,岸川 博紀,岡村 康弘,久世 直也,安井 武史, 『光注入同期を用いて低ノイズ・光増強したマイクロ光コムによるテラヘルツ無線通信』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-16, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    岡田 昇太,西本 健司,時実 悠,岸川 博紀,岡村 康弘,久世 直也,安井 武史, 『光注入同期を用いて低ノイズ・光増強したマイクロ光コムによるテラヘルツ無線通信』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-16, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  34. 松村 雄大,長谷 栄治,時実 悠,久世 直也,藤方 潤一,岸川 博紀,原口 雅宣,岡村 康弘,梶 貴博,大友 明,菅野 敦史,久武 信太郎,安井 武史, 『マイクロ光コム注入同期レーザーを用いた電気光学ポリマー変調デバイスの評価』,<第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-17, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    松村 雄大,長谷 栄治,時実 悠,久世 直也,藤方 潤一,岸川 博紀,原口 雅宣,岡村 康弘,梶 貴博,大友 明,菅野 敦史,久武 信太郎,安井 武史, 『マイクロ光コム注入同期レーザーを用いた電気光学ポリマー変調デバイスの評価』,<第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-17, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  35. 貞廣 知輝,時実 悠,長谷 栄治,南川 丈夫,諸橋 功,安井 武史, 『モード抽出電気光学変調器光コムを用いた波長走査・単一波長接続型デジタルホログラフィ』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-23, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    貞廣 知輝,時実 悠,長谷 栄治,南川 丈夫,諸橋 功,安井 武史, 『モード抽出電気光学変調器光コムを用いた波長走査・単一波長接続型デジタルホログラフィ』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-23, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  36. 北濵 弘暉,是澤 秀紀,長谷 栄治,南川 丈夫,安井 武史, 『デュアル光コム偏光分光測定法の基本特性評価』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-25, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    北濵 弘暉,是澤 秀紀,長谷 栄治,南川 丈夫,安井 武史, 『デュアル光コム偏光分光測定法の基本特性評価』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-25, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  37. 加藤 遼,『バイオ・メディカル応用に向けたプラズモニック超解像ラマン顕微鏡の開発』、第47回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム,2022/11/26(2022/11/25-26、大阪大学吹田キャンパス).
    • 国内学会

    加藤 遼,『バイオ・メディカル応用に向けたプラズモニック超解像ラマン顕微鏡の開発』、第47回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム,2022/11/26(2022/11/25-26、大阪大学吹田キャンパス).

  38. 加藤 遼,『バイオ・メディカル応用に向けたプラズモニック超解像ラマン顕微鏡の開発』,第47回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム,2022/11/26(2022/11/25-26、大阪大学吹田キャンパス)
    • 招待講演

    加藤 遼,『バイオ・メディカル応用に向けたプラズモニック超解像ラマン顕微鏡の開発』,第47回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム,2022/11/26(2022/11/25-26、大阪大学吹田キャンパス)

  39. 木虎 宏輝, 加治佐 平, 安井 武史, 美濃島 薫, 久世 直也, 『ファイバーセンサーのための2周波発振OEOの開発』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-34, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    木虎 宏輝, 加治佐 平, 安井 武史, 美濃島 薫, 久世 直也, 『ファイバーセンサーのための2周波発振OEOの開発』, 第7回フォトニクスワークショップ「遍く拡がる光科学の可能性!」, 1‐P-34, 2022/11/25 (2022/11/25-26, 沖縄県青年会館).

  40. 南川 丈夫, 井上 創太, 谷岡 弘規, 安井 武史, 森本 幸裕, 川崎 昌博, 川崎 三津夫,『100 nm を超えるプラズモン-分子長距離カップリングを用いたリモートプラズモニック光増強ラマン分光法』、第47回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム,2022/11/25(2022/11/25-26、大阪大学吹田キャンパス).
    • 国内学会

    南川 丈夫, 井上 創太, 谷岡 弘規, 安井 武史, 森本 幸裕, 川崎 昌博, 川崎 三津夫,『100 nm を超えるプラズモン-分子長距離カップリングを用いたリモートプラズモニック光増強ラマン分光法』、第47回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム,2022/11/25(2022/11/25-26、大阪大学吹田キャンパス).

  41. 加藤 遼, 矢野 隆章, 南川 丈夫, 田中 拓男, 『生体試料・医用材料計測を指向した中赤外フォトサーマル顕微鏡』,第47回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム,P-6,2022/11/25(2022/11/25-26,大阪大学吹田キャンパス).
    • 国内学会

    加藤 遼, 矢野 隆章, 南川 丈夫, 田中 拓男, 『生体試料・医用材料計測を指向した中赤外フォトサーマル顕微鏡』,第47回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム,P-6,2022/11/25(2022/11/25-26,大阪大学吹田キャンパス).

  42. 富田 敦之,宮川 拓己,平山 秀樹,髙島 祐介,直井 美貴,永松 謙太郎,『気相反応抑制下におけるAlN高温成長の最適化のためのV/III比依存性』, 第14回ナノ構造エピタキシャル成長講演会, Fr-P19, 2022/11/25 (2022/11/24-26,宇部市文化会館).
    • 国内学会

    富田 敦之,宮川 拓己,平山 秀樹,髙島 祐介,直井 美貴,永松 謙太郎,『気相反応抑制下におけるAlN高温成長の最適化のためのV/III比依存性』, 第14回ナノ構造エピタキシャル成長講演会, Fr-P19, 2022/11/25 (2022/11/24-26,宇部市文化会館).

  43. 井上 創太, 南川 丈夫, 谷岡 弘規, 安井 武史, 森本 幸裕, 川崎 昌博, 川崎 三津夫, 『リモートプラズモニック光増強ラマン分光法の基礎増強特性評価』,  第7回フォトニクスワークショップ, 1-P-27, 2022/11/25 (2022/11/25-26、沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    井上 創太, 南川 丈夫, 谷岡 弘規, 安井 武史, 森本 幸裕, 川崎 昌博, 川崎 三津夫, 『リモートプラズモニック光増強ラマン分光法の基礎増強特性評価』,  第7回フォトニクスワークショップ, 1-P-27, 2022/11/25 (2022/11/25-26、沖縄県青年会館).

  44. 堀広志郎, 南川丈夫, 寺尾圭貴, 獅々堀正幹, 安井武史,『非線形SVMとラマン分光法よる判別根拠が明確な神経判別手法の開発』,  第7回フォトニクスワークショップ, 1-P-6, 2022/11/25 (2022/11/25-26、沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    堀広志郎, 南川丈夫, 寺尾圭貴, 獅々堀正幹, 安井武史,『非線形SVMとラマン分光法よる判別根拠が明確な神経判別手法の開発』,  第7回フォトニクスワークショップ, 1-P-6, 2022/11/25 (2022/11/25-26、沖縄県青年会館).

  45. 安丸和樹, 南川丈夫, 長谷栄治, 清水真祐子, 安井武史, 常山幸一, 『非アルコール性脂肪性肝疾患の肝臓中に蓄積した脂肪滴の分光学的観察』,  第7回フォトニクスワークショップ, 1-P-8, 2022/11/25 (2022/11/25-26、沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    安丸和樹, 南川丈夫, 長谷栄治, 清水真祐子, 安井武史, 常山幸一, 『非アルコール性脂肪性肝疾患の肝臓中に蓄積した脂肪滴の分光学的観察』,  第7回フォトニクスワークショップ, 1-P-8, 2022/11/25 (2022/11/25-26、沖縄県青年会館).

  46. 岡部智也, 南川丈夫, 大谷圭史郎, 梶原新平, 長谷栄治, 安井武史, 『透過型ステージ走査型光コム顕微鏡の開発』,  第7回フォトニクスワークショップ, (2022/11/25-26、沖縄県青年会館).
    • 国内学会

    岡部智也, 南川丈夫, 大谷圭史郎, 梶原新平, 長谷栄治, 安井武史, 『透過型ステージ走査型光コム顕微鏡の開発』,  第7回フォトニクスワークショップ, (2022/11/25-26、沖縄県青年会館).

  47. 南川丈夫、『ラマン散乱分光法の病理学への展開 ~病理学に新しい価値観を創造する~』, 第5回超高速光エレクトロニクス研究会,(2022/11/22, 福岡).
    • 招待講演

    南川丈夫、『ラマン散乱分光法の病理学への展開 ~病理学に新しい価値観を創造する~』, 第5回超高速光エレクトロニクス研究会,(2022/11/22, 福岡).

  48. Yuusuke Takashima, Kentaro Nagamatsu, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi, “Ultra-thin deep ultraviolet perfect absorber using an Al/TiO2/AlN system”, Optics Express, Vol.30, No.24, 44229-44239 (2022).
    • 原著論文

    Yuusuke Takashima, Kentaro Nagamatsu, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi, “Ultra-thin deep ultraviolet perfect absorber using an Al/TiO2/AlN system”, Optics Express, Vol.30, No.24, 44229-44239 (2022).

  49. 【11/21開催】脇町高校にてサイエンスカフェを開催しました
    • 報告
    • イベント

    【11/21開催】脇町高校にてサイエンスカフェを開催しました

  50. 徳島大学大学院創成科学研究科理工学専攻光システムコース2年・藤原將行さんが「令和4年度日本分光学会年次講演会」にて「若手講演賞」を受賞
    • ニュース

    徳島大学大学院創成科学研究科理工学専攻光システムコース2年・藤原將行さんが「令和4年度日本分光学会年次講演会」にて「若手講演賞」を受賞

  51. 藤原將行(指導教員:矢野隆章教授) : 金属ナノ構造を用いたデジタル分光バイオセンシング, 若手講演賞,  令和4年度日本分光学会年次講演会, 2022年11月.
    • 受賞

    藤原將行(指導教員:矢野隆章教授) : 金属ナノ構造を用いたデジタル分光バイオセンシング, 若手講演賞, 令和4年度日本分光学会年次講演会, 2022年11月.

  52. 玉木 智大,南川 丈夫,長谷 栄治,清水 真祐子,森本 友樹,鈴木 昭浩,安井 武史,中村 聡子,筒井 朱美,高口 浩一,常山 幸一, 『SHG顕微鏡によるヒト非アルコール性脂肪性肝疾患の超早期肝線維化の評価』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pD4, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    玉木 智大,南川 丈夫,長谷 栄治,清水 真祐子,森本 友樹,鈴木 昭浩,安井 武史,中村 聡子,筒井 朱美,高口 浩一,常山 幸一, 『SHG顕微鏡によるヒト非アルコール性脂肪性肝疾患の超早期肝線維化の評価』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pD4, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  53. 安丸 和樹,南川 丈夫,長谷 栄治,清水 真裕子,安井 武史,常山 幸一,『非アルコール性脂肪性肝疾患モデルマウスの肝臓に蓄積した脂肪滴のラマン・SHGイメージング』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pD5, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    安丸 和樹,南川 丈夫,長谷 栄治,清水 真裕子,安井 武史,常山 幸一,『非アルコール性脂肪性肝疾患モデルマウスの肝臓に蓄積した脂肪滴のラマン・SHGイメージング』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pD5, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  54. 是澤 秀紀,南川 丈夫,大西 湧太郎,忠政 飛太,清水 真祐子,森本 友樹,長谷 栄治,安井 武史,常山 幸一, 『ラマン顕微鏡による非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴の解析』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pD6, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    是澤 秀紀,南川 丈夫,大西 湧太郎,忠政 飛太,清水 真祐子,森本 友樹,長谷 栄治,安井 武史,常山 幸一, 『ラマン顕微鏡による非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴の解析』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pD6, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  55. 北濵 弘暉,江本 顕雄,鈴木 昭浩,越智 厚雄,南川 丈夫,中村 怜,安井 武史, 『定量的殺菌効果の評価指標を用いた各種紫外光源の比較実験』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pD7, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    北濵 弘暉,江本 顕雄,鈴木 昭浩,越智 厚雄,南川 丈夫,中村 怜,安井 武史, 『定量的殺菌効果の評価指標を用いた各種紫外光源の比較実験』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pD7, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  56. 梶原 新平,南川 丈夫,岡部 智也,長谷 栄治,安井 武史, 『透過型レーザー走査型光周波数コム顕微鏡によるマルチパラメータ評価』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pE11, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    梶原 新平,南川 丈夫,岡部 智也,長谷 栄治,安井 武史, 『透過型レーザー走査型光周波数コム顕微鏡によるマルチパラメータ評価』, Optics & Photonics Japan 2022, 16pE11, 2022/11/16 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  57. 安丸 和樹, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 清水 真祐子, 安井 武史, 常山 幸一, 『非アルコール性脂肪性肝疾患モデルマウスの肝臓に蓄積した脂肪滴のラマン・SHGイメージング』、Optics & Photonics Japan 2022,16pD5,2022/11/16(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    安丸 和樹, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 清水 真祐子, 安井 武史, 常山 幸一, 『非アルコール性脂肪性肝疾患モデルマウスの肝臓に蓄積した脂肪滴のラマン・SHGイメージング』、Optics & Photonics Japan 2022,16pD5,2022/11/16(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  58. 梶原 新平, 南川 丈夫, 岡部 智也, 長谷 栄治, 安井 武史, 『透過型レーザー走査型光周波数コム顕微鏡によるマルチパラメータ評価』、Optics & Photonics Japan 2022,16pE11,2022/11/16(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    梶原 新平, 南川 丈夫, 岡部 智也, 長谷 栄治, 安井 武史, 『透過型レーザー走査型光周波数コム顕微鏡によるマルチパラメータ評価』、Optics & Photonics Japan 2022,16pE11,2022/11/16(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  59. 是澤 秀紀, 南川 丈夫, 大西 湧太郎, 忠政 飛太, 清水 真祐子, 森本 友樹, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一, 『ラマン顕微鏡による非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴の解析』, Optics & Photonics Japan 2022,16pD6,2022/11/16(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    是澤 秀紀, 南川 丈夫, 大西 湧太郎, 忠政 飛太, 清水 真祐子, 森本 友樹, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一, 『ラマン顕微鏡による非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴の解析』, Optics & Photonics Japan 2022,16pD6,2022/11/16(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  60. 北濵 弘暉,是澤 秀紀,長谷 栄治,南川 丈夫,安井 武史, 『偏光制御パルス列のデュアル光コム分光を用いたジョーンズ行列測定』, Optics & Photonics Japan 2022, 15aE9, 2022/11/15 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    北濵 弘暉,是澤 秀紀,長谷 栄治,南川 丈夫,安井 武史, 『偏光制御パルス列のデュアル光コム分光を用いたジョーンズ行列測定』, Optics & Photonics Japan 2022, 15aE9, 2022/11/15 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  61. 光本 涼,久世 直也,井上 一輝,中嶋 善晶,安井 武史,美濃島 薫,吉井 一倫, 『導波路型PPLN結晶を用いた広帯域中赤外コム発生の高効率化』, Optics & Photonics Japan 2022, 15pE13, 2022/11/15 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    光本 涼,久世 直也,井上 一輝,中嶋 善晶,安井 武史,美濃島 薫,吉井 一倫, 『導波路型PPLN結晶を用いた広帯域中赤外コム発生の高効率化』, Optics & Photonics Japan 2022, 15pE13, 2022/11/15 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  62. 貞廣 知輝,時実 悠,長谷 栄治,南川 丈夫,諸橋 功,安井 武史, 『モード抽出光コムによる波長走査型・単一波長型デジタルホログラフィーの接続』, Optics & Photonics Japan 2022, 14aD3, 2022/11/14 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    貞廣 知輝,時実 悠,長谷 栄治,南川 丈夫,諸橋 功,安井 武史, 『モード抽出光コムによる波長走査型・単一波長型デジタルホログラフィーの接続』, Optics & Photonics Japan 2022, 14aD3, 2022/11/14 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  63. 忠政 飛太,南川 丈夫,寺尾 圭貴,堀 広志郎,安井 武史, 『主成分分析と判別結果の網羅的因果律推定による生体組織判別のためのラマンスペクトルの潜在的特徴の抽出』, Optics & Photonics Japan 2022, 14aE6, 2022/11/14 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    忠政 飛太,南川 丈夫,寺尾 圭貴,堀 広志郎,安井 武史, 『主成分分析と判別結果の網羅的因果律推定による生体組織判別のためのラマンスペクトルの潜在的特徴の抽出』, Optics & Photonics Japan 2022, 14aE6, 2022/11/14 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  64. 岡田 昇太,西本 健司,時実 悠,岸川 博紀,岡村 康弘,久世 直也,安井 武史, 『共振モード追従型マイクロ光コムを用いた300GHz帯テラヘルツ波の発生』, Optics & Photonics Japan 2022, 14aC11, 2022/11/14 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    岡田 昇太,西本 健司,時実 悠,岸川 博紀,岡村 康弘,久世 直也,安井 武史, 『共振モード追従型マイクロ光コムを用いた300GHz帯テラヘルツ波の発生』, Optics & Photonics Japan 2022, 14aC11, 2022/11/14 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  65. 【11/14(月)12:31-】Future Technologies from TOKUSHIMA 2022・ランチョンセミナーにて原口雅宣 副研究責任者が講演します
    • イベント

    【11/14(月)12:31-】Future Technologies from TOKUSHIMA 2022・ランチョンセミナーにて原口雅宣 副研究責任者が講演します

  66. 忠政 飛太, 南川 丈夫, 寺尾 圭貴, 堀 広志郎, 安井 武史, 『主成分分析と判別結果の網羅的因果律推定による生体組織判別のためのラマンスペクトルの潜在的特徴の抽出』, Optics & Photonics Japan 2022,14aE6,2022/11/14(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    忠政 飛太, 南川 丈夫, 寺尾 圭貴, 堀 広志郎, 安井 武史, 『主成分分析と判別結果の網羅的因果律推定による生体組織判別のためのラマンスペクトルの潜在的特徴の抽出』, Optics & Photonics Japan 2022,14aE6,2022/11/14(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  67. 根津 武寛,宮川 拓己,高島 祐介,永松 謙太郎,原口 雅宣,直井 美貴, 『2層サブ波長格子による紫外域用高感度屈折率検出素子の検討』, Optics & Photonics Japan 2022, P15, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    根津 武寛,宮川 拓己,高島 祐介,永松 謙太郎,原口 雅宣,直井 美貴, 『2層サブ波長格子による紫外域用高感度屈折率検出素子の検討』, Optics & Photonics Japan 2022, P15, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  68. 笹田 侑,宮川 拓己,高島 祐介,永松 謙太郎,原口 雅宣,直井 美貴, 『エアギャップ型高屈折率差サブ波長格子を用いた深紫外高反射リフレクターの提案』, Optics & Photonics Japan 2022, P15, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    笹田 侑,宮川 拓己,高島 祐介,永松 謙太郎,原口 雅宣,直井 美貴, 『エアギャップ型高屈折率差サブ波長格子を用いた深紫外高反射リフレクターの提案』, Optics & Photonics Japan 2022, P15, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  69. 井上 創太,南川 丈夫,谷岡 弘規,安井 武史,森本 幸裕,川崎 昌博,川崎 三津夫, 『数十nmのシリカ柱上構造を介したプラズモン-分子リモートカップリングによる光増強ラマン分光法』, Optics & Photonics Japan 2022, P4, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    井上 創太,南川 丈夫,谷岡 弘規,安井 武史,森本 幸裕,川崎 昌博,川崎 三津夫, 『数十nmのシリカ柱上構造を介したプラズモン-分子リモートカップリングによる光増強ラマン分光法』, Optics & Photonics Japan 2022, P4, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  70. 湯本 拓実,西宮 友大,穀山 渉,時実 悠,安井 武史,松原 伸一,中嶋 善晶, 『SESAMを用いた機構共有型デュアルコムファイバレーザー』, Optics & Photonics Japan 2022, P8, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    湯本 拓実,西宮 友大,穀山 渉,時実 悠,安井 武史,松原 伸一,中嶋 善晶, 『SESAMを用いた機構共有型デュアルコムファイバレーザー』, Optics & Photonics Japan 2022, P8, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  71. 岡部 智也,南川 丈夫,梶原 新平,安井 武史, 『透過型光コム顕微鏡の開発と異方性物質の偏光分光イメージング』, Optics & Photonics Japan 2022, P24, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    岡部 智也,南川 丈夫,梶原 新平,安井 武史, 『透過型光コム顕微鏡の開発と異方性物質の偏光分光イメージング』, Optics & Photonics Japan 2022, P24, 2022/11/13 (2022/11/13-16, 宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  72. 井上 創太, 南川 丈夫, 谷岡 弘規, 安井 武史, 森本 幸裕, 川崎 昌博, 川崎 三津夫, 『数十nmのシリカ柱上構造を介したプラズモン-分子リモートカップリングによる光増強ラマン分光法』Optics & Photonics Japan 2022,P4,2022/11/13(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    井上 創太, 南川 丈夫, 谷岡 弘規, 安井 武史, 森本 幸裕, 川崎 昌博, 川崎 三津夫, 『数十nmのシリカ柱上構造を介したプラズモン-分子リモートカップリングによる光増強ラマン分光法』Optics & Photonics Japan 2022,P4,2022/11/13(2022/11/13-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  73. 岡部 智也, 南川 丈夫, 大谷 圭史郎, 梶原 新平, 長谷 栄治, 安井 武史, 『透過型光コム顕微鏡の開発と異方性物質の偏光分光イメージング』, Optics & Photonics Japan 2022,P24,2022/11/13(2022/11/14-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).
    • 国内学会

    岡部 智也, 南川 丈夫, 大谷 圭史郎, 梶原 新平, 長谷 栄治, 安井 武史, 『透過型光コム顕微鏡の開発と異方性物質の偏光分光イメージング』, Optics & Photonics Japan 2022,P24,2022/11/13(2022/11/14-16,宇都宮大&栃木県総合文化センター).

  74. Yuichi Ikura, Yuma Fujita, Yuichiro Akagi, Tetsuro Katayama,and Akihiro Furube , “Observation of inhomogeneous carrier generation in a CH₃NH₃PbBr₃  crystal by femtosecond transient absorption microscopy,”35th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2022),10P2-6(2022).
    • 国際会議論文

    Yuichi Ikura, Yuma Fujita, Yuichiro Akagi, Tetsuro Katayama,and Akihiro Furube , “Observation of inhomogeneous carrier generation in a CH₃NH₃PbBr₃ crystal by femtosecond transient absorption microscopy,”35th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2022),10P2-6(2022).

  75. Motoki Ohi , Fumiya Fukunaga, Hayate Murakami Hiroyuki Kageshima , Yasuhide Ohno and Masao Nagase, “Resistive switching behavior in graphene-stacked junction,”35th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2022),10P1-12(2022).
    • 国際会議論文

    Motoki Ohi , Fumiya Fukunaga, Hayate Murakami Hiroyuki Kageshima , Yasuhide Ohno and Masao Nagase, “Resistive switching behavior in graphene-stacked junction,”35th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2022),10P1-12(2022).

  76. Taichi Kataoka, Takuma Kuhara, Fumiya Fukunaga, Motoki Ohi, Hayate Murakami, Yasuhide Ohno and Masao Nagase, “Blackbody-like far-infrared emission from electrically biased graphene on SiC,”35th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2022),10P1-11(2022).
    • 国際会議論文

    Taichi Kataoka, Takuma Kuhara, Fumiya Fukunaga, Motoki Ohi, Hayate Murakami, Yasuhide Ohno and Masao Nagase, “Blackbody-like far-infrared emission from electrically biased graphene on SiC,”35th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2022),10P1-11(2022).

  77. Sota Yamasaki, Yasuhide Ohno, and Masao Nagase , “Amino acids adsorption characteristics of epitaxial graphene FETs on SiC substrates,”35th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2022),10P1-9(2022).
    • 国際会議論文

    Sota Yamasaki, Yasuhide Ohno, and Masao Nagase , “Amino acids adsorption characteristics of epitaxial graphene FETs on SiC substrates,”35th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2022),10P1-9(2022).

  78. 【12/16(金)15:00-16:00】安友副研究責任者が対談します
    • イベント

    【12/16(金)15:00-16:00】安友副研究責任者が対談します

  79. 安井武史, 『スキャンレス共焦点デュアル光コム顕微鏡』, 光とレーザーの科学技術フェア2022「可視化技術セミナー」(2022/11/9, 東京都立産業貿易センター浜松町館)
    • 招待講演

    安井武史, 『スキャンレス共焦点デュアル光コム顕微鏡』, 光とレーザーの科学技術フェア2022「可視化技術セミナー」(2022/11/9, 東京都立産業貿易センター浜松町館)

  80. Y. Matsumura, E. Hase, Y. Tokizane, N. Kuse, J. Fujikata, H. Kishikawa, M. Haraguchi, Y. Okamura, T. Kaji, A. Otomo, A. Kanno, S. Hisatake, and T. Yasui, “All-photonic THz detection using CW laser injection-locked to microcomb,” in 13th International Conference on Organic Nonlinear Optics (ICONO13) , P2-13/in person, Nov. 9, 2022 (Nov. 8-11, 2022/Nara, Japan)
    • 国際会議論文

    Y. Matsumura, E. Hase, Y. Tokizane, N. Kuse, J. Fujikata, H. Kishikawa, M. Haraguchi, Y. Okamura, T. Kaji, A. Otomo, A. Kanno, S. Hisatake, and T. Yasui, “All-photonic THz detection using CW laser injection-locked to microcomb,” in 13th International Conference on Organic Nonlinear Optics (ICONO13) , P2-13/in person, Nov. 9, 2022 (Nov. 8-11, 2022/Nara, Japan)

  81. Fujiwara Masayuki, Kato Ryo, Tanaka Takuo and Yano Taka-aki, “Colorimetric digital biosensing using hybridized plasmonic nanostructures”,AsiaNANO 2022,Nov.9,2022.(Nov.9-11, 2022/Busan,Korea).
    • 国際会議論文

    Fujiwara Masayuki, Kato Ryo, Tanaka Takuo and Yano Taka-aki, “Colorimetric digital biosensing using hybridized plasmonic nanostructures”,AsiaNANO 2022,Nov.9,2022.(Nov.9-11, 2022/Busan,Korea).

  82. Taka-aki Yano, “Plasmonic biosensing for single bimolecular analysis,” AsiaNANO 2022, SESSION 4. Nanophotonics,NPI-4,AsiaNANO 2022,November 9(Nov.9-11, 2022/Busan,Korea).
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Taka-aki Yano, “Plasmonic biosensing for single bimolecular analysis,” AsiaNANO 2022, SESSION 4. Nanophotonics,NPI-4,AsiaNANO 2022,November 9(Nov.9-11, 2022/Busan,Korea).

  83. 【11/9(木)12:00-】MNC2022・ランチョンセミナーにて原口雅宣 副研究責任者が講演します
    • イベント

    【11/9(木)12:00-】MNC2022・ランチョンセミナーにて原口雅宣 副研究責任者が講演します

  84. 明日の食品産業(2022年11月)に山口堅三准教授らの記事が掲載されました。
    • ニュース

    明日の食品産業(2022年11月)に山口堅三准教授らの記事が掲載されました。

  85. COSMETIC STAGE(2022年10月号)、安井武史教授の記事が掲載されました。
    • ニュース

    COSMETIC STAGE(2022年10月号)、安井武史教授の記事が掲載されました。

  86. 山口 堅三, 大津 朋也, 釜野 勝, 獅々堀 正幹 : 近赤外光と偏光,画像解析が織りなす食品の異物検査, 明日の食品産業, No.531, 31-38, 2022年11月.
    • 総説・解説

    山口 堅三, 大津 朋也, 釜野 勝, 獅々堀 正幹 : 近赤外光と偏光,画像解析が織りなす食品の異物検査, 明日の食品産業, No.531, 31-38, 2022年11月.

  87. Taira Kajisa, Taka-aki Yano, Hidenori Koresawa, Kunihiro Otsuka, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Koji Yasutomo, and Takeshi Yasui, “Highly sensitive detection of nucleocapsid protein from SARS-CoV-2 using a near-infrared surface plasmon resonance sensing system, Opt. Continuum Vol. 1, Issue 11, pp. 2336-2346 (2022) .
    • 原著論文

    Taira Kajisa, Taka-aki Yano, Hidenori Koresawa, Kunihiro Otsuka, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Koji Yasutomo, and Takeshi Yasui, “Highly sensitive detection of nucleocapsid protein from SARS-CoV-2 using a near-infrared surface plasmon resonance sensing system, Opt. Continuum Vol. 1, Issue 11, pp. 2336-2346 (2022) .

  88. 水科晴樹講師が「徳島県科学技術大賞」を受賞
    • ニュース

    水科晴樹講師が「徳島県科学技術大賞」を受賞

  89. 山口堅三准教授らの論文がscientific reportsに掲載されました。(題目:Experimental confirmation of self-imaging effect between guided light and surface plasmon polaritons in hybrid plasmonic waveguides)
    • 論文発表

    山口堅三准教授らの論文がscientific reportsに掲載されました。(題目:Experimental confirmation of self-imaging effect between guided light and surface plasmon polaritons in hybrid plasmonic waveguides)

  90. Hiroyuki Okamoto, Shun Kamada, Kenzo Yamaguchi, Masanobu Haraguchi & Toshihiro Okamoto, “Experimental confirmation of self-imaging effect between guided light and surface plasmon polaritons in hybrid plasmonic waveguides,”Scientific Reports, vol. 12, Article number: 17943 (2022).
    • 原著論文

    Hiroyuki Okamoto, Shun Kamada, Kenzo Yamaguchi, Masanobu Haraguchi & Toshihiro Okamoto, “Experimental confirmation of self-imaging effect between guided light and surface plasmon polaritons in hybrid plasmonic waveguides,”Scientific Reports, vol. 12, Article number: 17943 (2022).

  91. 【12/17-19開催】SMART2022にてpLED教員が講演します
    • イベント

    【12/17-19開催】SMART2022にてpLED教員が講演します

  92. 【10/31開催】徳島ビジネスフォーラムin東京に出展
    • イベント

    【10/31開催】徳島ビジネスフォーラムin東京に出展

  93. 【10/5-7開催】関西機械要素技術展の開催報告概要が掲載されました
    • イベント
    • 報告

    【10/5-7開催】関西機械要素技術展の開催報告概要が掲載されました

  94. 安井 武史 : 生体組織中のコラーゲン線維の可視化, COSMETIC STAGE, Vol.17, No.1, 12-19, 2022年10月.
    • 総説・解説

    安井 武史 : 生体組織中のコラーゲン線維の可視化, COSMETIC STAGE, Vol.17, No.1, 12-19, 2022年10月.

  95. Sota Yamasaki, Hiroki Nakai, Keita Murayama, Yasuhide Ohno, and Masao Nagase, “Electron transfer characteristics of amino acid adsorption on epitaxial graphene FETs on SiC substrates,”AIP Advances 12, 105310 (2022) Published Online: 18 October 2022.
    • 原著論文

    Sota Yamasaki, Hiroki Nakai, Keita Murayama, Yasuhide Ohno, and Masao Nagase, “Electron transfer characteristics of amino acid adsorption on epitaxial graphene FETs on SiC substrates,”AIP Advances 12, 105310 (2022) Published Online: 18 October 2022.

  96. Sota Yamasaki, Hiroki Nakai, Keita Murayama, Yasuhide Ohno, and Masao Nagase, “Electron transfer characteristics of amino acid adsorption on epitaxial graphene FETs on SiC substrates, ”AIP Advances 12, 105310 (2022) Published Online: 18 October 2022.
    • 国際会議論文

    Sota Yamasaki, Hiroki Nakai, Keita Murayama, Yasuhide Ohno, and Masao Nagase, “Electron transfer characteristics of amino acid adsorption on epitaxial graphene FETs on SiC substrates, ”AIP Advances 12, 105310 (2022) Published Online: 18 October 2022.

  97. 矢野隆章,『単一生体分子の超解像振動分光』, 第20回医用分光研究会, 2022/10/24(2022/10/24-25, 九州大学 西新プラザ).
    • 招待講演

    矢野隆章,『単一生体分子の超解像振動分光』, 第20回医用分光研究会, 2022/10/24(2022/10/24-25, 九州大学 西新プラザ).

  98. 安井 武史,『目に見えない光が切り拓く「光の世紀」』、Optics & Photonics Japan 2022,2022/11/14(2022/11/14-16、栃木県総合文化センター)
    • 招待講演

    安井 武史,『目に見えない光が切り拓く「光の世紀」』、Optics & Photonics Japan 2022,2022/11/14(2022/11/14-16、栃木県総合文化センター)

  99. 安井武史, 『次元変換光コム』、第164回微小光学研究会「光の構造化は何をもたらすか」(2022/10/27, 日本女子大学 新泉山館)
    • 招待講演

    安井武史, 『次元変換光コム』、第164回微小光学研究会「光の構造化は何をもたらすか」(2022/10/27, 日本女子大学 新泉山館)

  100. 【10/20-10/21開催】第12回おおた研究・開発フェアに出展
    • イベント

    【10/20-10/21開催】第12回おおた研究・開発フェアに出展

  101. 水科晴樹 : 科学技術振興部門, 令和4年 徳島県科学技術大賞, 2022年10月.
    • 受賞

    水科晴樹 : 科学技術振興部門, 令和4年 徳島県科学技術大賞, 2022年10月.

  102. 【10/15・16開催】ポストLEDフォトニクス研究所が「夢ナビライブ2022 in Autumn」に参加します
    • イベント

    【10/15・16開催】ポストLEDフォトニクス研究所が「夢ナビライブ2022 in Autumn」に参加します

  103. 【10/18-10/21開催】CEATEC 2022に出展
    • イベント

    【10/18-10/21開催】CEATEC 2022に出展

  104. 安井武史, 『テラヘルツ波の基礎・各種応用事例・今後の展望』, R&D支援センター Live配信セミナー (2022/10/13, オンライン)
    • 招待講演

    安井武史, 『テラヘルツ波の基礎・各種応用事例・今後の展望』, R&D支援センター Live配信セミナー (2022/10/13, オンライン)

  105. 【参加者募集】11/19&11/26開催「高校生ひかりアイデアソン」
    • イベント

    【参加者募集】11/19&11/26開催「高校生ひかりアイデアソン」

  106. 【10/12-14開催】BioJapan 2022に出展
    • イベント

    【10/12-14開催】BioJapan 2022に出展

  107. Taka-aki Yano, “Active plasmon-enhanced Raman microscopy for nanoscale molecular analysis,” Taiwan-Japan International Symposium on Raman Spectroscopy, October 12.
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Taka-aki Yano, “Active plasmon-enhanced Raman microscopy for nanoscale molecular analysis,” Taiwan-Japan International Symposium on Raman Spectroscopy, October 12.

  108. 【10/13-10/15開催】徳島ビジネスチャレンジメッセに出展
    • イベント

    【10/13-10/15開催】徳島ビジネスチャレンジメッセに出展

  109. Atsushi Tomita, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “ The dependence of the V/III ratio in high-temperature AlN growth with several misorientations off-angle sapphire substrates”, International Workshop on Nitride semiconductors 2022 , PP155, Oct. 11,2022/10/11(Oct. 09-14, 2022/Germany).
    • 国際会議論文

    Atsushi Tomita, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “ The dependence of the V/III ratio in high-temperature AlN growth with several misorientations off-angle sapphire substrates”, International Workshop on Nitride semiconductors 2022 , PP155, Oct. 11,2022/10/11(Oct. 09-14, 2022/Germany).

  110. Takumi Miyagawa, Tomita Atsushi, Shota Tuda, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “ Dependence of c-plane sapphire misorientation angle in high temperature AlN growth and specific step bunching at large angle”, International Workshop on Nitride semiconductors 2022 , PP165, Oct. 11,2022/10/11(Oct. 09-14, 2022/Germany).
    • 国際会議論文

    Takumi Miyagawa, Tomita Atsushi, Shota Tuda, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “ Dependence of c-plane sapphire misorientation angle in high temperature AlN growth and specific step bunching at large angle”, International Workshop on Nitride semiconductors 2022 , PP165, Oct. 11,2022/10/11(Oct. 09-14, 2022/Germany).

  111. Takumi Miyagawa, Tomita Atsushi, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima,Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “ Lateral epitaxial overgrowth by mass transport in AlN with the temperature of 1700℃”,  International Workshop on Nitride semiconductors 2022 , PP362, Oct. 11,2022/10/11(Oct. 09-14, 2022/Germany).
    • 国際会議論文

    Takumi Miyagawa, Tomita Atsushi, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima,Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “ Lateral epitaxial overgrowth by mass transport in AlN with the temperature of 1700℃”, International Workshop on Nitride semiconductors 2022 , PP362, Oct. 11,2022/10/11(Oct. 09-14, 2022/Germany).

  112. K. Nagamatsu, T. Miyagawa, A. Tomita, H. Hirayama,Y. Takashima, Y. Naoi, “ The high-temperature growth in AlN with the unaffected parasitic reaction by Jet gas stream MOVPE”, International Workshop on Nitride semiconductors 2022 , AT037, Oct. 10,2022/10/10(Oct. 09-14, 2022/Germany).
    • 国際会議論文

    K. Nagamatsu, T. Miyagawa, A. Tomita, H. Hirayama,Y. Takashima, Y. Naoi, “ The high-temperature growth in AlN with the unaffected parasitic reaction by Jet gas stream MOVPE”, International Workshop on Nitride semiconductors 2022 , AT037, Oct. 10,2022/10/10(Oct. 09-14, 2022/Germany).

  113. 【10/5-7開催】関西機械要素技術展に出展
    • イベント

    【10/5-7開催】関西機械要素技術展に出展

  114. Taka-aki Yano, “Plasmon-Enhanced Raman Nanoscopy for Probing Single Molecule Chemical Reactions,” SciX 2022, 22RAM08,October 4(Oct.2-7, 2022/USA).
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Taka-aki Yano, “Plasmon-Enhanced Raman Nanoscopy for Probing Single Molecule Chemical Reactions,” SciX 2022, 22RAM08,October 4(Oct.2-7, 2022/USA).

  115. 【10/1-10/31開催】イノベーション・ジャパン2022~大学見本市 Onlineに出展
    • イベント

    【10/1-10/31開催】イノベーション・ジャパン2022~大学見本市 Onlineに出展

  116. 藤原 將行,宮坂 禎也,小野 雅之,加藤 遼,加治佐 平,安井 武史,田中 拓男,齋藤 敦,長谷川 祐一,糸長 誠,矢野 隆章,『金ナノ粒子-金ナノホール型ハイブリッド構造のプラズモン共鳴特性とデジタル比色センシング応用』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 23a-A101-4,2022/9/23 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    藤原 將行,宮坂 禎也,小野 雅之,加藤 遼,加治佐 平,安井 武史,田中 拓男,齋藤 敦,長谷川 祐一,糸長 誠,矢野 隆章,『金ナノ粒子-金ナノホール型ハイブリッド構造のプラズモン共鳴特性とデジタル比色センシング応用』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 23a-A101-4,2022/9/23 (2022/9/20-23, 東北大).

  117. 是澤 秀紀,関 滉太,長谷 栄治,時実 悠,加治佐 平,南川 丈夫,安井 武史,『高速入射角走査型近赤外表面プラズモン共鳴センサーの高度化』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 23p-C302-10 ,2022/9/23 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    是澤 秀紀,関 滉太,長谷 栄治,時実 悠,加治佐 平,南川 丈夫,安井 武史,『高速入射角走査型近赤外表面プラズモン共鳴センサーの高度化』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 23p-C302-10 ,2022/9/23 (2022/9/20-23, 東北大).

  118. 日下 智貴,古部 昭広,片山 哲郎,岸川 博紀,大野 恭秀,永瀬 雅夫,藤方 潤一,『SiC上高品質グラフェンを用いた全光型超高速光スイッチ』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-A402-17,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    日下 智貴,古部 昭広,片山 哲郎,岸川 博紀,大野 恭秀,永瀬 雅夫,藤方 潤一,『SiC上高品質グラフェンを用いた全光型超高速光スイッチ』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-A402-17,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  119. 山内 俊,柳谷 伸一郎,大野 恭秀,永瀬 雅夫,南 康夫,『テラヘルツ時間領域分光法を用いた4H-SiC上の単層グラフェンの分光特性の評価』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-P02-7,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    山内 俊,柳谷 伸一郎,大野 恭秀,永瀬 雅夫,南 康夫,『テラヘルツ時間領域分光法を用いた4H-SiC上の単層グラフェンの分光特性の評価』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-P02-7,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  120. 安西 春樹,東原 奈央,井上 晶太,時実 悠,吉田 浩子,安井 武史,下川 房男,鶴町 徳昭,『THz帯における矩形孔メタマテリアルを含むファブリーペロー微小共振器の作製及び透過特性解析』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22a-C201-2 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    安西 春樹,東原 奈央,井上 晶太,時実 悠,吉田 浩子,安井 武史,下川 房男,鶴町 徳昭,『THz帯における矩形孔メタマテリアルを含むファブリーペロー微小共振器の作製及び透過特性解析』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22a-C201-2 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  121. 久世 直也,西本 健司,時実 悠,岡田 昇太,Navickaite Gabriele、Geiselmann Michael,美濃島 薫,安井 武史,『長尺ファイバーに安定化したマイクロコムによる低位相雑音560 GHz発生』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22a-C206-5 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    久世 直也,西本 健司,時実 悠,岡田 昇太,Navickaite Gabriele、Geiselmann Michael,美濃島 薫,安井 武史,『長尺ファイバーに安定化したマイクロコムによる低位相雑音560 GHz発生』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22a-C206-5 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  122. 湯本 拓実,時実 悠,安井 武史,松原 伸一,中嶋 善晶,『全偏波保持型デュアルコムファイバレーザーのパルス圧縮』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22a-C206-8 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    湯本 拓実,時実 悠,安井 武史,松原 伸一,中嶋 善晶,『全偏波保持型デュアルコムファイバレーザーのパルス圧縮』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22a-C206-8 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  123. 吉井 一倫、光本 涼、久世 直也、井上 一輝、中嶋 善晶、安井 武史、美濃島 薫、『導波路型PPLN結晶を用いた広帯域中赤外デュアルコム分光計』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-3  ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    吉井 一倫、光本 涼、久世 直也、井上 一輝、中嶋 善晶、安井 武史、美濃島 薫、『導波路型PPLN結晶を用いた広帯域中赤外デュアルコム分光計』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-3 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  124. 光本 涼、久世 直也、井上 一輝、中嶋 善晶、安井 武史、美濃島 薫、吉井 一倫、『導波路型PPLN結晶を用いた広帯域中赤外コム発生の高出力化』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-4 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    光本 涼、久世 直也、井上 一輝、中嶋 善晶、安井 武史、美濃島 薫、吉井 一倫、『導波路型PPLN結晶を用いた広帯域中赤外コム発生の高出力化』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-4 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  125. 西本 健司、木虎 宏輝、安井 武史、美濃島 薫、久世 直也、『非対称・両方向チャープのサイドバンドを持つマイクロコムによる並列周波数変調コムLiDAR』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-7 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    西本 健司、木虎 宏輝、安井 武史、美濃島 薫、久世 直也、『非対称・両方向チャープのサイドバンドを持つマイクロコムによる並列周波数変調コムLiDAR』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-7 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  126. 貞廣 知輝、時実 悠、長谷 栄治、南川 丈夫、諸橋 功、安井 武史、『光コムを用いた波長走査型デジタル・ホログラフィーに関する基礎研究(3) 〜連続モード抽出10GHz光コムを用いた段差計測〜 』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-10,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    貞廣 知輝、時実 悠、長谷 栄治、南川 丈夫、諸橋 功、安井 武史、『光コムを用いた波長走査型デジタル・ホログラフィーに関する基礎研究(3) 〜連続モード抽出10GHz光コムを用いた段差計測〜 』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-10,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  127. 児玉 裕哉、是澤 秀紀、長谷 栄治、時実 悠、南川 丈夫、安井 武史、『波長/角度変換光コムを用いた表面プラズモン共鳴法に関する検討』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-12,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    児玉 裕哉、是澤 秀紀、長谷 栄治、時実 悠、南川 丈夫、安井 武史、『波長/角度変換光コムを用いた表面プラズモン共鳴法に関する検討』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-C302-12,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  128. 高島 綾人、時実 悠、長谷 英治、安井 武史、『複数波長を用いた光渦位相計測の検討』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-P01-1  ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    高島 綾人、時実 悠、長谷 英治、安井 武史、『複数波長を用いた光渦位相計測の検討』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 22p-P01-1 ,2022/9/22 (2022/9/20-23, 東北大).

  129. 宮村 祥吾,麻植 凌,仲原 拓弥,岡田 昇太,加治佐 平,時実 悠,南川 丈夫,矢野 隆章,田上 周路,大塚 邦紘,坂根 亜由子,佐々木 卓也,安友 康二,安井 武史,『新型コロナウイルスNタンパク抗原のデュアル光コム・バイオセンシング』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21a-A200-4 ,2022/9/21 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    宮村 祥吾,麻植 凌,仲原 拓弥,岡田 昇太,加治佐 平,時実 悠,南川 丈夫,矢野 隆章,田上 周路,大塚 邦紘,坂根 亜由子,佐々木 卓也,安友 康二,安井 武史,『新型コロナウイルスNタンパク抗原のデュアル光コム・バイオセンシング』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21a-A200-4 ,2022/9/21 (2022/9/20-23, 東北大).

  130. 松村 雄大,長谷 栄治,時実 悠,久世 直也,藤方 潤一,岸川 博紀,原口 雅宣,岡村 康弘,梶 貴博,大友 明,菅野 敦史,久武 信太郎,安井 武史,『マイクロ光コム注入同期CWレーザーを用いたオール光型THz検出(1) ~電気光学ポリマー・デバイスを用いた変調サイドバンドの光スペクトル計測~』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21p-A202-9 ,2022/9/21 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    松村 雄大,長谷 栄治,時実 悠,久世 直也,藤方 潤一,岸川 博紀,原口 雅宣,岡村 康弘,梶 貴博,大友 明,菅野 敦史,久武 信太郎,安井 武史,『マイクロ光コム注入同期CWレーザーを用いたオール光型THz検出(1) ~電気光学ポリマー・デバイスを用いた変調サイドバンドの光スペクトル計測~』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21p-A202-9 ,2022/9/21 (2022/9/20-23, 東北大).

  131. 長谷 栄治,南川 丈夫,時実 悠,安井 武史,『ブリルアン・ラマン散乱顕微鏡を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患における脂質の分子物性解析(1) ~ブリルアン散乱顕微鏡の構築と肝組織のブリルアンイメージング~』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21p-P03-5 ,2022/9/21 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    長谷 栄治,南川 丈夫,時実 悠,安井 武史,『ブリルアン・ラマン散乱顕微鏡を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患における脂質の分子物性解析(1) ~ブリルアン散乱顕微鏡の構築と肝組織のブリルアンイメージング~』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21p-P03-5 ,2022/9/21 (2022/9/20-23, 東北大).

  132. 福田 龍弥,加藤 遼,田中 拓男,矢野 隆章,『レーザーアニーリングを用いたMie共鳴ナノ構造の作製と蛍光増強分光への応用』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 23a-A101-8,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    福田 龍弥,加藤 遼,田中 拓男,矢野 隆章,『レーザーアニーリングを用いたMie共鳴ナノ構造の作製と蛍光増強分光への応用』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 23a-A101-8,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).

  133. 片山 哲郎、『フェムト秒顕微過渡吸収測定法を用いた有機無機ハロゲン化鉛ペロブスカイト単一微結晶中の自然放出光増幅ダイナミクスの解明』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21p-B101-2,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    片山 哲郎、『フェムト秒顕微過渡吸収測定法を用いた有機無機ハロゲン化鉛ペロブスカイト単一微結晶中の自然放出光増幅ダイナミクスの解明』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 21p-B101-2,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).

  134. 谷口 元基,本田 剛士,柳谷 伸一郎,髙成 広起,南 康夫,中村 信元,三木 浩和,安倍 正博,坂東 良美,常山 幸一、『 ALアミロイドーシス無染色標本のラマン分光顕微観察』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-12,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    谷口 元基,本田 剛士,柳谷 伸一郎,髙成 広起,南 康夫,中村 信元,三木 浩和,安倍 正博,坂東 良美,常山 幸一、『 ALアミロイドーシス無染色標本のラマン分光顕微観察』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-12,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).

  135. 北濱 弘暉,江本 顕雄,鈴木 昭浩,越智 厚雄,南川 丈夫,中村 怜,安井 武史、『各種紫外光源の発光スペクトルに基づく殺菌効果推定手順の検討』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-5 ,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    北濱 弘暉,江本 顕雄,鈴木 昭浩,越智 厚雄,南川 丈夫,中村 怜,安井 武史、『各種紫外光源の発光スペクトルに基づく殺菌効果推定手順の検討』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-5 ,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).

  136. 忠政 飛太,南川 丈夫,鈴木 昭弘,安井 武史,『脂肪酸投与により細胞内に形成された脂肪滴のラマン分光解析』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-6 ,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    忠政 飛太,南川 丈夫,鈴木 昭弘,安井 武史,『脂肪酸投与により細胞内に形成された脂肪滴のラマン分光解析』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-6 ,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).

  137. 堀 広志郎,南川 丈夫,寺尾 圭貴,獅々堀 正幹,安井 武史,『SVMを用いたラマンスペクトル解析法による末梢神経の選択的判別と判別根拠解明』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-7 ,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    堀 広志郎,南川 丈夫,寺尾 圭貴,獅々堀 正幹,安井 武史,『SVMを用いたラマンスペクトル解析法による末梢神経の選択的判別と判別根拠解明』,第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-7 ,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).

  138. 大西 湧太郎,南川 丈夫,是澤 秀紀,忠政 飛太,清水 真祐子,森本 友樹,長谷 栄治,安井 武史,常山 幸一,『ラマン顕微鏡を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴サイズと脂質分子物性の関係解析』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-8 ,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).
    • 国内学会

    大西 湧太郎,南川 丈夫,是澤 秀紀,忠政 飛太,清水 真祐子,森本 友樹,長谷 栄治,安井 武史,常山 幸一,『ラマン顕微鏡を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴サイズと脂質分子物性の関係解析』, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-8 ,2022/9/20 (2022/9/20-23, 東北大).

  139. 【9/18開催】医光/医工融合プログラムキックオフシンポジウムを開催します
    • イベント

    <オンライン開催に変更します>【9/18開催】医光/医工融合プログラムキックオフシンポジウムを開催します

  140. 徳島大学理工学部理工学科「医光/医工融合プログラム」の公式ホームページが開設されました。
    • ニュース

    徳島大学理工学部理工学科「医光/医工融合プログラム」の公式ホームページが開設されました。

  141. K. Sadahiro, Y.Tokizane, E. Hase, T. Minamikawa, I. Morohashi, and T. Yasui,”Wavelength-scanning digital holography based on line-by-line spectrally shaping optical frequency comb”,25th Congress of the International Commission for Optics(ICO-25),SPIE Student Paper Prize (ICO-25),2022/9/10
    • 受賞

    K. Sadahiro, Y.Tokizane, E. Hase, T. Minamikawa, I. Morohashi, and T. Yasui,”Wavelength-scanning digital holography based on line-by-line spectrally shaping optical frequency comb”,25th Congress of the International Commission for Optics(ICO-25),SPIE Student Paper Prize (ICO-25),2022/9/10

  142. 【開催中止】第20回 社会産業理工学研究交流会にポストLEDフォトニクス研究所が出展します
    • イベント

    【開催中止】第20回 社会産業理工学研究交流会にポストLEDフォトニクス研究所が出展します

  143. K. Sadahiro, Y.Tokizane, E. Hase, T. Minamikawa, I. Morohashi, and T. Yasui, “Wavelength-scanning digital holography based on line-by-line spectrally shaping,” in 25th Congress of the International Commission for Optics (ICO-25) , PO-33/in person, Sep. 7, 2022 (Sep. 5-9, 2022/Dresden, Germany)
    • 国際会議論文

    K. Sadahiro, Y.Tokizane, E. Hase, T. Minamikawa, I. Morohashi, and T. Yasui, “Wavelength-scanning digital holography based on line-by-line spectrally shaping,” in 25th Congress of the International Commission for Optics (ICO-25) , PO-33/in person, Sep. 7, 2022 (Sep. 5-9, 2022/Dresden, Germany)

  144. H. Koresawa, E. Hase, Y. Tokizane, T. Minamikawa, and T. Yasui, “Measurement of Jones-matrix using dual-comb spectroscopic polarimetry,” in 25th Congress of the International Commission for Optics (ICO-25) , PO-24/in person, Sep. 7, 2022 (Sep. 5-9, 2022/Dresden, Germany)
    • 国際会議論文

    H. Koresawa, E. Hase, Y. Tokizane, T. Minamikawa, and T. Yasui, “Measurement of Jones-matrix using dual-comb spectroscopic polarimetry,” in 25th Congress of the International Commission for Optics (ICO-25) , PO-24/in person, Sep. 7, 2022 (Sep. 5-9, 2022/Dresden, Germany)

  145. センサイトWEBジャーナルに、記事が掲載されました。
    • ニュース

    センサイトWEBジャーナルに、記事が掲載されました。

  146. 南川丈夫, 原田義規, 高松哲郎, 森本幸裕, 川崎昌博, 川崎三津夫、『リモートプラズモニック光増強ラマン分光法による生体組織イメージング』, レーザー学会第566回研究会, (2022/9/2, 富山).
    • 招待講演

    南川丈夫, 原田義規, 高松哲郎, 森本幸裕, 川崎昌博, 川崎三津夫、『リモートプラズモニック光増強ラマン分光法による生体組織イメージング』, レーザー学会第566回研究会, (2022/9/2, 富山).

  147. Naoya Kuse*, Kenji Nishimoto, Yu Tokizane, Shota Okada, Gabriele Navickaite, Michael Geiselmann, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui, “Low Phase Noise THz Generation from a Fiber-Referenced Microresonator Soliton Comb”, 2022 URSI-Japan Radio Science Meeting (URSI-JRSM 2022), Sep. 2nd. 2022.
    • 国際会議論文

    Naoya Kuse*, Kenji Nishimoto, Yu Tokizane, Shota Okada, Gabriele Navickaite, Michael Geiselmann, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui, “Low Phase Noise THz Generation from a Fiber-Referenced Microresonator Soliton Comb”, 2022 URSI-Japan Radio Science Meeting (URSI-JRSM 2022), Sep. 2nd. 2022.

  148. 【8/21開催】ひらめき★ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ 『金や銀のステンドグラスから学ぶナノの世界』を開催しました
    • イベント
    • 報告

    【8/21開催】ひらめき★ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~
    『金や銀のステンドグラスから学ぶナノの世界』を開催しました

  149. S. Okada, K. Nishimoto, Y. Tokizane, N. Kuse, and T. Yasui, “Comparison of phase noise between mode spacing in soliton microcomb and THz radiation generated by optical-to-THz conversion of microcomb,” in 47th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz2022), We-AM-1-2/in person, Aug. 31, 2022 (Aug. 28 – Sep. 2, 2022/Delft, Netherlands)
    • 国際会議論文

    S. Okada, K. Nishimoto, Y. Tokizane, N. Kuse, and T. Yasui, “Comparison of phase noise between mode spacing in soliton microcomb and THz radiation generated by optical-to-THz conversion of microcomb,” in 47th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz2022), We-AM-1-2/in person, Aug. 31, 2022 (Aug. 28 – Sep. 2, 2022/Delft, Netherlands)

  150. S. Okada, K. Nishimato, Y. Tokizane, H. Kishikawa, Y. Okamura, N. Kuse, and T. Yasui, “Basic study on THz wireless communication using Kerr mcro-resonator frequency combs,” in 47th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz2022), Mo-P-18, Aug. 29, 2022 (Aug. 28 – Sep. 2, 2022/Delft Netherlands)
    • 国際会議論文

    S. Okada, K. Nishimato, Y. Tokizane, H. Kishikawa, Y. Okamura, N. Kuse, and T. Yasui, “Basic study on THz wireless communication using Kerr mcro-resonator frequency combs,” in 47th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz2022), Mo-P-18, Aug. 29, 2022 (Aug. 28 – Sep. 2, 2022/Delft Netherlands)

  151. 【10/7開催】IEEE Metro Area Workshop 2022 in Tokushimaで安井最高研究責任者が講演します
    • イベント

    【10/7開催】IEEE Metro Area Workshop 2022 in Tokushimaで安井最高研究責任者が講演します

  152. 安井 武史 : スキャンレス共焦点デュアル光コム顕微鏡, 月刊 オプトロニクス, Vol.41, No.8, 90-95, 2022年8月.
    • 総説・解説

    安井 武史 : スキャンレス共焦点デュアル光コム顕微鏡, 月刊 オプトロニクス, Vol.41, No.8, 90-95, 2022年8月.

  153. 月刊OPTRONICS(2022年8月号)に、安井武史教授の記事が掲載されました
    • ニュース

    月刊OPTRONICS(2022年8月号)に、安井武史教授の記事が掲載されました

  154. Takeo Minamikawa, “(Invited) Inactivation of novel coronavirus by deep UV light”, RadTech Asia 2022, Ibaraki, August 23-26 (2022).
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Takeo Minamikawa, “(Invited) Inactivation of novel coronavirus by deep UV light”, RadTech Asia 2022, Ibaraki, August 23-26 (2022).

  155. Takeo Minamikawa, “(Invited) Inactivation of novel coronavirus by deep UV light”, RadTech Asia 2022, Ibaraki, August 23-26 (2022).
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Takeo Minamikawa, “(Invited) Inactivation of novel coronavirus by deep UV light”, RadTech Asia 2022, Ibaraki, August 23-26 (2022).

  156. 【7/16開催】光SDGsアカデミックカフェを開催しました
    • イベント
    • 報告

    【7/16開催】光SDGsアカデミックカフェを開催しました

  157. 【7/20-8/31】 『科学体験フェスティバル in 徳島』に岸川准教授が参加します!
    • イベント

    【7/20-8/31】 『科学体験フェスティバル in 徳島』に岸川准教授が参加します!

  158. Shogo Miyamura, Ryo Oe, Taira Kajisa, Yu Tokizane, Takeo Minamikawa, Shuji Taue, Takeshi Yasui,”Active-dummy compensation of temperature drift in refractive-index-sensing optical comb by use of mechanically-sharing dual-comb configuration” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CTh6-08, Aug.4, 2023.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Shogo Miyamura, Ryo Oe, Taira Kajisa, Yu Tokizane, Takeo Minamikawa, Shuji Taue, Takeshi Yasui,”Active-dummy compensation of temperature drift in refractive-index-sensing optical comb by use of mechanically-sharing dual-comb configuration” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CTh6-08, Aug.4, 2023.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  159. Hidenori Koresawa, Eiji Hase, Yu Tokizane, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui”Combination of Dual-Comb Spectroscopy with Jones-Matrix Polarimetry” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CTh6-09, Aug.4, 2023.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Hidenori Koresawa, Eiji Hase, Yu Tokizane, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui”Combination of Dual-Comb Spectroscopy with Jones-Matrix Polarimetry” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CTh6-09, Aug.4, 2023.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  160. Hayata Tadamasa, Takeo Minamikawa, Yoshiki Terao, Koshirou Hori, Takeshi Yasu,”PCA and Raman spectroscopy for discrimination of biological tissues and estimation of the basis for discrimination” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CThA15E-02, Aug.4, 2023.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Hayata Tadamasa, Takeo Minamikawa, Yoshiki Terao, Koshirou Hori, Takeshi Yasu,”PCA and Raman spectroscopy for discrimination of biological tissues and estimation of the basis for discrimination” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CThA15E-02, Aug.4, 2023.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  161. Kei Maruyama, Yu Tokizane, Akira Emoto”Optical birefringence arrangements using molecular diffusions under photopolymerization”15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), OThP2A-06, Aug.4, 2023.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Kei Maruyama, Yu Tokizane, Akira Emoto”Optical birefringence arrangements using molecular diffusions under photopolymerization”15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), OThP2A-06, Aug.4, 2023.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  162. K. Sadahiro, Y. Tokizane, E. Hase, T. Minamikawa, and T. Yasui, ”Development of mode-extracting optical frequency comb for rapid wavelength-scanning digital holography,” in 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), Technical Digest, P-CTh6-10/in person, Aug. 4, 2022 (July 31 – Aug. 5, 2022/Sapporo, Japan).
    • 国際会議論文

    K. Sadahiro, Y. Tokizane, E. Hase, T. Minamikawa, and T. Yasui, ”Development of mode-extracting optical frequency comb for rapid wavelength-scanning digital holography,” in 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), Technical Digest, P-CTh6-10/in person, Aug. 4, 2022 (July 31 – Aug. 5, 2022/Sapporo, Japan).

  163. Tomoki Sakuma, Shiyoshi Yokoyama, Junichi Fujikata,”High Performance Si and InP/EO Polymer Hybrid Optical Modulators for Data Communication and Computing” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CWP12A-02, Aug.3, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Tomoki Sakuma, Shiyoshi Yokoyama, Junichi Fujikata,”High Performance Si and InP/EO Polymer Hybrid Optical Modulators for Data Communication and Computing” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CWP12A-02, Aug.3, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  164. Jiajie Li, Akifumi Asahara, Haochen Tian, Kazumichi Yoshii, Takashi Kato, Yoshiaki Nakajima, Kaoru Minoshima,”Mid-infrared Dual-comb Spectroscopy using Bidirectional Dual-comb Fiber Laser for Greenhouse N2O Gas Detection” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuP6B-07, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Jiajie Li, Akifumi Asahara, Haochen Tian, Kazumichi Yoshii, Takashi Kato, Yoshiaki Nakajima, Kaoru Minoshima,”Mid-infrared Dual-comb Spectroscopy using Bidirectional Dual-comb Fiber Laser for Greenhouse N2O Gas Detection” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuP6B-07, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  165. Takuo Tanaka,”Metamaterial infrared absorber and infrared spectroscopy” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), ITuPH-02, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Takuo Tanaka,”Metamaterial infrared absorber and infrared spectroscopy” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), ITuPH-02, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  166. Ryo Kato, Mitsuhiro Uesugi, Yoshie Komatsu, Fusatoshi Okamoto, Takuo Tanaka, Fumihisa Kitawaki, Taka-aki Yano,”Polymer-Stabilized Silver Nanoparticles for Plasmonic Fluorescence Biosensing” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuA16C-02, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Ryo Kato, Mitsuhiro Uesugi, Yoshie Komatsu, Fusatoshi Okamoto, Takuo Tanaka, Fumihisa Kitawaki, Taka-aki Yano,”Polymer-Stabilized Silver Nanoparticles for Plasmonic Fluorescence Biosensing” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuA16C-02, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  167. Omnia Nawwar, Naoya Kuse,”Photonic Crystal-Based Higher Order Mode Pass Filter” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CTu8-03, Aug.4, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Omnia Nawwar, Naoya Kuse,”Photonic Crystal-Based Higher Order Mode Pass Filter” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CTu8-03, Aug.4, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  168. Kentaro Nagamatsu”Virus inactivation using ultraviolet LEDs ” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuW1-03, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Kentaro Nagamatsu”Virus inactivation using ultraviolet LEDs ” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuW1-03, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  169. Taiga Ishida, Hiroki Kishikawa, Junichi Fujikata,” Modulation Format Conversion From Three BPSK to One 8QAM Based on Coherent Interference and XPM” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuP9F-03, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Taiga Ishida, Hiroki Kishikawa, Junichi Fujikata,” Modulation Format Conversion From Three BPSK to One 8QAM Based on Coherent Interference and XPM” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuP9F-03, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  170. Tomoki Kusaka, Akihiro Furube, Tetsuro Katayama, Hiroki Kishikawa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Junichi Fujikata,”Ultrafast All-Optical Switching with High-Quality Graphene and its Polarization Effect” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuA2D-04, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Tomoki Kusaka, Akihiro Furube, Tetsuro Katayama, Hiroki Kishikawa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Junichi Fujikata,”Ultrafast All-Optical Switching with High-Quality Graphene and its Polarization Effect” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuA2D-04, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  171. Remma Hata, Hiroki Kishikawa, Junichi Fujikata,”Alignment-Insensitive THz-OAM Wave Generator Based on Square Lattice Photonic Crystal” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuP3D-03, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Remma Hata, Hiroki Kishikawa, Junichi Fujikata,”Alignment-Insensitive THz-OAM Wave Generator Based on Square Lattice Photonic Crystal” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), CTuP3D-03, Aug.2, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  172. K. Yoshii, N. Kuse, K. Inoue, R. Mitsumoto, Y. Nakajima, and T. Yasui, and K. Minoshima, ”Generation of a mW-class broadband mid-infrared comb using a waveguide-type PPLN crystal and its application to dual-comb spectroscopy,” in 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), Technical Digest, CTuP6B-06/in person, Aug. 2, 2022 (July 31 – Aug. 5, 2022/Sapporo, Japan).
    • 国際会議論文

    K. Yoshii, N. Kuse, K. Inoue, R. Mitsumoto, Y. Nakajima, and T. Yasui, and K. Minoshima, ”Generation of a mW-class broadband mid-infrared comb using a waveguide-type PPLN crystal and its application to dual-comb spectroscopy,” in 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), Technical Digest, CTuP6B-06/in person, Aug. 2, 2022 (July 31 – Aug. 5, 2022/Sapporo, Japan).

  173. zu Yu Peng, Meng-Ju Yu, Chih-Li Chang, Hao-Yu Lan, Zong-Yi Chiao, Yu-Chia Chen, Ho Wai Howard Lee, Yia-Chung Chang, Shu-Wei Chang, Takuo Tanaka, Vincent Tung, Ho-Hsiu Chou, Yu-Jung Lu,”Plasmon-Enhanced Solar-Driven Hydrogen Evolution Using Plasmonic Metasurface Broadband Absorbers” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CM16-13, Aug.1, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    zu Yu Peng, Meng-Ju Yu, Chih-Li Chang, Hao-Yu Lan, Zong-Yi Chiao, Yu-Chia Chen, Ho Wai Howard Lee, Yia-Chung Chang, Shu-Wei Chang, Takuo Tanaka, Vincent Tung, Ho-Hsiu Chou, Yu-Jung Lu,”Plasmon-Enhanced Solar-Driven Hydrogen Evolution Using Plasmonic Metasurface Broadband Absorbers” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CM16-13, Aug.1, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  174. Shota Okada, Kenji Nishimoto, Yu Tokizane, Naoya Kuse, Takeshi Yasui “Phase noise of THz wave generated by a combination of microresonator soliton comb with uni-traveling-carrier photodiode” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CM3-03, Aug.1, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).
    • 国際会議論文

    Shota Okada, Kenji Nishimoto, Yu Tokizane, Naoya Kuse, Takeshi Yasui “Phase noise of THz wave generated by a combination of microresonator soliton comb with uni-traveling-carrier photodiode” 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO-PR2022), P-CM3-03, Aug.1, 2022.(31 Jul–5 Aug, 2022/Sapporo Japan).

  175. 【ひかりリカレント】「次世代光講座2022」を開催します
    • イベント

    【ひかりリカレント】「次世代光講座2022」を開催します

  176. 【6/30開催】城南高校にて出前授業を開催しました
    • 報告
    • イベント

    【6/30開催】城南高校にて出前授業を開催しました

  177. 安井 武史 : 光コムの光/電気周波数変換を用いたファイバー・センシング, 次世代センサ, Vol.32, No.1, 6-9, 2022年8月.
    • 総説・解説

    安井 武史 : 光コムの光/電気周波数変換を用いたファイバー・センシング, 次世代センサ, Vol.32, No.1, 6-9, 2022年8月.

  178. 次世代センサ(2022年7月号)に、安井武史教授の記事が掲載されました。
    • ニュース

    次世代センサ(2022年7月号)に、安井武史教授の記事が掲載されました。

  179. Takeo Minamikawa, “Optical-frequency-comb microscopy for imaging with amplitude and phase of light wave,”25th Congress of the International Commission for Optics (ICO-25), 16th International Conference on Optics Within Life Sciences (OWLS-16), (Sep.5-9, 2022/Dresden, Germany/Online).
    • 招待講演

    Takeo Minamikawa, “Optical-frequency-comb microscopy for imaging with amplitude and phase of light wave,”25th Congress of the International Commission for Optics (ICO-25), 16th International Conference on Optics Within Life Sciences (OWLS-16), (Sep.5-9, 2022/Dresden, Germany/Online).

  180. Taka-aki Yano, “Plasmonic nano-spectroscopy of single biomolecular dynamics,” in SPIE Optics + Photonics 2022 (August, July 21-25, 2022/San Diego).
    • 招待講演

    Taka-aki Yano, “Plasmonic nano-spectroscopy of single biomolecular dynamics,” in SPIE Optics + Photonics 2022 (August, July 21-25, 2022/San Diego).

  181. Taka-aki Yano, Ryo Kato and Takuo Tanaka, “Active plasmonic vibrational spectroscopy of single-molecular chemical reactions,” in SPIE Optics + Photonics 2022 (August, July 21-25, 2022/San Diego).
    • 招待講演

    Taka-aki Yano, Ryo Kato and Takuo Tanaka, “Active plasmonic vibrational spectroscopy of single-molecular chemical reactions,” in SPIE Optics + Photonics 2022 (August, July 21-25, 2022/San Diego).

  182. 安井 武史、『光コムのバイオセンシング応用』、第4回光・レーザー関西2022(2022/7/20、マイドーム大阪)
    • 招待講演

    安井 武史、『光コムのバイオセンシング応用』、第4回光・レーザー関西2022(2022/7/20、マイドーム大阪)

  183. 【6/22-24開催】機械要素技術展(M-Tech)の開催報告概要が掲載されました
    • 報告
    • イベント

    【6/22-24開催】機械要素技術展(M-Tech)の開催報告概要が掲載されました

  184. Taka-aki Yano, “Plasmonic vibrational nanoscopy of single biomolecular dynamics,” in 12th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (META2022) (Jul.19–22, 2022/Torremolinos, Spain).
    • 招待講演

    Taka-aki Yano, “Plasmonic vibrational nanoscopy of single biomolecular dynamics,” in 12th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (META2022) (Jul.19–22, 2022/Torremolinos, Spain).

  185. 【プレスリリース】長時間・大面積の超解像ラマンイメージングを実現 ~電子デバイス材料の評価や生体分子観察への応用に期待〜
    • プレスリリース
    • 論文発表

    【プレスリリース】長時間・大面積の超解像ラマンイメージングを実現 ~電子デバイス材料の評価や生体分子観察への応用に期待〜

  186. Ryo Kato, Toki Moriyama, Takayuki Umakoshi, Taka-aki Yano and Prabhat Verma , Ultrastable tip-enhanced hyperspectral optical nano-imaging for defect analysis of large-sized WS2 layers, Science Advances, Vol.8, No.28, (2022).
    • 原著論文

    Ryo Kato, Toki Moriyama, Takayuki Umakoshi, Taka-aki Yano and Prabhat Verma , Ultrastable tip-enhanced hyperspectral optical nano-imaging for defect analysis of large-sized WS2 layers, Science Advances, Vol.8, No.28, (2022).

  187. 令和4年度「地域産業人材育成講座」講座を開催します
    • イベント

    令和4年度「地域産業人材育成講座」講座を開催します

  188. K. Seki, H. Koresawa, E. Hase, Y. Tokizane, T. Minamikawa, T. Yano, T. Kajisa, and T. Yasui, “Beam-angle-scanning surface plasmon resonance sensor,” in Optica Imaging and Applied Optics Congress 2022, Technical Digest, JTu2A.6, July 12, 2022 (July 11 – 15, 2022/Vancouver, Canada)
    • 国際会議論文

    K. Seki, H. Koresawa, E. Hase, Y. Tokizane, T. Minamikawa, T. Yano, T. Kajisa, and T. Yasui, “Beam-angle-scanning surface plasmon resonance sensor,” in Optica Imaging and Applied Optics Congress 2022, Technical Digest, JTu2A.6, July 12, 2022 (July 11 – 15, 2022/Vancouver, Canada)

  189. 【7/17(日)15:50-16:40】NAC2022の市民フォーラムで原口副研究責任者が講演します
    • イベント

    【7/17(日)15:50-16:40】NAC2022の市民フォーラムで原口副研究責任者が講演します

  190. 第83回応用物理学会秋季学術講演会で当研究所から発表予定
    • ニュース

    第83回応用物理学会秋季学術講演会で当研究所から発表予定

  191. International Workshop on Nitride semiconductors 2022で当研究所から4件発表
    • ニュース

    International Workshop on Nitride semiconductors 2022で当研究所から4件発表

  192. 納谷 友希, 髙成 広起 : 画像処理・画像解析による医療支援 ~内視鏡と画像強調解析における画像センサの役割~(2), センサイトWEBジャーナル, 2022年6月号, 2022年6月.
    • 総説・解説

    納谷 友希, 髙成 広起 : 画像処理・画像解析による医療支援 ~内視鏡と画像強調解析における画像センサの役割~(2), センサイトWEBジャーナル, 2022年6月号, 2022年6月.

  193. 納谷 友希, 髙成 広起 : 画像処理・画像解析による医療支援 ~内視鏡と画像強調解析における画像センサの役割~(1), センサイトWEBジャーナル, 2022年6月号, 2022年6月.
    • 総説・解説

    納谷 友希, 髙成 広起 : 画像処理・画像解析による医療支援 ~内視鏡と画像強調解析における画像センサの役割~(1), センサイトWEBジャーナル, 2022年6月号, 2022年6月.

  194. Ryo Kato, Mitsuhiro Uesugi, Yoshie Komatsu, Fusatoshi Okamoto, Takuo Tanaka, fumihisa Kitawaki and Taka-aki Yano, “Highly Stable Polymer Coating on Silver Nanoparticles for Efficient Plasmonic Enhancement of Fluorescence,”ACS Omega, 4286-4292, (2022).
    • 原著論文

    Ryo Kato, Mitsuhiro Uesugi, Yoshie Komatsu, Fusatoshi Okamoto, Takuo Tanaka, fumihisa Kitawaki and Taka-aki Yano, “Highly Stable Polymer Coating on Silver Nanoparticles for Efficient Plasmonic Enhancement of Fluorescence,”ACS Omega, 4286-4292, (2022).

  195. 【7/9・10開催】ポストLEDフォトニクス研究所が「夢ナビライブ2022 in Summer」に参加します
    • イベント

    【7/9・10開催】ポストLEDフォトニクス研究所が「夢ナビライブ2022 in Summer」に参加します

  196. 加藤 遼 : 公益財団法人村田学術振興財団, 2022年度研究助成・自然科学, 探針増強振動分光計測による材料認識ペプチドの吸着機構の解明, 2022年7月~2023年6月.
    • 予算

    加藤 遼 : 公益財団法人村田学術振興財団, 2022年度研究助成・自然科学, 探針増強振動分光計測による材料認識ペプチドの吸着機構の解明, 2022年7月~2023年6月.

  197. 安井 武史,『デュアルTHzコム分光法』,マクロ固体フォトニクス研究会/第5回 レーザー学会「小型集積レーザー」専門委員会/第5回 科学技術イ交流財団「ジャイアント・マイクロフォトニクス」研究会,「光コムの最先端研究と小型集積レーザーの接点」(2022/6/30、分子研 ハイブリッド)
    • 招待講演

    安井 武史,『デュアルTHzコム分光法』,マクロ固体フォトニクス研究会/第5回 レーザー学会「小型集積レーザー」専門委員会/第5回 科学技術イ交流財団「ジャイアント・マイクロフォトニクス」研究会,「光コムの最先端研究と小型集積レーザーの接点」(2022/6/30、分子研 ハイブリッド)

  198. Taka-aki Yano, Ryo Kato and Takuo Tanaka, “All-dielectric metamaterial reflectors for highly-sensitive infrared spectroscopy,”A3 Metamaterials Forum (Jun,27-29, 2022/Seoul, Korea).
    • 招待講演

    Taka-aki Yano, Ryo Kato and Takuo Tanaka, “All-dielectric metamaterial reflectors for highly-sensitive infrared spectroscopy,”A3 Metamaterials Forum (Jun,27-29, 2022/Seoul, Korea).

  199. 佐藤 克也, 南川 丈夫, 安井 武史, 『微振動刺激下における培養骨芽細胞産生基質のラマン分光法計測』, 日本機械学会第34回バイオエンジニアリング講演会, 1P1-01(2022/6/25-26, 福岡国際会議場).
    • 国内学会

    佐藤 克也, 南川 丈夫, 安井 武史, 『微振動刺激下における培養骨芽細胞産生基質のラマン分光法計測』, 日本機械学会第34回バイオエンジニアリング講演会, 1P1-01(2022/6/25-26, 福岡国際会議場).

  200. 【7/16(日)13:00-】光SDGsアカデミックカフェを開催します!
    • イベント

    【7/16(日)13:00-】光SDGsアカデミックカフェを開催します!

  201. 公募情報:特任助教1名(8/5〆切)
    • 公募

    公募情報:特任助教1名(8/5〆切)

  202. CLEO-PRで当研究所から17件発表予定
    • 論文発表

    CLEO-PRで当研究所から17件発表予定

  203. 山口堅三准教授が「FOOMA AP賞 準グランプリ」を受賞
    • ニュース

    山口堅三准教授が「FOOMA AP賞 準グランプリ」を受賞

  204. 山口堅三, 『食品ロスゼロ社会を目指す光異物検査技術』,FOOMA JAPAN2022(アカデミックプラザ2022),  (2022/06/09)
    • 国内学会

    山口堅三, 『食品ロスゼロ社会を目指す光異物検査技術』,FOOMA JAPAN2022(アカデミックプラザ2022), (2022/06/09)

  205. 山口堅三 : FOOMA AP賞 準グランプリ , FOOMA JAPAN 2023, 2022年6月.
    • 受賞

    山口堅三 : FOOMA AP賞 準グランプリ , FOOMA JAPAN 2023, 2022年6月.

  206. 山口 堅三, 大津 朋也, 獅々堀 正幹, 釜野 勝 : 近赤外光と偏光による食品の異物検知とその可視化, クリーンテクノロジー, Vol.32, No.6, 54-58, 2022年6月.
    • 総説・解説

    山口 堅三, 大津 朋也, 獅々堀 正幹, 釜野 勝 : 近赤外光と偏光による食品の異物検知とその可視化, クリーンテクノロジー, Vol.32, No.6, 54-58, 2022年6月.

  207. クリーンテクノロジー(2022年6月号)に山口堅三准教授らの記事が掲載されました。
    • ニュース

    クリーンテクノロジー(2022年6月号)に山口堅三准教授らの記事が掲載されました。

  208. ひらめき★ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~『金や銀のステンドグラスから学ぶナノの世界』を開催します!
    • イベント

    ひらめき★ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~
    『金や銀のステンドグラスから学ぶナノの世界』を開催します!

  209. Kentaro Nagamatsu, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima & Yoshiki Naoi, “Reduction of parasitic reaction in high‑temperature AlN growth by jet stream gas flow metal–organic vapor phase epitaxy,”Scientific Reports, 12:7662,1-7,20,10th May 2022.
    • 原著論文

    Kentaro Nagamatsu, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima & Yoshiki Naoi, “Reduction of parasitic reaction in high‑temperature AlN growth by jet stream gas flow metal–organic vapor phase epitaxy,”Scientific Reports, 12:7662,1-7,20,10th May 2022.

  210. Kentaro Nagamatsu, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima & Yoshiki Naoi, “Reduction of parasitic reaction in high‑temperature AlN growth by jet stream gas flow metal–organic vapor phase epitaxy,”Scientific Reports, 12:7662,1-7,20,10th May 2022.
    • 原著論文

    Kentaro Nagamatsu, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima & Yoshiki Naoi, “Reduction of parasitic reaction in high‑temperature AlN growth by jet stream gas flow metal–organic vapor phase epitaxy,”Scientific Reports, 12:7662,1-7,20,10th May 2022.

  211. 令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰授与式が行われました
    • ニュース

    令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰授与式が行われました

  212. 【6/16(木)12:45-13:10】All about Photonics主催者セミナー「光半導体最新セミナー」に江本 顕雄特任講師が講演します
    • イベント

    【6/16(木)12:45-13:10】All about Photonics主催者セミナー「光半導体最新セミナー」に江本 顕雄特任講師が講演します

  213. 【6/15-6/17開催】Inter Optoに出展
    • イベント

    【6/15-6/17開催】Inter Optoに出展

  214. 【6/22-24開催】機械要素技術展(M-Tech)に出展
    • イベント

    【6/22-24開催】機械要素技術展(M-Tech)に出展

  215. S. Miyamura, R. Oe, T. Kajisa, S. Taue, T. Minamikawa, Y. Nakajima, K. Minoshima, and T. Yasui, “Reduction of temperature frift in tefractive-index-sensing optical frequency comb by mechanical-sharing dual-fiber-cavity configuration,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , JTh3A.26/in person, May 19, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).
    • 国際会議論文

    S. Miyamura, R. Oe, T. Kajisa, S. Taue, T. Minamikawa, Y. Nakajima, K. Minoshima, and T. Yasui, “Reduction of temperature frift in tefractive-index-sensing optical frequency comb by mechanical-sharing dual-fiber-cavity configuration,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , JTh3A.26/in person, May 19, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).

  216. 【6/7-6/10開催】FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)に出展
    • イベント

    【6/7-6/10開催】FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)に出展

  217. N. Kuse, K. Nishimoto, Y. Tokizane, S. Okada, K. Minoshima, and T. Yasui, ”Low noise 560 GHz generation from a fiber-teferenced Kerr microresonator soliton comb”,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , JW3B.1/online, May 18, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).
    • 国際会議論文

    N. Kuse, K. Nishimoto, Y. Tokizane, S. Okada, K. Minoshima, and T. Yasui, ”Low noise 560 GHz generation from a fiber-teferenced Kerr microresonator soliton comb”,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , JW3B.1/online, May 18, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).

  218. Y. Nakajima, T. Yumoto, S. Matsubara, Y. Tokizane, and T. Yasui, “A compact dual-Ccomb fiber laser based on a mechanical sharing cavity configuration,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , JW3B.100/online, May 18, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).
    • 国際会議論文

    Y. Nakajima, T. Yumoto, S. Matsubara, Y. Tokizane, and T. Yasui, “A compact dual-Ccomb fiber laser based on a mechanical sharing cavity configuration,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , JW3B.100/online, May 18, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).

  219. Y. Tokizane Y. Okamura, H. Kishikawa, N. Kuse, T. Yasui, “THz-wave generation and modulation for wireless communication using mIcro soliton comb,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , AW5L.2/in person, May 18, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).
    • 国際会議論文

    Y. Tokizane Y. Okamura, H. Kishikawa, N. Kuse, T. Yasui, “THz-wave generation and modulation for wireless communication using mIcro soliton comb,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , AW5L.2/in person, May 18, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).

  220. K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, “Thermal control of Kerr microresonator soliton comb via an optical sideband,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , STu1C.7/online, May 17, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).
    • 国際会議論文

    K. Nishimoto, K. Minoshima, T. Yasui, and N. Kuse, “Thermal control of Kerr microresonator soliton comb via an optical sideband,” in Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) 2022, Technical Digest , STu1C.7/online, May 17, 2022 (May 15-20, 2022/hybrid).

  221. MIYAMURA Shogo, Ryo Oe, Takuya Nakahara, Shota Okada, Taira Kajisa, Shuji Taue, Yu Tokizane, Takeo Minamikawa, Taka-aki Yano, Kunihiro Otsuka, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Koji Yasutomo and Takeshi Yasui, “Dual-Comb Biosensing for Rapid Detection of SARS-CoV-2”, Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO2022), JTh6A.6, (May 15-20, 2022/hybrid).
    • 国際会議論文

    MIYAMURA Shogo, Ryo Oe, Takuya Nakahara, Shota Okada, Taira Kajisa, Shuji Taue, Yu Tokizane, Takeo Minamikawa, Taka-aki Yano, Kunihiro Otsuka, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Koji Yasutomo and Takeshi Yasui, “Dual-Comb Biosensing for Rapid Detection of SARS-CoV-2”, Conference on Lasers and Electro-Optics 2022 (CLEO2022), JTh6A.6, (May 15-20, 2022/hybrid).

  222. Takeo Minamikawa, “Quantitative evaluation of SARS-CoV-2 inactivation using DUV-LEDs,”International Conference on Electronics Packaging (ICEP 2022), (May 11-14, 2022/Sapporo).
    • 国際会議論文
    • 招待講演

    Takeo Minamikawa, “Quantitative evaluation of SARS-CoV-2 inactivation using DUV-LEDs,”International Conference on Electronics Packaging (ICEP 2022), (May 11-14, 2022/Sapporo).

  223. Kentaro Nagamatsu, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima and Yoshiki Naoi , Reduction of parasitic reaction in high temperature AlN growth by jet stream gas flow metal organic vapor phase epitaxy, Scientific Reports, Vol.12, 7662, (2022).
    • 原著論文

    Kentaro Nagamatsu, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima and Yoshiki Naoi , Reduction of parasitic reaction in high temperature AlN growth by jet stream gas flow metal organic vapor phase epitaxy, Scientific Reports, Vol.12, 7662, (2022).

  224. CLEO 2022のPostdeadline Paperに講演が採択されました
    • ニュース

    CLEO 2022のPostdeadline Paperに講演が採択されました

  225. 【プレスリリース】資生堂との共同研究成果
    • プレスリリース
    • 論文発表

    【プレスリリース】資生堂との共同研究成果

  226. 南川 丈夫、『深紫外光を用いた新型コロナウイルスの不活化』, OPIE’22, (2022/4/22, パシフィコ横浜).
    • 招待講演

    南川 丈夫、『深紫外光を用いた新型コロナウイルスの不活化』, OPIE’22, (2022/4/22, パシフィコ横浜).

  227. 2021年度11月~2月にかけてバイオデザイン・アドバンスコース「ニーズフェーズを学ぶ」全4回開催
    • バイオデザイン
    • 報告
    • イベント

    2021年度11月~2月にかけてバイオデザイン・アドバンスコース「ニーズフェーズを学ぶ」全4回開催

  228. Yu Tokizane, Okada Shota, Yasuhiro Okamura, Hiroki Kishikawa, Naoya Kuse and Takeshi Yasui ,”Investigation of THz-wave generation using micro-resonator frequency comb with spontaneous amplified emission”, The 11th Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS2022), ALPSp-28,Apr.18 2022.(Apr. 18-21, 2022/Yokohama, Japan/Online).
    • 国際会議論文

    Yu Tokizane, Okada Shota, Yasuhiro Okamura, Hiroki Kishikawa, Naoya Kuse and Takeshi Yasui ,”Investigation of THz-wave generation using micro-resonator frequency comb with spontaneous amplified emission”, The 11th Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS2022), ALPSp-28,Apr.18 2022.(Apr. 18-21, 2022/Yokohama, Japan/Online).

  229. 南川 丈夫: 若手科学者賞, 令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰, 2022年4月.
    • 受賞

    南川 丈夫: 若手科学者賞, 令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰, 2022年4月.

  230. 安友 康二 : 科学技術賞(研究部門), 令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰, 2022年4月.
    • 受賞

    安友 康二 : 科学技術賞(研究部門), 令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰, 2022年4月.

  231. 安友康二教授と南川丈夫准教授が「文部科学大臣表彰」を受賞
    • ニュース

    安友康二教授と南川丈夫准教授が「文部科学大臣表彰」を受賞

  232. 【2/16開催】富岡西高校で出前授業を開催しました
    • 報告
    • イベント

    【2/16開催】富岡西高校で出前授業を開催しました

  233. 柳谷 伸一郎, 橋本 悟, 南 康夫, 髙成 広起 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C), 光誘起現象を制御した複合ナノ結晶材料の設計と医光応用, 2022年4月〜2025年3月.
    • 予算

    柳谷 伸一郎, 橋本 悟, 南 康夫, 髙成 広起 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C), 光誘起現象を制御した複合ナノ結晶材料の設計と医光応用, 2022年4月〜2025年3月.

  234. 南川 丈夫 : ラマン分光法の病理学への応用~病理学に新しい視点を提供する~, 光アライアンス, Vol.33, No.6, 36-40, 2022年4月.
    • 総説・解説

    南川 丈夫 : ラマン分光法の病理学への応用~病理学に新しい視点を提供する~, 光アライアンス, Vol.33, No.6, 36-40, 2022年4月.

  235. 堤 直人, ボワズ ジャキン, 山口 雅浩, 木梨 憲司, 山本 健詞 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(A), 広視野・大画面での実時間表示を目指したホログラフィ技術の構築, 2022年4月~2025年3月.
    • 予算

    堤 直人, ボワズ ジャキン, 山口 雅浩, 木梨 憲司, 山本 健詞 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(A), 広視野・大画面での実時間表示を目指したホログラフィ技術の構築, 2022年4月~2025年3月.

  236. 河田 佳樹 : 公益財団法人中谷医工計測技術振興財団, 令和4年度調査研究助成, 肺がん病態解析に基づく肺門・縦隔リンパ節転移診断能の調査研究, 2022年4月~2024年3月.
    • 予算

    河田 佳樹 : 公益財団法人中谷医工計測技術振興財団, 令和4年度調査研究助成, 肺がん病態解析に基づく肺門・縦隔リンパ節転移診断能の調査研究, 2022年4月~2024年3月.

  237. 山口 堅三, 大津 朋也, 釜野 勝, 獅々堀 正幹 : 食品ロスゼロ社会を目指す光異物検査技術, FOOMA技術ジャーナル, Vol.16, No.2, 25-32, 2022年3月.
    • 総説・解説

    山口 堅三, 大津 朋也, 釜野 勝, 獅々堀 正幹 : 食品ロスゼロ社会を目指す光異物検査技術, FOOMA技術ジャーナル, Vol.16, No.2, 25-32, 2022年3月.

  238. FOOMA技術ジャーナル(2022年3月号)に、山口堅三准教授らの記事が掲載されました。
    • ニュース

    FOOMA技術ジャーナル(2022年3月号)に、山口堅三准教授らの記事が掲載されました。

  239. レーザー研究(2022年4月号)に、安井武史教授の記事が掲載されました。
    • ニュース

    レーザー研究(2022年4月号)に、安井武史教授の記事が掲載されました。

  240. 光アライアンス(2022年6月号)に、南川丈夫准教授の記事が掲載されました。
    • ニュース

    光アライアンス(2022年6月号)に、南川丈夫准教授の記事が掲載されました。

  241. 加藤 遼 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・若手研究, 探針増強ラマン散乱・赤外吸収計測による生体ダイナミクスの解明, 2022年4月~2024年3月.
    • 予算

    加藤 遼 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・若手研究, 探針増強ラマン散乱・赤外吸収計測による生体ダイナミクスの解明, 2022年4月~2024年3月.

  242. 安井 武史, 久世 直也, 時実 悠, 南川 丈夫, 藤方 潤一, 坂根 亜由子, 加治佐 平, 田上 周路, 松浦 善治 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(A), 光コムの医光融合研究に立脚した新興・再興ウイルスの超高感度・迅速検出, 2022年4月~2025年3月.
    • 予算

    安井 武史, 久世 直也, 時実 悠, 南川 丈夫, 藤方 潤一, 坂根 亜由子, 加治佐 平, 田上 周路, 松浦 善治 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(A), 光コムの医光融合研究に立脚した新興・再興ウイルスの超高感度・迅速検出, 2022年4月~2025年3月.

  243. 永松 謙太郎 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), ジェットエンジン機構を用いた超高温結晶成長220nm波長帯深紫外LEDの開発, 2022年4月~2025年3月.
    • 予算

    永松 謙太郎 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), ジェットエンジン機構を用いた超高温結晶成長220nm波長帯深紫外LEDの開発, 2022年4月~2025年3月.

  244. 片山 哲郎 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・新学術領域研究(研究領域提案型), フェムト秒顕微過渡吸収測定法によるたんぱく質微結晶の非破壊計測とその機構解明, 2022年4月~2024年3月.
    • 予算

    片山 哲郎 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・新学術領域研究(研究領域提案型), フェムト秒顕微過渡吸収測定法によるたんぱく質微結晶の非破壊計測とその機構解明, 2022年4月~2024年3月.

  245. 麻川 明俊, 本同 宏成, 柳谷 伸一郎, 勝野 弘康 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 高分解能で高度なその場観察を駆使した表面融解のパラダイムシフト:氷から有機結晶へ, 2022年4月~2026年3月.
    • 予算

    麻川 明俊, 本同 宏成, 柳谷 伸一郎, 勝野 弘康 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 高分解能で高度なその場観察を駆使した表面融解のパラダイムシフト:氷から有機結晶へ, 2022年4月~2026年3月.

  246. 藤方 潤一 ,岩崎 拓哉 ,石川 靖彦 ,高原 淳一 ,河野 行雄 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 高品質グラフェンとシリコンフォトニクスのヘテロ集積によるTHz-光融合, 2022年4月~2025年3月.
    • 予算

    藤方 潤一 ,岩崎 拓哉 ,石川 靖彦 ,高原 淳一 ,河野 行雄 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B), 高品質グラフェンとシリコンフォトニクスのヘテロ集積によるTHz-光融合, 2022年4月~2025年3月.

  247. 安井 武史 : フォトキャリアテラヘルツコムの応用, レーザー研究, Vol.50, No.4, 193-197, 2022年4月
    • 総説・解説

    安井 武史 : フォトキャリアテラヘルツコムの応用, レーザー研究, Vol.50, No.4, 193-197, 2022年4月

  248. 【10/7-10/8開催】第11回おおた研究・開発フェア Onlineの開催報告概要が掲載されました
    • イベント
    • 報告

    【10/7-10/8開催】第11回おおた研究・開発フェア Onlineの開催報告概要が掲載されました

  249. 関 滉太,是澤 秀紀,長谷 栄治,時実 悠,加治佐 平,南川 丈夫,安井 武史,『近赤外光を用いた高速入射角走査型表面プラズモン共鳴センサーの開発』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26p-E302-9, 2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    関 滉太,是澤 秀紀,長谷 栄治,時実 悠,加治佐 平,南川 丈夫,安井 武史,『近赤外光を用いた高速入射角走査型表面プラズモン共鳴センサーの開発』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26p-E302-9, 2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  250. 貞廣 知輝,時実 悠,長谷 栄治,南川 丈夫,諸橋 功,安井 武史,『光コムを用いた波長走査型デジタル・ホログラフィーに関する基礎研究(2) 〜モード抽出10GHz光コムの基礎検討〜』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26a-E302-7, 2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    貞廣 知輝,時実 悠,長谷 栄治,南川 丈夫,諸橋 功,安井 武史,『光コムを用いた波長走査型デジタル・ホログラフィーに関する基礎研究(2) 〜モード抽出10GHz光コムの基礎検討〜』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26a-E302-7, 2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  251. 忠政 飛太,南川 丈夫,寺尾 圭貴,堀 広志郎,安井 武史,『ラマン散乱分光法とPCAを用いた生体組織判別と判別根拠の推定』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26a-E204-2, 2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    忠政 飛太,南川 丈夫,寺尾 圭貴,堀 広志郎,安井 武史,『ラマン散乱分光法とPCAを用いた生体組織判別と判別根拠の推定』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26a-E204-2, 2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  252. 堀 広志郎,南川 丈夫,寺尾 圭貴,獅々堀 正幹,安井 武史,『 SVMのラマンスペクトルへの応用による末梢神経の選択的判別と判別根拠解明』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26a-E204-1, 2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    堀 広志郎,南川 丈夫,寺尾 圭貴,獅々堀 正幹,安井 武史,『 SVMのラマンスペクトルへの応用による末梢神経の選択的判別と判別根拠解明』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26a-E204-1, 2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  253. 沖村 あかり,加藤 遼,矢野 隆章,田中 拓男、『無機材料認識ペプチド分子のギャップモード探針増強ラマン分光』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26a-E204-3,2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    沖村 あかり,加藤 遼,矢野 隆章,田中 拓男、『無機材料認識ペプチド分子のギャップモード探針増強ラマン分光』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 26a-E204-3,2022/3/26 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  254. 宮川 拓己,津田 翔太,富田 敦之,平山 秀樹,高島 祐介,直井 美貴,永松 謙太郎,『高温有機金属気相成長法におけるAlNの特異的なステップバンチング』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25a-E203-2 ,2022/3/25(2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    宮川 拓己,津田 翔太,富田 敦之,平山 秀樹,高島 祐介,直井 美貴,永松 謙太郎,『高温有機金属気相成長法におけるAlNの特異的なステップバンチング』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25a-E203-2 ,2022/3/25(2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  255. 富田 敦之,津田 翔太,宮川 拓己,平山 秀樹,高島 祐介,直井 美貴,永松 謙太郎,『低オフ角サファイア基板を用いた高温AlN成長におけるV/III比依存性』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25a-E203-3 ,2022/3/25(2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    富田 敦之,津田 翔太,宮川 拓己,平山 秀樹,高島 祐介,直井 美貴,永松 謙太郎,『低オフ角サファイア基板を用いた高温AlN成長におけるV/III比依存性』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25a-E203-3 ,2022/3/25(2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  256. 小倉 有紀,長谷 栄治,南川 丈夫,安井 武史,『偏光分解SHG顕微鏡を用いた目周り皮膚コラーゲンの配向解析』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25p-P08-2, 2022/3/25 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    小倉 有紀,長谷 栄治,南川 丈夫,安井 武史,『偏光分解SHG顕微鏡を用いた目周り皮膚コラーゲンの配向解析』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25p-P08-2, 2022/3/25 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  257. 岡田 昇太,西本 健司,時実 悠,岸川 博紀,岡村 康弘,久世 直也,安井 武史,『マイクロ光コムの光/THz変換を用いたテラヘルツ通信の品質向上についての検討〜前方励起ファイバー光増幅によるASEの抑制〜』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25p-D315-6, 2022/3/25 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    岡田 昇太,西本 健司,時実 悠,岸川 博紀,岡村 康弘,久世 直也,安井 武史,『マイクロ光コムの光/THz変換を用いたテラヘルツ通信の品質向上についての検討〜前方励起ファイバー光増幅によるASEの抑制〜』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25p-D315-6, 2022/3/25 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  258. 梶原 新平,南川 丈夫,大谷 圭史郎,中野 祥太,長谷 栄治,安井 武史,『レーザー走査型光周波数コム顕微鏡による偏光,ToFの定量解析』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25a-E302-6, 2022/3/25 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    梶原 新平,南川 丈夫,大谷 圭史郎,中野 祥太,長谷 栄治,安井 武史,『レーザー走査型光周波数コム顕微鏡による偏光,ToFの定量解析』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25a-E302-6, 2022/3/25 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  259. 水野 孝彦,長谷 栄治,南川 丈夫,時実 悠,麻植 凌,是澤 秀紀,山本 裕紹,安井 武史,『全視野デュアル光コム蛍光寿命顕微鏡の開発』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25a-E302-2、2022/3/25 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 招待講演
    • 国内学会

    水野 孝彦,長谷 栄治,南川 丈夫,時実 悠,麻植 凌,是澤 秀紀,山本 裕紹,安井 武史,『全視野デュアル光コム蛍光寿命顕微鏡の開発』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 25a-E302-2、2022/3/25 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  260. 高島 祐介,永松 謙太郎,原口 雅宣,直井 美貴,『高屈折率を有するTiO2極薄膜を用いた深紫外光吸収体』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 24a-E303-9 ,2022/3/24(2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    高島 祐介,永松 謙太郎,原口 雅宣,直井 美貴,『高屈折率を有するTiO2極薄膜を用いた深紫外光吸収体』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 24a-E303-9 ,2022/3/24(2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  261. 湯本 拓実,松原 伸一,時実 悠,安井 武史,中嶋 善晶,『Micro-optic packageを用いた全偏波保持型デュアルコムファイバレーザーの開発』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 24a-D315-5, 2022/3/24 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    湯本 拓実,松原 伸一,時実 悠,安井 武史,中嶋 善晶,『Micro-optic packageを用いた全偏波保持型デュアルコムファイバレーザーの開発』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 24a-D315-5, 2022/3/24 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  262. 細山田 翔太,九十九 伸一,加治佐 平,安友 康二,安井 武史,『プラズモニクスバイオセンサを用いたエクソソーム中のマイクロRNA断片の超高感度検出』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 24p-E104-2, 2022/3/24 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    細山田 翔太,九十九 伸一,加治佐 平,安友 康二,安井 武史,『プラズモニクスバイオセンサを用いたエクソソーム中のマイクロRNA断片の超高感度検出』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 24p-E104-2, 2022/3/24 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  263. 原 太一,加藤 遼,矢野 隆章,田中 拓男,『中赤外誘電体メタマテリアルの開発と高感度赤外分光への応用』, 第69回応用物理学会春季学術講演会,  (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    原 太一,加藤 遼,矢野 隆章,田中 拓男,『中赤外誘電体メタマテリアルの開発と高感度赤外分光への応用』, 第69回応用物理学会春季学術講演会,  (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  264. Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Mayuko Ichimura-Shimizu, Yuki Morimoto, Akihiro Suzuki, Takeshi Yasui, Satoko Nakamura, Akemi Tsutsui, Koichi Takaguchi, and Koichi Tsuneyama, “Assessment of ultra-early-stage liver fibrosis in human non-alcoholic fatty liver disease by second-harmonic generation microscopy,” International Journal of Molecular Sciences, 23 (6), 3357 (2022).
    • 原著論文

    Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Mayuko Ichimura-Shimizu, Yuki Morimoto, Akihiro Suzuki, Takeshi Yasui, Satoko Nakamura, Akemi Tsutsui, Koichi Takaguchi, and Koichi Tsuneyama, “Assessment of ultra-early-stage liver fibrosis in human non-alcoholic fatty liver disease by second-harmonic generation microscopy,” International Journal of Molecular Sciences, 23 (6), 3357 (2022).

  265. Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Mayuko Ichimura-Shimizu, Yuki Morimoto, Akihiro Suzuki, Takeshi Yasui, Satoko Nakamura, Akemi Tsutsui, Koichi Takaguchi, and Koichi Tsuneyama, “Assessment of ultra-early-stage liver fibrosis in human non-alcoholic fatty liver disease by second-harmonic generation microscopy,” International Journal of Molecular Sciences, 23 (6), 3357 (2022).
    • 原著論文

    Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Mayuko Ichimura-Shimizu, Yuki Morimoto, Akihiro Suzuki, Takeshi Yasui, Satoko Nakamura, Akemi Tsutsui, Koichi Takaguchi, and Koichi Tsuneyama, “Assessment of ultra-early-stage liver fibrosis in human non-alcoholic fatty liver disease by second-harmonic generation microscopy,” International Journal of Molecular Sciences, 23 (6), 3357 (2022).

  266. 関 洋伸,山口 堅三,長谷 栄治,安井 武史,岡本 敏弘,原口 雅宣,『金微粒子を用いた生体コラーゲン第2次高調波増強』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 23p-E303-6, 2022/3/23 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    関 洋伸,山口 堅三,長谷 栄治,安井 武史,岡本 敏弘,原口 雅宣,『金微粒子を用いた生体コラーゲン第2次高調波増強』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 23p-E303-6, 2022/3/23 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  267. 原田 光貴,岡本 敏弘,山口 堅三,原口 雅宣,『グラフェンの非線形光学効果を用いた導波路型光変調器の設計と評価』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 22a-D215-7, 2022/3/22 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    原田 光貴,岡本 敏弘,山口 堅三,原口 雅宣,『グラフェンの非線形光学効果を用いた導波路型光変調器の設計と評価』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 22a-D215-7, 2022/3/22 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  268. 関 洋伸,山口 堅三,長谷 栄治,安井 武史,岡本 敏弘,原口 雅宣,『金微粒子を用いた生体コラーゲン第2次高調波増強の定量特性』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 22p-P01-13, 2022/3/22 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).
    • 国内学会

    関 洋伸,山口 堅三,長谷 栄治,安井 武史,岡本 敏弘,原口 雅宣,『金微粒子を用いた生体コラーゲン第2次高調波増強の定量特性』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 22p-P01-13, 2022/3/22 (2022/3/22-26, 青山学院大学相模原キャンパス).

  269. ⼭⼝ 堅三,渡邉 勇起,岡本 敏弘,原⼝ 雅宣, 『ステンシルリソグラフィー法に回転と勾配を組み合わせたナノディスク/ホールの複合系素子の構造評価』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 22p-P01-9, 2022/03/22 (2022/03/22-26, オンライン).
    • 国内学会

    ⼭⼝ 堅三,渡邉 勇起,岡本 敏弘,原⼝ 雅宣, 『ステンシルリソグラフィー法に回転と勾配を組み合わせたナノディスク/ホールの複合系素子の構造評価』, 第69回応用物理学会春季学術講演会, 22p-P01-9, 2022/03/22 (2022/03/22-26, オンライン).

  270. 検査技術(2022年3月号)に、長谷栄治特任助教らの記事が掲載されました。
    • ニュース

    検査技術(2022年3月号)に、長谷栄治特任助教らの記事が掲載されました。

  271. 長谷 栄治, 南川 丈夫, 水野 孝彦, 安井 武史 : 空間/波長次元変換を用いたワンショット共焦点顕微鏡の高度化~ポスト光増幅による測定の高速化および蛍光イメージングへの応用~, 検査技術, Vol.27, No.3, 1-10, 2022年3月.
    • 総説・解説

    長谷 栄治, 南川 丈夫, 水野 孝彦, 安井 武史 : 空間/波長次元変換を用いたワンショット共焦点顕微鏡の高度化~ポスト光増幅による測定の高速化および蛍光イメージングへの応用~, 検査技術, Vol.27, No.3, 1-10, 2022年3月.

  272. 【3/16-18開催】機械要素技術展(M-Tech)に出展
    • イベント

    【3/16-18開催】機械要素技術展(M-Tech)に出展

  273. Taka-aki Yano, “Plasmonic vibrational nano-spectroscopy of biomolecular dynamics,” Global Nanophotonics 2022, March 14 (March 14-15, 2022/Osaka).
    • 招待講演

    Taka-aki Yano, “Plasmonic vibrational nano-spectroscopy of biomolecular dynamics,” Global Nanophotonics 2022, March 14 (March 14-15, 2022/Osaka).

  274. Hidenori Koresawa, Kota Seki, Tokushima Eiji Hase,Yu Tokizane, Takeo Minamikawa, Taka-aki Yano, Taira Kajisa, and Takeshi Yasui, “Beam-angle-scanning surface plasmon resonance sensor for rapid, high-precision sensing of refractive index and bio-molecules,” Opt. Continuum, Vol. 1, Issue 3, pp. 565-574 (2022).
    • 原著論文

    Hidenori Koresawa, Kota Seki, Tokushima Eiji Hase,Yu Tokizane, Takeo Minamikawa, Taka-aki Yano, Taira Kajisa, and Takeshi Yasui, “Beam-angle-scanning surface plasmon resonance sensor for rapid, high-precision sensing of refractive index and bio-molecules,” Opt. Continuum, Vol. 1, Issue 3, pp. 565-574 (2022).

  275. T. Tanaka, T. Yano, R. Kato “Nanostructure-enhanced infrared spectroscopy,” Nanophotonics, in press, 10.1515/nanoph-2021-0661(2022).
    • 原著論文

    T. Tanaka, T. Yano, R. Kato “Nanostructure-enhanced infrared spectroscopy,” Nanophotonics, in press, 10.1515/nanoph-2021-0661(2022).

  276. R. Kato, T. Yano* and T. Tanaka, “Multi-modal vibrational analysis of blend polymers using mid-infrared photothermal and Raman microscopies,” Vib. Spectro. 118(1), 103333 (2022).
    • 原著論文

    R. Kato, T. Yano* and T. Tanaka, “Multi-modal vibrational analysis of blend polymers using mid-infrared photothermal and Raman microscopies,” Vib. Spectro. 118(1), 103333 (2022).

  277. 矢野隆章, 『徳島の小さな国立大学でLEDの「次」を探索する楽しさ』, シュレディンガーの水曜日(2022/2/9, オンライン)
    • 招待講演

    矢野隆章, 『徳島の小さな国立大学でLEDの「次」を探索する楽しさ』, シュレディンガーの水曜日(2022/2/9, オンライン)

  278. 加藤遼特任研究員らの論文がVibrational Spectroscopyに掲載されました。(題目:Multi-modal vibrational analysis of blend polymers using mid-infrared photothermal and Raman microscopies)
    • 論文発表

    加藤遼特任研究員らの論文がVibrational Spectroscopyに掲載されました。(題目:Multi-modal vibrational analysis of blend polymers using mid-infrared photothermal and Raman microscopies)

  279. 宮村祥吾(指導教員:安井武史教授) : デュアル屈折率センシング光コムを用いた温度補償型屈折率センシング, 論文発表奨励賞,  第42回学術講演会年次大会, 2022年3月.
    • 受賞

    宮村祥吾(指導教員:安井武史教授) : デュアル屈折率センシング光コムを用いた温度補償型屈折率センシング, 論文発表奨励賞, 第42回学術講演会年次大会, 2022年3月.

  280. 徳島大学大学院先端技術科学教育部知的力学システム工学専攻機械創造システム工学コース・宮村祥吾さんがレーザー学会 第42回学術講演会年次大において論文発表奨励賞を受賞
    • ニュース

    徳島大学大学院創成科学研究科理工学専攻機械科学コース2年・貞廣知輝さんが25th Congress of the International Commission for Optics(ICO-25)にて「SPIE Student Paper Prize (ICO-25)」を受賞

  281. 南川丈夫 : ラマン分光スペクトルデータ解析事例集, 技術情報協会, 東京, 2022年2月.
    • 著書

    南川丈夫 : ラマン分光スペクトルデータ解析事例集, 技術情報協会, 東京, 2022年2月.

  282. 日本赤外線学会誌(2022年第31巻)に、安井武史教授の記事が掲載されました。
    • ニュース

    日本赤外線学会誌(2022年第31巻)に、安井武史教授の記事が掲載されました。

  283. 安井 武史 : テラヘルツ離散フーリエ変換分光法, 日本赤外線学会誌, Vol.31, No.2, 29-34, 2022年2月.
    • 総説・解説

    安井 武史 : テラヘルツ離散フーリエ変換分光法, 日本赤外線学会誌, Vol.31, No.2, 29-34, 2022年2月.

  284. レーザー研究(2022年2月号)に、南川丈夫准教授の記事が掲載されました。
    • ニュース

    レーザー研究(2022年2月号)に、南川丈夫准教授の記事が掲載されました。

  285. 南川 丈夫 : ラマン分光法の医学への展開, レーザー研究, Vol.50, No.2, 77-81, 2022年2月.
    • 総説・解説

    南川 丈夫 : ラマン分光法の医学への展開, レーザー研究, Vol.50, No.2, 77-81, 2022年2月.

  286. 電気電子システムコース・津田 翔太さんが修士論文発表会にて「プレゼンテーション賞」を受賞
    • ニュース
    • 報告
    • イベント

    電気電子システムコース・津田 翔太さんが修士論文発表会にて「プレゼンテーション賞」を受賞

  287. Akari Okimura, Ryo Kato, Taka-aki Yano, and Takuo Tanaka, “Tip-enhanced Raman analysis of inorganic-binding peptide molecules,” SPIE Photonics West 2022 On Demand, (Feb. 21-27, 2022/online).
    • 国際会議論文

    Akari Okimura, Ryo Kato, Taka-aki Yano, and Takuo Tanaka, “Tip-enhanced Raman analysis of inorganic-binding peptide molecules,” SPIE Photonics West 2022 On Demand, (Feb. 21-27, 2022/online).

  288. E. Hase and T. Yasui, “Orientation analysis of collagen fibers in skin by using polarization-resolved second-harmonic generation microscopy,” in BiOS2022 in Photonics West 2022, 11934-21, Feb. 21, 2022(Feb. 21-27, 2022/online).
    • 国際会議論文

    E. Hase and T. Yasui, “Orientation analysis of collagen fibers in skin by using polarization-resolved second-harmonic generation microscopy,” in BiOS2022 in Photonics West 2022, 11934-21, Feb. 21, 2022(Feb. 21-27, 2022/online).

  289. Takeo Minamikawa, “Inactivation of novel coronavirus by deep UV light”, in RadTech Asia 2022,  (Aug. 23-26, 2022/Ibaraki, Japan).
    • 招待講演

    Takeo Minamikawa, “Inactivation of novel coronavirus by deep UV light”, in RadTech Asia 2022, (Aug. 23-26, 2022/Ibaraki, Japan).

  290. 【1/14.18開催】徳島科学技術高校にてサイエンスカフェを開催しました
    • 報告
    • イベント

    【1/14.18開催】徳島科学技術高校にてサイエンスカフェを開催しました

  291. Koshirou Hori, Takeo Minamikawa, Yoshiki Terao, Masami Shishibori, and Takeshi Yasui, “Identification of spectral features for selective detection of peripheral nerves by support vector machine-based Raman spectral analysis”, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS2021), San Francisco, California, USA, January 28 – February 2 (2022).
    • 国際会議論文

    Koshirou Hori, Takeo Minamikawa, Yoshiki Terao, Masami Shishibori, and Takeshi Yasui, “Identification of spectral features for selective detection of peripheral nerves by support vector machine-based Raman spectral analysis”, SPIE Photonics West, Biomedical Optics (BiOS2021), San Francisco, California, USA, January 28 – February 2 (2022).

  292. Naoya Mukojima, Masaki Yasugi, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui, and Hirotsugu Yamamoto, “Deep-learning-assisted single-pixel imaging for gesture recognition in consideration of privacy,” IEICE Transactions on Electronics, Vol. E105-C(2), online first (2022).
    • 原著論文

    Naoya Mukojima, Masaki Yasugi, Yasuhiro Mizutani, Takeshi Yasui, and Hirotsugu Yamamoto, “Deep-learning-assisted single-pixel imaging for gesture recognition in consideration of privacy,” IEICE Transactions on Electronics, Vol. E105-C(2), online first (2022).

  293. 【1/9.10開催】『こども光科学教室』~見える?見えない?不思議な光の性質~を開催しました
    • 報告
    • イベント

    【1/9.10開催】『こども光科学教室』~見える?見えない?不思議な光の性質~を開催しました

  294. Yu Tokizane, Takayoshi Yamaguchi, Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Kenzo Yamaguchi, Akihiro Suzuki, Takao Ueda, and Takeshi Yasui, “Ultralow-frequency ultranarrow-bandwidth coherent terahertz imaging for nondestructive testing of mortar material,” Opt. Express, Vol. 30, Issue 3, pp. 4392-4401 (2022).
    • 原著論文

    Yu Tokizane, Takayoshi Yamaguchi, Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Kenzo Yamaguchi, Akihiro Suzuki, Takao Ueda, and Takeshi Yasui, “Ultralow-frequency ultranarrow-bandwidth coherent terahertz imaging for nondestructive testing of mortar material,” Opt. Express, Vol. 30, Issue 3, pp. 4392-4401 (2022).

  295. Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Atsushi Tomita, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “The improvement of crystal orientation in AlN with controlled inversion domain,” Photonics West 2022 , 12001-67, Jan. 26,2022.(Jan. 22-27, 2022/San Francisco).
    • 国際会議論文

    Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Atsushi Tomita, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “The improvement of crystal orientation in AlN with controlled inversion domain,” Photonics West 2022 , 12001-67, Jan. 26,2022.(Jan. 22-27, 2022/San Francisco).

  296. Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Atsushi Tomita, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “Threshold temperature in annihilation radius of dislocation for AlN,” Photonics West 2022, 12001-66, Jan. 26,2022.(Jan. 22-27, 2022/San Francisco).
    • 国際会議論文

    Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Atsushi Tomita, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, Kentaro Nagamatsu, “Threshold temperature in annihilation radius of dislocation for AlN,” Photonics West 2022, 12001-66, Jan. 26,2022.(Jan. 22-27, 2022/San Francisco).

  297. Kentaro Nagamatsu, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, “The reduction of adduct formation during high-temperature growth in AlN by jet gas stream metalorganic vapor phase epitaxy,” Photonics West 2022 , 12001-6, Jan. 24,2022.(Jan. 22-27, 2022/San Francisco).
    • 国際会議論文

    Kentaro Nagamatsu, Shota Tsuda, Takumi Miyagawa, Reiya Aono, Hideki Hirayama, Yuusuke Takashima, Yoshiki Naoi, “The reduction of adduct formation during high-temperature growth in AlN by jet gas stream metalorganic vapor phase epitaxy,” Photonics West 2022 , 12001-6, Jan. 24,2022.(Jan. 22-27, 2022/San Francisco).

  298. Akari Okimura, Ryo Kato, Taka-aki Yano and Takuo Tanaka , “Tip-enhanced Raman analysis of inorganic-binding peptide molecules”,SPIE Photonics West 2022 On Demand, (Jan.22-27, 2022/San Francisco).
    • 国際会議論文

    Akari Okimura, Ryo Kato, Taka-aki Yano and Takuo Tanaka , “Tip-enhanced Raman analysis of inorganic-binding peptide molecules”,SPIE Photonics West 2022 On Demand, (Jan.22-27, 2022/San Francisco).

  299. Ryo Kato, Taka-aki Yano and Takuo Tanaka , “Multimodal vibrational imaging based on mid-infrared photothermal microscopy”, SPIE Photonics West 2022 On Demand, (Jan.22-27, 2022/San Francisco).
    • 国際会議論文

    Ryo Kato, Taka-aki Yano and Takuo Tanaka , “Multimodal vibrational imaging based on mid-infrared photothermal microscopy”, SPIE Photonics West 2022 On Demand, (Jan.22-27, 2022/San Francisco).

  300. Taichi Hara, Ryo Kato, Taka-aki Yano and Takuo Tanaka , “Metasurface-based perfect reflectors for highly-sensitive infrared spectroscopy”, SPIE Photonics West 2022 On Demand, (Jan.22-27, 2022/San Francisco).
    • 国際会議論文

    Taichi Hara, Ryo Kato, Taka-aki Yano and Takuo Tanaka , “Metasurface-based perfect reflectors for highly-sensitive infrared spectroscopy”, SPIE Photonics West 2022 On Demand, (Jan.22-27, 2022/San Francisco).

  301. Taka-aki Yano, Taira Kajisa, Masayuki Ono, Yoshiya Miyasaka, Yuichi Hasegawa, Atsushi Saito, Kunihiro Otsuka, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Koji Yasutomo, Rina Hamajima, Yuta Kanai, Takeshi Kobayashi, Yoshiharu Matsuura, Makoto Itonaga, and Takeshi Yasui, “Ultrasensitive detection of SARS-CoV-2 nucleocapsid protein using large gold nanoparticle-enhanced surface plasmon resonance,” Sci. Rep., Vol. 12, art. 1060 (2022).
    • 原著論文

    Taka-aki Yano, Taira Kajisa, Masayuki Ono, Yoshiya Miyasaka, Yuichi Hasegawa, Atsushi Saito, Kunihiro Otsuka, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Koji Yasutomo, Rina Hamajima, Yuta Kanai, Takeshi Kobayashi, Yoshiharu Matsuura, Makoto Itonaga, and Takeshi Yasui, “Ultrasensitive detection of SARS-CoV-2 nucleocapsid protein using large gold nanoparticle-enhanced surface plasmon resonance,” Sci. Rep., Vol. 12, art. 1060 (2022).

  302. Daisuke Okamoto, Yasuyuki Suzuki, Koichi Takemura, Junichi Fujikata and Takahiro Nakamura , “112 Gb/s PAM-4 Silicon Photonics Receiver Integrated with SiGe-BiCMOS Linear TIA”, IEEE Photonics Technology Letters, Vol.34, No.3, 189-192, (2022).
    • 原著論文

    Daisuke Okamoto, Yasuyuki Suzuki, Koichi Takemura, Junichi Fujikata and Takahiro Nakamura , “112 Gb/s PAM-4 Silicon Photonics Receiver Integrated with SiGe-BiCMOS Linear TIA”, IEEE Photonics Technology Letters, Vol.34, No.3, 189-192, (2022).

  303. Nishimoto Kenji, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui, Naoya Kuse, “Thermal control of a Kerr microresonator soliton comb via an optical sideband”, Optics Letters, Vol.47, No.2, pp.281-284 (2022).
    • 原著論文

    Nishimoto Kenji, Kaoru Minoshima, Takeshi Yasui, Naoya Kuse, “Thermal control of a Kerr microresonator soliton comb via an optical sideband”, Optics Letters, Vol.47, No.2, pp.281-284 (2022).

  304. Naoya Kuse, Kaoru Minoshima, “Amplification and phase noise transfer of a Kerr microresonator soliton comb for low phase noise THz generation with a high signal-to-noise ratio”, Optics Express, Vol.30, No.1, pp.318-325 (2022).
    • 原著論文

    Naoya Kuse, Kaoru Minoshima, “Amplification and phase noise transfer of a Kerr microresonator soliton comb for low phase noise THz generation with a high signal-to-noise ratio”, Optics Express, Vol.30, No.1, pp.318-325 (2022).

  305. 安井 武史, 『Beyond 5G/6Gを見据えた テラヘルツ波の基礎と産業応用指針』, 情報機構セミナー (2022/1/19, ハイブリッド)
    • 招待講演

    安井 武史, 『Beyond 5G/6Gを見据えた テラヘルツ波の基礎と産業応用指針』, 情報機構セミナー (2022/1/19, ハイブリッド)

  306. 関 滉太, 是澤 秀紀, 長谷 栄治, 加治佐 平, 南川 丈夫, 安井 武史, 『高速入射角走査型表面プラズモン共鳴センサーのバイオセンシング応用』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会</a>, I03-13a-IX-02, 2022/1/13 (2022/1/12-14, オンライン).
  307. Yuusuke Takashima, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi, “Numerical finite difference time domain calculation for extreme enhancement of magneto optical effect at ultraviolet wavelength using Ni subwavelength grating on SiO2/Ni structure”, Optical Review, Vol.29, No.1, 62-67 (2022).
    • 原著論文

    Yuusuke Takashima, Masanobu Haraguchi and Yoshiki Naoi, “Numerical finite difference time domain calculation for extreme enhancement of magneto optical effect at ultraviolet wavelength using Ni subwavelength grating on SiO2/Ni structure”, Optical Review, Vol.29, No.1, 62-67 (2022).

  308. 是澤 秀紀、長谷 栄治、南川 丈夫、安井 武史,『デュアルコム分光ジョーンズ行列偏光計による偏光光学特性の評価』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, E01-12a-V-02, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).
    • 国内学会

    是澤 秀紀、長谷 栄治、南川 丈夫、安井 武史,『デュアルコム分光ジョーンズ行列偏光計による偏光光学特性の評価』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, E01-12a-V-02, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).

  309. 吉井 一倫、野邑 寿仁亜、田口 佳穂、久井 裕介、洪 鋒雷、安井 武史、美濃島 薫、久世 直也、『導波路型周期分極反転ニオブ酸リチウム結晶を用いた広帯域な可視光コム発生』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, S08-12a-III-04, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).
    • 国内学会

    吉井 一倫、野邑 寿仁亜、田口 佳穂、久井 裕介、洪 鋒雷、安井 武史、美濃島 薫、久世 直也、『導波路型周期分極反転ニオブ酸リチウム結晶を用いた広帯域な可視光コム発生』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, S08-12a-III-04, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).

  310. 岡田 昇太、時実 悠、久世 直也、西本 健司、安井 武史,『マイクロ光コムを用いたテラヘルツ通信に関する基礎検討』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, G01-12a-VII-03, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).
    • 国内学会

    岡田 昇太、時実 悠、久世 直也、西本 健司、安井 武史,『マイクロ光コムを用いたテラヘルツ通信に関する基礎検討』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, G01-12a-VII-03, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).

  311. 湯元 拓実、松田 美一、松原 伸一、時実 悠、安井 武史、中嶋 善晶、『Micro-optic packageを用いた全偏波保持型モード同期ファイバレーザーの開発』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, B02-12a-II-03, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).
    • 国内学会

    湯元 拓実、松田 美一、松原 伸一、時実 悠、安井 武史、中嶋 善晶、『Micro-optic packageを用いた全偏波保持型モード同期ファイバレーザーの開発』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, B02-12a-II-03, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).

  312. 吉井 一倫、久世 直也、井上 一輝、中嶋 善晶、安井 武史、美濃島 薫、『導波路型PPLN結晶によるmW級中赤外コム発生とデュアルコム分光計への応用』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, B03-12p-II-05, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).
    • 国内学会

    吉井 一倫、久世 直也、井上 一輝、中嶋 善晶、安井 武史、美濃島 薫、『導波路型PPLN結晶によるmW級中赤外コム発生とデュアルコム分光計への応用』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, B03-12p-II-05, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).

  313. 宮村 祥吾、麻植 凌、加治佐 平、時実 悠、南川 丈夫、田上 周路、安井 武史、『デュアル屈折率センシング光コムを用いた温度補償型屈折率センシング』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, E02-12p-V-04, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).
    • 国内学会

    宮村 祥吾、麻植 凌、加治佐 平、時実 悠、南川 丈夫、田上 周路、安井 武史、『デュアル屈折率センシング光コムを用いた温度補償型屈折率センシング』, レーザー学会 学術講演会 第42回年次大会, E02-12p-V-04, 2022/1/12 (2022/1/12-14, オンライン).

  314. 【12/15開催】脇町高校にてサイエンスカフェを開催しました
    • イベント
    • 報告

    【12/15開催】脇町高校にてサイエンスカフェを開催しました

  315. 【12/13開催】城南高校にて出前授業を開催しました
    • イベント
    • 報告

    【12/13開催】城南高校にて出前授業を開催しました

  316. 谷岡弘規他、『金属ナノ粒子を用いた非アルコール性脂肪性肝炎の増強ラマンイメージング解析』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-11, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).
    • 国内学会

    谷岡弘規他、『金属ナノ粒子を用いた非アルコール性脂肪性肝炎の増強ラマンイメージング解析』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-11, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).

  317. 大谷圭史郎, 南川丈夫, 中野祥太, 梶原新平, 長谷栄治, 安井武史、『透過型光コム分光顕微鏡による生体イメージング』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-12, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).
    • 国内学会

    大谷圭史郎, 南川丈夫, 中野祥太, 梶原新平, 長谷栄治, 安井武史、『透過型光コム分光顕微鏡による生体イメージング』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-12, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).

  318. 堀広志郎, 南川丈夫, 寺尾圭貴, 獅々堀正幹, 安井武史、『ラマンスペクトルの機械学習的解析法を応用した末梢神経の選択的判別と判別根拠の解明』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-13, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).
    • 国内学会

    堀広志郎, 南川丈夫, 寺尾圭貴, 獅々堀正幹, 安井武史、『ラマンスペクトルの機械学習的解析法を応用した末梢神経の選択的判別と判別根拠の解明』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-13, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).

  319. 忠政飛太, 南川丈夫,寺尾圭貴, 堀広志郎, 安井武史、『ラマン散乱分光法と主成分分析を組み合わせた生体組織の判別及び判別根拠の特定』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-14, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).
    • 国内学会

    忠政飛太, 南川丈夫,寺尾圭貴, 堀広志郎, 安井武史、『ラマン散乱分光法と主成分分析を組み合わせた生体組織の判別及び判別根拠の特定』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-14, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).

  320. 大西湧太郎, 南川丈夫, 清水真祐子, 森本友樹, 高成広起, 長谷栄治, 谷岡弘規, 安井武史, 常山幸一、『ラマン顕微鏡を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴のラマンスペクトル解析』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-15, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).
    • 国内学会

    大西湧太郎, 南川丈夫, 清水真祐子, 森本友樹, 高成広起, 長谷栄治, 谷岡弘規, 安井武史, 常山幸一、『ラマン顕微鏡を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴のラマンスペクトル解析』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-15, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).

  321. 貞廣知輝, 時実悠, 長谷栄治, 南川丈夫, 安井 武史、『高速波長走査型デジタルホログラフィーのためのモード抽出型光コムの開発』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-16, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).
    • 国内学会

    貞廣知輝, 時実悠, 長谷栄治, 南川丈夫, 安井 武史、『高速波長走査型デジタルホログラフィーのためのモード抽出型光コムの開発』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-16, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).

  322. 岡田昇太, 西本健司, 時実悠, 久世直也, 安井武史、『単一走行キャリアフォトダイオードの光/THz変換における位相雑音特性の評価』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-17, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).
    • 国内学会

    岡田昇太, 西本健司, 時実悠, 久世直也, 安井武史、『単一走行キャリアフォトダイオードの光/THz変換における位相雑音特性の評価』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-17, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).

  323. 関滉太, 是澤秀紀, 長谷栄治, 時実悠, 加治佐平, 南川丈夫, 安井武史、『角度走査型表面プラズモン共鳴センサーの高速化』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-18, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).
    • 国内学会

    関滉太, 是澤秀紀, 長谷栄治, 時実悠, 加治佐平, 南川丈夫, 安井武史、『角度走査型表面プラズモン共鳴センサーの高速化』, LED総合フォーラム2022 in 徳島, P-18, 2022/1/8 (2022/1/8, オンライン).

  324. 安井武史, 『テラヘルツ波を用いたレーダー応用』、学振テラヘルツ波科学技術と産業開拓第182委員会・第48回研究会 (2022/1/7, 浜松)
    • 招待講演

    安井武史, 『テラヘルツ波を用いたレーダー応用』、学振テラヘルツ波科学技術と産業開拓第182委員会・第48回研究会 (2022/1/7, 浜松)

受験生の方へ 受験生の方へ